笑いながら言う

October 01 [Tue], 2013, 22:13
「僕にはよくわかりませんが、体が勝手に動いてしまうのです」

「祈祷の後の心身の状態はいかがですか?」

「とてもすっきりしています。最高の気分ですね」

誰に聞いても、
似たり寄ったりの答えが戻ってくる。
そのうちお開きとなり、会員たちは帰っていった。
教団の職員たちが片づけをしている最中、
若い女性が年配女性に連れられて玄関口に飛び込んできた
なんでも急性の霊障で苦しんでいるという。
佐々木会長は、笑いながら言う。

「さあ、これから酔っぱらいのお祓いが始まります。
じっくり見ていてくださいね」
道場には敷き布団の上に若い女性が横たわっている。
体をくの字型に折り曲げてときおり奇声を発し、
手で宙をつかむような仕草をする。
そのうえぜーぜーと苦しそうな息づかいを立てている。
会長が祈祷を始めると、女性はますます苦しがり、
布団の上でのたうち回った。

そのうち猛獣のような声を上げだし、
ついに立ち上がって、
着ている衣服を全部脱ぎ捨てると、洗面所に向かって駆けていった
会長は神棚の前で祈祷を続けている。
やがて女性は戻ってきて布団の上に座ると、
そのまま横になって、
眠ってしまった。
女性職員が毛布を持ってきて、裸の体を被う。
会長は台所に戻ると説明する。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:g52ybeff
読者になる
2013年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/g52ybeff/index1_0.rdf