保健師のいろいろな求人で違いはある? 

March 10 [Sun], 2013, 14:35
保健師の仕事は大きく分けると地域の保健師、学校保健師、産業保健師などになり、他にフリーの保健師という働き方もあるようです。
保健師のいろいろな求人で違いはあるのでしょうか。

人気があるのは、やはり行政機関に就職して働くことだそうですが、一度就職すると退職することなく働く人が多いため、狭き門となっているようです。
保健師の求人募集 | 茨城の求人掲載サービス比較」などのサイトも活用して、何とか情報を収集したいところです。

さて、看護師の不足も言われて久しいですが、全国で82万人以上いる看護師に対し、保健師の資格を持つ人は5万人弱とより少ないです。
近年、メタボリックシンドロームという言葉などの普及もあり、健康に関心が高まっているためもあってか、保健師の需要は高まってきているといわれます。

自治体の採用情報を見ていても、需要は高いものの、嘱託職員などの待遇が多いようです。
任期が定められていることが多く、出産前からお世話になっていた保健師さんが3月末で突然退職となってしまった、ということもあります。

しかし、拘束時間が少なく、求人の多い仕事は、家庭を大事にしたい人にとっては魅力的であるのも事実でしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:g3u655wh
読者になる
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる