統一球 黒田

November 24 [Sat], 2012, 12:45
これを見て思ったんですが、打者が慣れてホームランを打ち始めるなんてことは無い。
そんなことがあるなら、例えばMLBで1968年にマウンドの高さが変えられることもなかっただろう。
1968年、MLBは歴史的貧打により、アリーグは3割打者が一人、しかもその一人であるヤズも301しか打てなかった、そんなわけでマウンドを下げ、投手不利にしたわけですが、そもそも打者が慣れられるのなら、3割打者が居なくなることなんてない。
マウンドを下げて以降、3割打者は増え始め、大体今のMLBに居るくらいになった。
その後ステロイド時代により、打高投低になったためストライクゾーンが広げられたり、また狭められたりしたのは承知の通り。
NPBは飛ばないボールを採用するなら、ストライクゾーンを広げるではなく狭めなければならなかった。
仮にゾーンを狭めていれば、統一球でももう少し平均打率やホームラン数は上昇していた。
今回3時間半ルールが撤廃されると言うが、それも大事であるが、統一球の見直しも重要だと思う。
むしろ3時間半ルールより改正されるべきかもしれない。
黒田黒田が残留してくれたことは、全く素晴らしいことだと思う。
QOを蹴ることはわかっていたが、それでも再喧cw微妙なところだった。
本命はヤンキースとしても、対抗がボストンとドジャースであれば気は抜けまい。
ヤンキースファンとしては黒田の再喧cw今季オフの重要任務の一つであったため、まずこの早い時期に決断してくれた黒田には感謝のしようもない。
ちなみに他の重要任務といえば、モーとペティットの再喧、マーティン、スウィッシュ、ソリアーの喧clどである。
ところでジェイズが大型トレードをし、一気に優勝アマガミ 同人誌争いの候補に挙げられているが、それは机上の空ニ言って差し支えないのではないか。
確かにジェイズはバーリー、レイエス、JJなど、大物選手を獲得したが、まずJJとレイエスはスペ体質であるゆえ、計算はしにくい。
また、今季の成績はバティスタが抜けたとはいえ、借金が10以上あるわけだから、果たしてそこから一気に優勝争いをすることができるだろうか。
ただし今季のOsのように、最近はどのチームが躍進してくるかわからない状況であり、また、ボストンが不調であるから、相対的にジェイズは有利かもしれない。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:g3sai60nfq
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/g3sai60nfq/index1_0.rdf