うんとね

October 24 [Thu], 2013, 9:47
時の教訓として橋がだんだんだんだんは強くなったわけですよ、だから逆のことを言うと災害があった殺す災害があったことにより、今の私たちの生活は成り立っているというか守られているわけですよねは何でもそうですけども、74年たてば川俣草や雨がたくさん来てからが氾濫して橋が流されたら中には、橋が流された穴がたくさんでも橋が流されるような顔になる新市場、普通の人間なら考えますわねつまりそれは災害があったことによってそれが記憶になっているわけですよそれでだんだんだんだん丈夫な和紙というか命の危険にならないような命を守ってくれる足取りのものがつくられるわけですよねっとることはこれが逆に考えると災害がなかったらには災害が少なかったらそういうことを考えない考える必要がないわけですなたまめ柿渋歯磨き
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ちき
読者になる
2013年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/g770977/index1_0.rdf