お勧めポイント@(支持される理由) 

September 18 [Thu], 2014, 21:12


エーハイムクラシックフィルター2213はシンプルで
しっかりとした構造からアクアリストから絶大な支持を得ている
外部式フィルターの定番機種です。




なぜ、これだけの支持を得ているのか?




それは

@トラブルが少ないこと

A交換部品が長期間供給されていること

B円形なので密閉性が良いこと

C無理のない水の流れになること

D音が静かなこと




ざっと挙げただけでこれだけのメリットがあります。




フィルターの本質は『故障せずに動く』ことです。
パワーボックスを始め他社製品はメンテナンス重視になっています。




メンテナンスのし易さも重要ですが、
耐久性などが犠牲になることを考えた場合、あまり必要性はありません。




そして、他社製品は過去の製品の交換パーツが手に入り難いです。
廃盤になったら?パーツが取り寄せになったら?




その間、あなたはどうしますか?




維持管理を考えたら僕は、断然エーハイムをお勧めします!





 ⇒エーハイム クラシックフィルターの購入はコチラ

お勧めポイントA(信頼性) 

September 17 [Wed], 2014, 21:55
ドイツ VS 中国




エーハイムはご存知の通りドイツ製です。
方やパワーボックス等の他社製品のほとんどは中国製。




ドイツと言えば、アウディやベンツ、BMWなどが有名ですよね。
どの車も信頼性は非常に高いです。




エーハイムに関しても信頼性はバツグンです!




しかも、アフターパーツも豊富で
特別高価と言うわけでもありません。




外国ブランドでこれだけサポート体制が整っている
製品はアクア業界を見てもそうそうあるもではありません。




値段で決めるか、信頼性で決めるか。




あなたの決断はどっち?





⇒信頼性のエーハイム クラシックフィルターはコチラ

お勧めポイントB(ろ過能力向上) 

September 16 [Tue], 2014, 21:10
セット水槽に付属しているフィルターはほとんどが上部フィルターです。




上部フィルターを使い続けていると必ず壁にぶち当たります。

それは『ろ過能力』です。




外部フィルターは生物ろ過を目的としたものが多く
上部フィルターは物理ろ過を目的としています。




すなわち、ろ過バクテリアの繁殖に効果的なのが、
外部フィルターになるわけです。




エーハイムクラシックフィルター2213にはろ材は3ℓ入ります!
バンバンにバクテリアが繁殖してくれます。




バクテリアが繁殖する=水質が安定することです。
水質が安定すれば管理も非常に楽になりますよ。




透明な水に憧れるのであれば、

エーハイムクラシックフィルターが最適です!





⇒エーハイム クラシックフィルターの購入はコチラ
P R