遠距離恋愛

September 07 [Wed], 2011, 14:46
毎日出合っているカップルもいれば、週何回かを約束したカップルや事情で月1

での出合いなど様々だろう。さらに事情が厳しいものであれば、出会いの観覧一覧に一回と合う日が極端に少ないカップルもある。可哀そうだが何もできない。遠くから頑張れよ。と祈ることしかないだろう。俗に言う「遠距離恋愛」がそうである。男性の方に理由が多いことと思う。こう言う事情のカップルは、唯一電話が楽しみと言える。生の声を聞くことが、どれほどうれしいか。本人達の気持ちには、到底

成り得ないが、都合が付かなければ合うことも、暫くは叶わないだろう。しかし、それを耐える気持ちがあってこそ二人の気持ちは、深いものがあるのだと安心する。今度合うときは、話が途切れることがないほど弾むことだろう。時間の流れが速くて不満な思いもあるだろう。だがそれだけに、合うことができたこのときを大切な時間になるよう見護っていたい。毎日出合う切っ掛けに乏しい二人には、出合いとなるその日その日がきっといい思い出となっていることだと思う。

誰も「遠距離恋愛」など望む者はいない。喧嘩したとしてもお互いが気持ちを整理すればいつでも合えるカップルに比べ、喧嘩する時間もないだろう。いつになったらその人の側で楽しい日々が過ごせるのか。その日を指折数えての毎日では

ないだろうか。こうしたカップルの恋愛と言う心の絆の強さに周りの者が圧倒されそうになる。温かい恋愛だと思う。これからも、電話が主流になると思われるが、その日その時を充実したものにしてもらいたいことを心から願う。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:入江松吉
読者になる
2011年09月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/g3bfm7f5/index1_0.rdf