利益が出る仕組み 

March 04 [Mon], 2013, 15:48
焼き鳥1雑誌99円、ロースかつ単商品280円ですね。品の質をキープしながら、そのプライスで販売している為にはどうしているか、どういったシステムを構築しているかと言う視点がたいせつですね。多店舗展開の良いところを徹底して追求し、仲卸を極力廃した仕入れルートの確保等によって、仕入れ値は当初の半値まで抑制しられるようになった。
打ち上げに適した飲み屋って?

 仕入れ以外にも、調理、オペレーション等のシステムを練り上げ、「坂井精肉店」ではとんかつを1度低い温度で揚げてホールデイングし、オーダーを受けたら高い温度で揚げて仕上げる「2度揚げ」を採用。この結末、熱々の美味しいとんかつを3分以内に提供しているというようなことに成功しました。

 たいせつなのは、利益の確保がはじめにあり、この表現の為に商材やオペレーションを決めていく旧来の方法ではなく、まず高商品質感の品と戦略的なプライスを決め、企業側の努力で利益が出る仕組みを見つけるしていくというようなことですね。其れでこそ、顧お客の納得を引き出せる店が表現しているのだと思う。

――中食から市場所を奪還しているというようなことも、視野に入れていますのと言えますね。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:g6nx253a
読者になる
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる