口蹄疫「知事と大臣、腹を切れ」で市議ブログ炎上(読売新聞)

May 26 [Wed], 2010, 23:16
 宮崎県の口蹄疫問題で、三重県四日市市の諸岡覚市議(39)(民主)がインターネット上のブログに、宮崎県や政府の対応を批判して「県知事と農水大臣は腹を切って死ぬべきである」などと記述。批判を受けて記事を削除し、謝罪していたことが22日、わかった。

 諸岡市議によると、20日午後9時42分、自身のブログで、「第1号の感染牛を見逃して1か月近くも放置した県は、万死に値する」などと書いた。しかし、これに対する批判のメールや書き込みが相次いだため、約1時間半後に削除した。さらに、翌日21日には「不見識で不謹慎な発言だった」との謝罪文を掲載したが、批判メールなどは1000件を超えたという。

 諸岡市議は本紙に対し、「『腹を切って』というのは、今年3月から始めたブログの決めゼリフとして使っていた」と説明。「私自身も畜産農家の出身で、畜産農家はやっていられないという思いを伝えたかった」と弁明した。

 諸岡市議は日大農獣医学部卒で衆院議員秘書などを経て、2004年の市議補選で初当選し、2期目。

母親を起訴猶予処分=同居男が男児暴行―津地検(時事通信)
バカラ賭博店に部屋提供 元外交官を逮捕(産経新聞)
カビ・クモで会場変更の仏像展、国宝お目見え(読売新聞)
<傷害容疑>女装して銭湯、見つかり暴力 防衛省の技官逮捕(毎日新聞)
<放送法改正>自公が修正案(毎日新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/g7wsjqeg/archive/16
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。