現在の勤務先よりも収入そのものや職場の処遇がよい企業が見つかったとして…。

June 30 [Tue], 2015, 12:11

「偽りなく本心を話せば、転職を決定した原因は収入のためです。」こんな場合もあったのです。ある会社(外資系IT企業)のセールスを仕事にしていた30代男性社員の事例です。

就職面接において、全然緊張しないということができるようになるためには、十分すぎる練習が必須なのです。だけど、そういった面接などの場数を十分に踏んでいないときには多くの場合は緊張してしまうものである。

第二新卒という最近よく聞くことばは、「学校を卒業して就職したけれどすぐに(3年以内)離職した若年者(一般的には25歳程度まで)」を指す名称なのです。今日この頃は早期に離職してしまう若年者が増えている状況から、このような新しい言葉が誕生したのだと聞いています。

内々定とは、新卒者に係る選考等の企業の作った倫理憲章に、正式な内定を連絡するのは、10月1日以降にしようという取り決めがあるので、とりあえず内々定という形式をとっているものである。

希望の職種やゴールの姿を夢見た商売替えもありますが、勤め先の企業の不都合や生活状況などの外的なきっかけによって、仕事を変えなければならない場合もあるでしょう。


最近の仕事の同業の人で「家族の口添えでシステムエンジニアを退職して、この業界に転職してきたのだ。」と言っている人がいて、その男に言わせればシステムエンジニアの業界のほうが百倍くらいは楽であるそうだ。

現時点では、希望する会社ではないと言われるかもしれませんが、現時点で募集中の別の会社と比べてみて、ちょっとだけでも価値のある点は、どんな点なのかを追及してみて下さい。

通常、会社とは雇っている人間に対して、どれほど好ましい条件で労働してくれるのかと、最も早く会社の直接的な利益に影響を及ぼす力を、活用してくれるのかだけを期待しているのです。

次から次に就職試験に挑戦していると、惜しくも採用されない場合が出てくると、活動を始めた頃のやる気が日を追って無くなってしまうということは、どんなに順調な人でも特別なことではありません。

転職を計画するときには、「今の仕事なんかより更に賃金や待遇の良い会社がどこかにある」そんな具合に、例外なく全員が思うことがあるに違いない。


もしも実務経験を十分に積んでいる人なら、いわゆる人材紹介会社でも非常に利用価値はあるのです。なぜなら新卒者ではなく、人材紹介会社などを使って人材を募集する場合は、まずまちがいなく即戦力を採用したいのです。

現在の勤務先よりも収入そのものや職場の処遇がよい企業が見つかったとして、我が身も別の場所に転職したいと要望するのであれば、すっぱり決めることも大事でしょう。

売り言葉に買い言葉を発して、「こんなところ二度と来るか!」みたいな感じで、短絡的に退職してしまうような人がいるでしょうが、これほど世間が不景気のなかで、勢いだけで退職することは馬鹿がすることです。

一般的に見て最終面接の次元で口頭試問されるのは、その前の段階の面接の場合に問いかけられたことと似たようなことになってしまいますが、「志望理由」がとりあえず多いとされています。

「私が今に至るまで成長させてきた腕前や特殊性を有効利用して、この職業に就きたい」という風に今までの自分と繋げて、やっとそういった相手にも現実味をもって受け入れられるのです。




  • URL:http://yaplog.jp/g4s49et/archive/3
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/g4s49et/index1_0.rdf