最近の自転車 城攻め第3段、及び第4段

May 08 [Tue], 2012, 13:31
昨日、自転車にて大鰹驕A及び帰路の途中で岐阜城を攻めてまいりました。
今回の移動プランはオイラが岐阜県東濃地方在住ゆえ、一度愛知県の江南市にでてから大鰍向かう事とした。
その方が比較的近道である。
グーグルマップさん曰く約66km。
また、バテ防止の為に移動速度は下り坂以外は最高時速20km、出しても25kmと設定した。
54午前9時半位に出発。
事前にGoogleMapにて道のりを選定した筈が、我が家付近にて早々に迷子になる。
とにかく、西に向かえばいいんやということで携帯のコンパスを頼りに西進する。
途中、小牧市でお昼となり最寄りのマックにて昼食、及び水分の補給を行った。
水分補給の際には店員さんが快く対応して頂いたので感謝である。
移動中、疲れを紛らわすためBumpofchickenイヤモンドの冒頭とサビを歌い続けた。
西からの向い風がきついそんなこんなで、午後3時頃、大鰹驍到着。
到着に要した走行距離80km。
当初より14kmオーバー、ドンマイおいら。
大鰍来た、という事で城の前に水ようかんを食す。
3粒、300円。
普段なら小っせーし、少ないと思ったかもしれんが、今回は移動中水ばっか飲んでいた為に腹の中にはあまりスペースが無い状態であったので有難かった。
サッパリして美味しかった。
大竃シ菓を堪能したので早速大鰹驍ヨ入城。
しかし、このお城移動中ビルに隠れて目印にならん中は家族連れが多数いた。
天守閣から大且sを一望していたら、目に入っちゃったんですよね、岐阜城が。
どうせ東に向かって帰るんだから寄っちゃえということで岐阜城へ向う事にもした。
岐阜城へ向う際には向い風から追い風になって、行きと同じ感覚でペルを回すとスピードに乗る。
岐阜城が有る金崋山は町中にある山にしては比較的高かったので、遠方においてはよい目印になりました。
で、岐阜城到着。
16時ちょっとと少々遅かったが、今の時期、夜景を売りにしているらしく営業を行っていた。
それに伴って、カップル率が跳ね上がった。
死n略。
岐阜城へは徒歩登山とロープウェイの2種類が選択できるが、今から徒歩で山登りは無理と判断し、ロープウェイで山頂へ行く事とした。
山頂へ到着したあと徒歩にて移動したが、5分ちょっとの歩きがものすごくキツカッタ。
天守閣に登ったころには暮れ始めて来た為、多少雰囲気が良かった。
ま、一人なんで、意味は全く無いんですけどね、ええ。
しょっぱい気分で下山したと時には辺りは真っ暗。
今から東濃へ行くには暗すぎると言う事で関市まで移動し、宿を取った。
この時期だけど飛び込みでも部屋とれるだろうと気楽な気持ちでビジネスホテルを探し、フロントで聞いてみたら目ゥ通り部屋が取れた。
が、受付の方曰くこの時期だから混むとのこと。
キャンセルで空いた部屋をたまたま取れただけだったらしい。
運が良かった。
部屋でくつろいでいて、ふと右手をみてみたら親指と人差し指の間の甲と手首に変なあざが出来ていた。
こんなん。
何だろうとおもていたら、何の事のない日焼けでした。
その箇所が露出していたのだ。
54の走行距離1161km。
走行時間6時間11分。
558時ちょっと前に出発。
本日のルートは中濃地方の関から御嵩町を経由して東濃地方の自宅というルート。
御嵩町には正直登りたくない峠道が有るが、帰る為には仕方が無い。
実際、峠道までは快調に進んだが峠道では登りで3回も休憩をとり、3回目の休憩に至っては芝生が有る道端でビテしまった。
峠を越えて自宅へ到着したが、昨日の110kmより今回の株式会社ドリーム わいわい約50kmのほうがキツカッタ。
55の走行距離489km。
走行時間2時間38分。
良く頑張った。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:g0fydzirlq
読者になる
2012年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/g0fydzirlq/index1_0.rdf