外壁塗装と引っ越しの考え方

March 30 [Wed], 2016, 0:30

あらゆる外壁塗装には大小さまざまな問題が伴ってきます。IH完備の家でなければ、ガスコンロをどうするかが問題になってきます。私の場合は、家を新築したため、ガスコンロも新しくなったのですが、外壁塗装先が中古の住宅であれば手持ちのガスコンロを引き続き使うことになるかもしれません。外壁塗装先でガスの種類が変われば、ガスコンロも使えないことがあるので、ガスコンロを転居後も使おうとするか、新しいものを買おうと考えているなら転居先のガスの種類を確かめてください。

勤めが決まったことで、10年くらい前にこのアパートへの外壁塗装を決めました。初めは3年くらいのつもりで実家の近くに転職したかったので実家に住民票を置いたままにしていました。
ですが、この町は住み心地が良く、職場もやりやすいところで、辞めるタイミングが見つからず、結婚して今後もこの町にいる可能性も出てきたし、地方税はこの町の方が安かったりするので、今さらですが、住民票を動かしたいのです。

転居に必要な手続きの一つは、インターネット回線のプロバイダーへの連絡です。



忘れている方も多いようで、外壁塗装を終えて、いろいろ連絡を取ろうと思ったところで、そういえば、ネットが使えないと思い当たった、ということになりかねません。外壁塗装が多い時期だと移転の手続きもなかなか進まないと考えてください。
少なくともプロバイダーへの連絡は、早く終わらせて損はありません。住環境を快適に保つということは、住居の中だけだと思ったら大間違いです。
隣近所との関係を保つことも、住環境の一部なのです。円滑な関係作りのためにも、外壁塗装たら、ご挨拶をその日のうちに済ませるべきです。

おみやげを用意した上で伺うのが良いでしょう。
挨拶は要点だけ伝われば良いので、印象を良くするよう気をつけましょう。

まずは第一印象です。退職して年金をもらうようになると、生活の大きな変化を余儀なくされます。この機会に、生活環境を変えてみるのも良いかもしれませんね。退職前のお住まいがどんなところであっても、生活そのものが大きく変わるとすると、住まいが合わないことも往々にしてあるものです。
今が借家や賃貸マンション、アパートのご家庭は特に家賃負担が大きくなることが予想されます。

ここで思い切って、住環境を変えてみるのも十分検討の余地があります。

引越しはどれくらい前から準備始めるべきか
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:g3hakj8
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる