北日本航空

May 25 [Sat], 2013, 23:00
北日本航空(きたにほんこうくう)

北日本航空(1953年〜1964年)は、1953年6月30日に北海道で設立された日本の航空会社である。

英語名は"NORTH JAPAN AIRLINES”略称NJA,後に日東航空・富士航空と合併し日本国内航空(1964年4月15日設立)となる。

この項目で論述。


北日本航空(1968年設立)は、宮城県岩沼市に本社があるセスナ機による遊覧飛行を行う航空会社である。

運航者略号はKNKである。





1952年にGHQによる占領が終了し、日本国内では定期旅客便運航を目的とする航空会社が数多く設立されたが、そのうち北海道内の定期航空便就航を目的に、道出身の操縦士美濃勇一(元満州航空パイロットで飛行時間1万を越えるベテランだった)ら道内の有志で1953年6月30日に北日本航空株式会社として設立された。

元北海道配電社長の山田良秀を初代社長に迎え、資本金は5,400万円(当時)。

本社は札幌に置かれていた。



設立時に定期便の運航を目的として、1955年には中古のダグラスDC-3を戦後の日本で最初に導入し、阿寒号(登録記号:JA5015)と命名していた。

しかし運輸省から道内の飛行場が未整備であることを理由に定期旅客免許が取得できず、宣伝飛行及び森林の薬剤散布に使用されるだけであった。

1957年7月になって周遊飛行として札幌丘珠空港→女満別空港(旧)→西春別空港(航空自衛隊計根別飛行場)→札幌の一方通行の不定期路線(季節運航)でようやく旅客輸送を行えるようになった。

オススメ!本当に効果のあるコスメ。



定期航空運航の免許は1962年に取得し、DC-3とコンベア240で道内路線網をひいたが、航空路の方が速達性が高いとはいえ当時の航空運賃が国鉄(当時)よりも相当割高であったため、慢性的に経営赤字に苦しんでいた。

1964年には資本金を12億円に増資したが、同年中に同じローカル航空会社である富士航空、日東航空と合併して日本国内航空となり、日本エアシステムなどを経て日本航空インターナショナル(現在の日本航空)に吸収、企業として消滅した。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:るいfqc4
読者になる
2013年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/g3ra7hf5/index1_0.rdf