杭打ち方式「業者が潤うだけ」…亀井金融相(読売新聞)

May 14 [Fri], 2010, 17:39
 平野官房長官は7日午前の閣僚懇談会で、沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題について、「『5月末決着』に向け、関係閣僚を含めて最終調整している。閣内一致協力して対応したい」と協力を求めた。

 これに対し、社民党党首の福島消費者相は「県内移設という話ももっと努力してほしい」と述べ、沖縄県内への移設には反対する考えを表明した。

 一方、国民新党代表の亀井金融相は閣議後の記者会見で、政府が検討している、沖縄県名護市の米軍キャンプ・シュワブの海上部分に杭(くい)打ち桟橋方式で滑走路を建設する案に対し、「マリコン(大手海洋土木建設業者)と鉄鋼業者が潤うだけで、沖縄県民に受け入れられることは難しい」として反対を表明した。

参院選「情勢厳しい」=小沢、亀井両氏が会談(時事通信)
ホームと電車の間に男性はさまれる(産経新聞)
<火災>日本獣医生命科学大の一部焼く 漏電の可能性(毎日新聞)
元ミスワールド日本代表が“応援団長”に  山陰海岸の世界ジオパークネット加盟目指す(産経新聞)
湯浅氏、再び内閣府参与に(時事通信)
  • URL:http://yaplog.jp/g7wsjqeg/archive/14
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。