印材をこだわると、だんだん高価になります

November 04 [Wed], 2015, 17:03
印鑑にする材料は水晶や黒水牛の角、近年はチタンも、欠けにくく高級感あるものが人気があります。


中には、実印と銀行印を同じ印材なのですがサイズと刻む文字を実印は氏名で、銀行印は苗字のみで彫り、合わせて割安価格になった商品もあります。


実印は意味のある印鑑である事を心に刻み、押印する事を軽く考えないように、それにあった値段の印鑑を選び、自然と意識するような存在が良いと思います。


実印を買うときは、ショッピングセンターの印鑑屋でも購入できますし、近頃はネット通販でも購入できる時代です。


若い頃、きちんと実印を作ったと言う人はあまりいないと思います。


どのタイミングで創るのかは人それぞれですし、何も思わず家にあった印鑑を間に合せで実印登録する方もわりといてるのではないかと思います。


値段の幅がある実印ですが、印鑑の材料や彫り方などで大きく差が出ます。


手彫りしてもらったら、下は1万円くらいから、10万円を超えるものなどもあります。


銀行印とのセットで数万円程度が標準的な値段だと言えます。


実印が欲しいとネットで注文しようとした時に、銀行印持ともに創ると安くなるということでした。


使っていた銀行印は間に合わせの簡易なハンコを使っていて、心のどこかでどうかと気にはなっていたので、良い機会だと思い合わせて創ることにしました。


印鑑を新しく創るのだから、普通に置いてあるようなタテ彫りにはしないで、ヨコ彫りにしてみました。


また、書体も選べるので吉相体にしてみました。


アタリはなしにしてみました。


持ちやすいし、少し大きめの12mmにしました。


結婚の話が決まった頃、下の名前で彫った印鑑をプレゼントしてくれました。


象牙が使われており、多分高価なのではないかと思います。


銀行印として使用していますが、その度に元気だった母の姿を感謝しながら思い出します。


子をもつ親となってから、名前は親からの最初の贈り物なんだなアト感じるようになり、さらにその思い出ある印鑑が大切に考えるようになりました。


愛娘が大人になる頃、母がしてくれたように私も印鑑をプレゼントするつもりです。


親戚の就職祝いに実印を贈ることにしました。


ネットを使って実印値段や印鑑の素材の種類を調べてみました。


印鑑といっても何回か選ぶ作業があります。


まず選ぶのは材質で、象牙やチタン、黒水牛など、書体の種類も、篆書体や隷書体などがありました。


材質の違いについてどの書体が良いかなど納得のいく実印を購入できました。


店舗によって印鑑の値段が変わるだけでなくセットものを取り扱っていたり、職人さんの手彫りか機械彫りにするかを選べたりと確認すべ聴ことがたくさんありました。


当たり前ですが職人さんの手彫りは値段が上がってしまいます。


最高級と知られている象牙を使い手彫りにしたらすごくな値段にななってしまいます。


私としては耐久性も高い黒水牛あたりが手入れも楽でお値段も無理なく購入できると思います。


長い間使っていたはんこのふちがかけてしまったので、購入し新しくしました。


かけた印鑑を使っているとお金が逃げていくという話がある沿うです。


せっかくなので苗字ではなく名前を使って創りました。


名前の漢字が個人的に好きだからです。


銀行印など、変更するのに面倒なこともありましたが、まとめて通帳などを整理し、使用していない口座などを解約して、すっきりと整理ができました。


ともに、使っていなかったクレジットカードも処分したので、新しい印鑑を作ったおかげで大切な通帳や書類の整理ができるきっかけになりました。


今のハンコというものは100円程度でも手に入れる事が出来ます。


とりあえずで良ければ、その程度の印鑑でも使えると自分自身は思っています。


しかし、残念ながら私の名字はポピュラーではないようで、100円店みないな所では手に入りません。


そのことだけでなく、近所の印鑑屋さんにもなかったので、手に入れるには注文するしかないのです。


近年は、通販で印鑑が注文できるので助かります。


息子が去年生まれました!それで、ずっと使っていける実印をあげたいと捜しています。


一生使うものなので、丈夫で良い品質のもの。


しかし、沿ういう印鑑は高価なんです。


でも何十年も使って欲しいので、少しいいものを買ってあげたい。


そしてその実印を使って、通帳を作ってあげて少しづつでもいいので貯金して行って、成人を迎えるときに渡してやりたいのです。


総合すると象牙がよさ沿うです大きさは、苗字と名前が入る実印は大きい。


印材をこだわると、だんだん高価になりますね。


自分の実印を購入したいと検討してる人は新生活の準備の時期に特に増加してきます。


実印の値段については、実にピンからキリまでです。


安いものを探せば1000円以下で買うことができるし、高いものは10万円以上というものも存在します。


重要な時に使用するものであることから想定内の価格はわかって購入している人が多数です。


詳しくはコチラ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:しゅんじg4wlpzt2
読者になる
2015年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/g4wlpzt2/index1_0.rdf