えんなだけど板倉

February 14 [Sun], 2016, 21:06
日本のみならず、海外で支援が必要な方々に、看護師として役に立ちたいと考えている看護師の方もいると思います。海外でも看護師の需要は大きくなる一方で、困難を抱える人を救うことの出来る看護師という人材が要求されています。当然ですが、海外では意思疎通をはかるためにも、英会話ができる事が絶対条件になるでしょう。もし、海外で看護師として活躍しようと思うのならば、英語を身に付ける事を優先しましょう。私が看護師になった理由はまだ中学生の頃に、職業体験というものがあったのですが、体験先の介護施設の看護師の方に感動したのがきっかけです。将来は、あんな仕事をしたいというように思い続けて看護学校に入学することを決め、今は看護師として働いています。辛くなってしまうようなことだってあるのですが、それなりに充実していると思います。少し長く看護師をしてきておりますが、気がついたことと言えば、看護師は喫煙者である割合がとても高く、また、飲酒の習慣を持つ人も多いようです。喫煙者が肩身の狭い思いをするような世の中になってきて、看護師としても喫煙を嫌う傾向が見え、吸う人は減りつつあります。しかし、やはり、他職業と比べたら、相変わらず喫煙率は高いです。アルコールの方ですが、たまに行われる飲み会などでの皆さんの酔っぱらい方はまあ、お察しの通りです。ちなみに酒豪が多いです。こうなってしまうのも、いろいろとギリギリまで溜め込んでのことでしょうから、少しでも発散できるのなら、多少目をつぶった方が良さそう、と思いました。かつての看護師はほとんどが女性の職業でした。しかし最近の傾向は、看護師の名称が一般的に使われている事からも分かるように、男性が働くことも多くなってきました。現場で求められる看護師の能力を考えた場合、看護師に関する変化は、時代の流れとして自然なものだと言えます。母性を感じるような優しさはもちろんですが、それ以上に仕事の基礎になる体力の多さや冷静な判断力、瞬発力といった能力も看護師にとって大事なポイントになっています。やり甲斐という観点から見てみますと、看護師の右に出る仕事はそうそう無いのかもしれません。でも、その一方で困難もまた様々なのです。なかなかきつい仕事であることは確かですし、勤務時間の問題もあります。24時間対応が求められる故の交代制で、不規則であることも多く、なにしろ医療に関わる訳ですから、その緊張感も半端なものではないでしょうし、そうした中では意見の相違や行き違いから、人間関係が難しくなることもあるはずです。ハードさを充分納得しつつ、看護師のお仕事を目指そうとする人が大勢いるというのは、良くない点を打ち消せる程にメリットも多いと考えられるのではないでしょうか。看護師は好んで煙草を吸う人が少ない気がしますが、その印象は間違っておらず、看護師の喫煙率は平均を下回っているそうです。医療施設で病気の患者と接触のある職業ですから、煙草の臭いを漂わせまいと自主的に禁煙している人が少なくない様子が理解できると思います。医療施設で看護師として勤務している人の中には勤務する時間が不規則な上に厳しい労働環境であることなどが影響して違う仕事に転職しようとする方も多数いると聞きますが、看護師の資格を持っているということは意外とそれ以外の職場にとっても有益であるケースが多いのです。例として、病人への対応や体の仕組みに関する知識があり、人の体を扱うことにも慣れているので、たとえ未経験でも、保育関係やリラクゼーションサロンなどへ転職する場合は採用されやすいのではないでしょうか。初めての病院で新人の看護師として働こうとする時に、配属先がどこになるか、というのはどうしても気になるものですが、100パーセント希望通りにしてくれることもありますが、そこで人事を引き受ける人の見解により、左右される場合もあるかもしれません。病院側としては、その人について知り得た情報から、その場所が最適であると判断して、そこに配属になる事が多いのです。ただし、配属されて、どうしても違和感や不満などが治まらない時は、指導に当たる人や上司にそれを伝え、配属理由について聞いてみてもいいでしょう。給料の面で見ると、看護師は待遇がいいと思われがちですが、内実は夜勤手当があることによって給与が増えているという状態です。あなたがもしも、ナースとして働いて、給料は良い方がいい、というのであれば日勤しかない職場に勤務するよりも夜勤がある勤務先を選択してください。夜勤の有無によって給料の額は違ってきます。看護師として患者から信頼してもらうためにも、看護師は服装や髪形など、外見を整えておくことが重要です。女性のケースでは、派手なお化粧は控えて、誰にでも好印象になるナチュラルメイクを施すのがおススメです。ノーメイクという訳でもありませんから、雰囲気が変わりますよ。将来、看護師として働くための教育を受けられる機関として皆さんご存知のように、学べる場所として、看護専門学校と看護大学という二種類があるのです。そこで学ぶことの中身自体はあまり変わりはないのですが、大学に進むことの利点としては、キャリアアップがよりしやすいこと、専門学校を卒業した場合と比べるとやや給料が良くなります。それに対して、専門学校の利点は何でしょうか。それは、学費が大学に比べて安いということと実習に多くの時間を割き、実際働くことになった時、即戦力として力になれることでしょう。健康上の問題を抱えやすい高齢者人口が増加するに伴い、近年においては一段と医療的な処置を必要とする人々が増えてます。なので、病院で勤務する看護師についても現場では切実に求められているのに、現実にはどこでも常に人手不足を訴えているような状況です。しかしながら、業界で人材が不足しているのなら、そんな状況を打開しようと、求人募集が増えますので、転職を希望している看護師にとっては、転職先を見つけやすい等の良い面もあるのです。看護婦はハードな仕事と言われていますが、もはや看護師なしの病院などあり得ませんし、これほどやりがいを感じられる仕事も少ないでしょう。病院は24時間休みなく動いていますから、看護師も24時間、病院に滞在することになります。そこで、業務は日勤と夜勤という形に交代制を採っています。夜勤業務があるので、生活リズムを上手にコントロールできなければうまく睡眠がとれなくて疲労が溜まることになります。病院での勤務は、おおまかに病棟勤務と外来勤務に分かれますが、外来勤務は基本的に日勤だけとなります。子育て中の人には、子供を昼日中だけ預けられればいいので働きやすいでしょう。それから病棟勤務と違って、外来勤務では、夜勤がないのはもとより、大体は土日祝日が休めるという点が嬉しいところです。忙しいかどうかは、病院や、診療科によっても違ってきますが、人気の医師のところなどでは、多くの患者で待合室がいっぱいになり、てんてこ舞いになりますし、待ち時間の長さのあまり、クレームを入れる患者もいます。勤務を続けていく上で、どういったスキルがあれば良いかは病院や、診療科によっても違います。看護師という職業は収入が安定しているというイメージを持たれやすいので「ローンを組みたい」という時でも往々にして、簡単に審査に通りがちです。とは言え、非常勤で勤務している看護師の方など、不安定な雇用状態の場合にはそう簡単にはいかないかもしれません。ローンを組むことが容易なのは非常勤でなく、正職員として働いているような看護師の場合には当てはまることなのですが、非正規雇用の看護師についてはローンを組むことが困難なことがあります。一般的に人気が高いと思われる看護師ですが、未婚率が高い理由はどこにあるのでしょうか。実際に、看護師が結婚した年齢を調査してみると両極端だという事が言えますね。晩婚になる理由を挙げるとすれば、仕事の忙しさに追われて異性と出会うチャンスが無かったり、職場での地位向上やキャリアアップを第一に考える事で結果的に晩婚化しているといったことが主な理由のようです。大変な激務と世間一般に認識されている看護師というお仕事の、その中身を少し見てみます。病棟勤務に従事していると、重症の患者さんを担当することもあり、この人たちはいつ何時、急変してもおかしくありませんので緊張感で大変です。それから、必要な人には、身の回りの世話や手伝いといったことも看護師が行います。また、かなりひんぱんに緊急の手術予定が入ることもあり、働いている人員が昼と比べてだいぶ少ない夜勤時間の間にナースコールの数が多く、対応にかかりきりになってしまったり等、気の休まる時間はないくらい次々と仕事が飛び込んできたりもします。一般的に、看護師の休みは、職場によって異なっていますから、一概には言えません。中でも3交代勤務の職場においては、シフトを組んで働きますので、休日出勤や平日休みも当たり前にあります。大変そうに思われるかもしれませんが、逆に言うとご自身のスケジュールに合わせてシフトを組むことも可能ですので、人によっては都合の良い働き方と言えるのではないでしょうか。職場において、仕事のできる看護師を目指すには、それは看護師としてのキャリアを積んでいくしかありません。事に当たって、全てに対応できる手引書が用意されているといった単純な業務とは言えませんから、たゆまぬ努力と、研鑽を重ねていくしかないのです。人によっては、看護師としてのレベルをもっと上げたい、として働く場所を変えようとするケースもあるようです。最先端により近い、高度な医療行為を行なう病院で技術を吸収したいと希望する、ポジティブな考え方の転職ですね。もし看護師として働きつつ自分の妊娠に気づいたら、注意すべきことがいくつかあり、まずは絶対に放射線を直に浴びることのないようにする、というものです。エックス線撮影でも放射線治療でも、手順に従っていれば看護師が被爆する危険など、通常ほとんどあり得ないのですが、油断は禁物です。それからまた、薬の取り扱いについても調整や投与など、薬の曝露に遭いかねない機会は意外と多いので、その危険については、充分に心がけておくべきではないでしょうか。勤務中のほとんどの時間を、立ち仕事で過ごしたり、夜勤があったりとハードなせいもあって、予期せぬ妊娠の中断もよくあります。それを踏まえ、妊娠期間中だけでも、きちんと休憩を取って無理をしない勤務を徹底してください。病院では普通、看護師が注射や採血を行います。注射されるのが好き、なんていうタイプは稀でしょうが、注射されるなら上手な看護師に注射してもらいたいですよね。でも、注射針を刺すのは看護師の腕次第ですから、注射が得意な人と不得意な人がいますから、場合によっては下手な看護師に処置されることもあるでしょう。こればかりは個人でどうにかできる事ではないので、諦めて気持ちを切り替えた方が良いでしょう。一般的に、同じ病院で長く勤めて実績を積んでいくと階級も上がっていきます。階級として、婦長などは一般的にも分かりやすい役職だと思います。しかし、これ以外にも、階級ごとに主任や総看護師長といった役職があります。いまは、学生やパートの看護師が多くなっていますので、正看護師も上の役職であることは理解できると思います。一般的に役職に就いた人は、給与の面でも優遇されるようになります。もし、看護師が外科を勤務先として選択した場合のプラス面とマイナス面について知っておいた方が無難です。まず第一に、術前の患者や術後の患者の看護を実践することで、看護師の成長に役立ちます。残念なことは、一人の患者を担当出来る期間が術前術後に限られることが多いこともあり、時間をかけて確実に患者との関係を構築していくということが難しい点があります。殆どの病院において、看護師が十分に足りていないことは大きな問題です。理由としては、厳しい労働環境にあると言えるでしょう。最近、医師が行っていた一部の医療行為を看護師が担当できるようになったことで仕事が増加する一方になり、労働時間も長くなりますから、休みも簡単には取れません。交代制の勤務が大半なため、出産後に夜勤で働くことができずに、退職する人もいます。看護師さんとお医者さん。大きく異なっている点があります。はっきりした違いは、医師は患者さんの診察と治療、予防のためのアドバイス、薬剤の処方を行うことが主な仕事です。他方、看護師の場合は、医師の指導の下、診療時に医師の補助を行って、医療面はもちろん、精神面でも患者さんをサポートしていく仕事です。日々、看護師の激務に追われて働き続けていくと、数えきれないほど大変なこともあるでしょう。そうなるとついつい、楽のできる病棟はどこかと考え始めるようなことがあっても、不思議ではありません。一概には言えないものの、割合に楽できるかもしれない診療科としては、残業や夜勤がないということから、皮膚科、眼科、精神科、整形外科などが挙げられます。しかしながら、医療機関の種類や、重症度の高い患者さんの有無などの要因によっては、仕事の内容は全く変わってきます。職場を移りたい、と考える看護師は意外なほど多いようです。働く看護師が不足している病院などいくらでもあって、結果として、求人が大変多いわけです。勤務している今の職場でどう考えても給料が労働に見合わなかったり、身体が辛いのにどうしても休めない、など、人により、転職しようと思うようになった理由はいろいろあります。今いる職場よりも良い環境と好待遇を期待して転職をしようとするなら、できれば給料とか労働条件だけではなくて、どういった評判があるか、ということも知っておきたいですね。よく看護師として働くことは大変ハードだと認識され、勤務するのが、労働基準法で言われている「8時間」でおさまることは夜勤のない個人医院やクリニックの場合に限られると思います。例として、二交代制の病院勤務のケースだと、一日通してではなく途中に休憩をとりますが、合計勤務時間が16時間になることも。労働時間が長いということも世間的に、看護師として働くことが過酷であると考えられる理由だと言えるでしょう。転職活動を行う時には、ご多分に漏れず看護師の場合も履歴書が必須となりますが、一つ注意しておかなければならないことがあるのです。何に気を付けるべきかと言いますと、特に履歴書の中の志望動機をどのように記入するかです。雇用条件であったり、労働環境であったりが良かったのが志望のきっかけだとは言わずに、技術を磨くことが出来そうだからというような動機や、今までやってきたことを活かすことが出来そうだというような理由など「この人はやる気があるんだな」と感じられるような内容がいいのではないでしょうか。夜勤は看護師にとって避けられるものではありませんが、どうしても体が慣れずに体調不良になる場合、日勤だけの勤務が可能なところに転職するのも選択肢の一つです。ここで気を付けたいことは、夜勤労働の手当てが入らなくなるので、どうやっても夜勤のある看護師と比較して結果的に給料が減ることが多いようです。現在の年収を下げてまで転職するのかどうか、後悔しないようにしっかりと計画する必要があります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Sakura
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/g4oirdogplrlg5/index1_0.rdf