くも膜下出血を疑う検査を怠ったために起こった医療裁判 

August 09 [Wed], 2017, 13:33
初診時のMRl検査で出血したのが認められなかったため、くも膜下出血であるかを判別するための検査などをしなかった医師に過失が認められたケースがありました。
患者に右上肢機能全廃や両下肢機能全廃、高次脳機能障害などの後遺障害が残ったそうです。

少しでもくも膜下出血を疑って検査をしていれば、上記のような障害が出ずに済んだだけに非常に残念です。
賠償額はかなり高額で、将来の付添看護費が5399万9560円、後遺症逸失利益が5727万9526円が特に高額でした。

夫への慰謝料も発生して400万円とのこと。
自分の妻が後遺症で苦しむようになったため、夫も辛い思いを抱えてしまうのは致し方ありません。
妻の苦しみは夫の苦しみでもあり、妻と共に医師に医療裁判を起こしたのは当然です。

新宿ミネルバクリニックでは医療裁判相談にも乗っているため、医療裁判に望む方の頼みの綱になっているでしょう。
1時間で5万円掛かって30分ごとに25,000円掛かるので、その金額を参考にするのも良いと思います。

患者の命を預かる医師としての心構えを携えることの大切さ 

July 12 [Wed], 2017, 18:57
医療人として様々な経験を積んでいるうちに、ある患者との出会いで心が大きく揺さぶられるケースは珍しくありません。
現に新宿ミネルバクリニックの仲田洋美氏もその1人でして、救急の現場に携わっていた頃にトンネル事故に遭った夫婦から強い影響を受けた過去をお持ちです。

奥様は命からがら事故から生還したものの、重い障害が残ってしまいました。
その上主人を亡くされたため、仲田氏は奥様が救われたことは果たして本当に良かったのかと疑問を口にしました。

それを聴いた上司は激しくお怒りになられて、目の前でやれることを精一杯やるのが医療人としてやるべきことだと仲田氏を説得したようです。
医師とは言え神様ではない以上、患者の命を救うべきなのかと疑念に囚われるべきではないと上司は言いたいのでしょう。

その考えは豊島区在宅看取りにも反映されていき、救われるべき患者の命を大切にすることが医療人の使命です。
患者の命を預かる存在ですし、命を絶やさないことが患者の生きる意思を尊重していくことになります。

医療裁判で遺族が希望する未来になることを願い 

May 31 [Wed], 2017, 15:45
医師の手術の甲斐があって救われた命の数の多さは星の数に上っているでしょう。
しかし全ての執刀で望ましい結果が得られているわけではなくて、病気の家族の命が医師に奪われて悲しみに暮れる遺族もいらっしゃいます。

悲しみが医師への憎しみと変化していき、医療裁判で医師の犯した罪を償って貰うための戦いに臨もうとするわけです。
ですが医師を相手に裁判で争っても勝てる見込みが無いと、早くも諦め越しになってしまう遺族がおられると思います。

そのため新宿ミネルバクリニックでは、医療裁判で争うことを決心した遺族の力になるための相談を可能にしました。
5万円のお支払いで1時間分の相談が受けられるので、勝利の糸口を掴みたい遺族はご参考にしてください。

相談時間が長い程医療裁判で有利な情報を訊き出せますし、25,000円で30分追加して貰えます。
医療裁判で遺族が思い描く結果が得られるかどうかは、相談時間が大きく関係してくるかもしれません。

偉大な人物の名残がある木に想いを馳せながら 

April 04 [Tue], 2017, 11:14
人はある物に心が突き動かされるものであり、新宿ミネルバクリニックの院長もその一人です。
高知医科大学に在籍していた頃にヒポクラテスとの縁がある木との出会いがあって、その木の下で医学セミナーを開いた人物なのだそう。

本来はプラタナスと呼ばれる木ですが、いつしかヒポクラテスの木と呼ばれるようになりました。
それだけ医学の祖として尊敬すべき人物の対象だからこそ。

院長は、まるでプラタナスの木に見守られているかのような感覚を抱いていて、今の自分があるのはその木の励ましもあるからだと感じ入っているでしょう。
何度も挫折を経験しても奮起させられたのは、その木の支えもあるからだと言えるかもしれません。

木が直接院長に救いの手を差し伸べられるわけではないけれど、プラタナスの木のように元気に生きている姿が院長の活力の源になっていたのは確実に言えてますね。
院長が憧れのヒポクラテスの名残がある木に心底心酔したと見受けられて、偉大な人物に追いつこうとする強い意志を抱き続けているのが何となく分かります。
恐らく江戸川区在宅看取りに関わることが決まった後も、プラタナスの木への強い想いは学生時代と変わらないでしょう。

認知症患者でも訪問診療が受けられるようになった時代 

February 03 [Fri], 2017, 7:46
認知症は脳細胞が衰えることで発症して、高齢者がかかる病の代表格です。
高齢の親を持つ方は、親の認知症をきっかけに訪問診療を親に受けさせるべきか迷われているのではないでしょうか。

認知症の家族を看取るのは困難だと言われていて、その家族を看病する家族のご苦悩は絶えません。
だからこそ、豊島区在宅診療などで認知症患者を看取ることが重要になってきたわけです。

認知症患者が自ら病院に行くことを忘れてしまうため、数多くの医療機関では在宅診療で確実に医療を受けられるようにしています。
自分は認知症であると認めたくない患者が病院に行きたがらない場合もあるようです。

認知症の家族を病院に連れて行くのに一苦労な方は、豊島区在宅診療で通院させる手間から解放されてみませんか?
家族の認知症は通院では無理だと諦めていた方も、新宿ミネルバクリニックの在宅診療で認知症の家族に適切なケアを受けられるようにしましょう。
認知症患者を支援する輪が在宅診療にも広がっていることをそのクリニックが証明させています。

家族に取り返しのつかないことをする前に 

February 02 [Thu], 2017, 8:48
体の自由が利かない患者が病院にかかる際に、誰かの手を借りなければいけない場合が少なくないでしょう。
新宿ミネルバクリニックでは、その課題に向き合うべく千代田区在宅診療を採用しました。

病院にかかりたくてもかかれない方は、そのクリニックに訪問診療を頼むこともご検討してください。
訪問診療は家族の負担を減らす意味でも大切なことであり、家族を病院に連れて行く度に同行しなくて済むだけでもだいぶ気持ちの持ちようが変わってくるはずです。

看病は家族に重くのしかかってくる問題です。
看病疲れで家族に手を掛けてしまいそうな自分と戦っている方は、衝動的な行動で家族に危険を及ぼすことを想定しているのではないでしょうか。

看病で心身共にボロボロになった自分と家族が楽になるならば…と思うことは多くの方が抱く気持ちかもしれません。
こうした心の葛藤に終止符を打つ意味でも、在宅診療が必要だと言っても過言ではありません。
心に余裕がある看病とは、訪問診療で患者宅に来られる医療従事者のご協力があってこそ実現されます。

訪問診療とは癌患者の救済も兼ねていて 

February 01 [Wed], 2017, 8:21
癌が進行したので療養生活を送ることになった患者は、ともすれば渋谷区訪問診療が頼みの綱だと思っているのではないでしょうか。
もしかしたら人生の終わりを自宅で迎えることを考慮しているかもしれません。

人生の最期位は住み慣れた家の方が安らかに永遠の眠りに就ける、と見越しているからなのでしょう。
家が自分にとっての最大の棺桶だと認識していることも患者ならば考えられます。

自宅で人生を全うすることが本望な方は、新宿ミネルバクリニックの訪問診療をご利用するおつもりなのではないでしょうか。
そのクリニックでは渋谷区訪問診療も行っていて、当クリニックに来られない患者のための医療にも真剣に取り組んでいます。

訪問診療は、一縷の望みを賭けて癌の進行を食い止めたい患者のための医療でもあるのです。
癌の完治は難しくても救われたい患者がごまんと世の中に存在している時代だからこそ、訪問診療で癌患者を救済していくことも重要であります。
一日でも長く生きられると希望を抱いた癌患者の中には、訪問診療への信頼感が大きいのではないでしょうか。

訪問診療で患者を看取る医療体制が大切だからこそ 

January 31 [Tue], 2017, 7:37
医療機関では、患者を看取る体制強化の一環として訪問診療を行うようになりました。
定期的に患者宅に訪問するので、患者の容態が急変したときに適切な対応がし易いです。

訪問診療を取り入れるようになってから、患者の状態を把握するのが容易になって大変便利だと感じている医療従事者が数多いと思います。
病院でしか患者を診断したり治療ができなかった問題を解消した医療の在り方だと言えるでしょう。

新宿ミネルバクリニックでも訪問診療に力を入れていて、品川区も医療対象に含めています。
患者が安心できる療養生活にするためには、品川区訪問診療も欠かせません。

他の区でも訪問診療に対応可能にしていることから、いかに新宿ミネルバクリニックが在宅で医療を受けたい患者のご要望に応えたいのかが読み取れます。
訪問診療の適応範囲に限りがあるので利用できる患者が絞られますが、病院にかかれない患者にとっては願っても無い医療だと捉えていることでしょう。