アヒルと鴨のコインロッカー 初日舞台挨拶@梅田
2007.07.23 [Mon] 21:48

2007年7月21日(土)

梅田ガーデンシネマでの初日舞台挨拶に行ってきました
この日のがっくんは、神戸⇒梅田⇒新宿と、大移動。おつかれさまでした

梅田ガーデンシネマは、111席と小規模でしたが、見やすい映画館でした。
初回、2回目とも立ち見も出た満員御礼
しかも舞台といっても舞台じゃなくて、観客と同じ高さだし、ものすごく距離が近い

だいたいの流れで結構アバウトですのでご了承ください☆

【12時の回上演後】

白いTシャツに、ひざ下丈のジーンズ、白のスニーカーでした。

最初の挨拶。
監督「大阪はオチにうるさいということでドキドキしています」
岳「椎名役の濱田岳です。えー・・・(会場拍手)今日は、ありがとうございます。」
今日は合間の拍手にも動揺が小さかったです。笑

まずはがっくんが原作を読んでいなかった話

キャスティングについて
監督「まず、瑛太くんから(決めた)。椎名と◎◎の物語だと思ってるんで、
イケメンにイケメンじゃぁ、ちょっと(と、がっくんのほうを見る。)」会場笑。
がっくん、顔あかーい(ノ´∀`*)
司会「それって、濱田さんはイケメンではないと・・・?」
監督「イケメンと、そうじゃないのと・・・」
司会「そういう評価が監督から来ましたけど?」
岳「(すまし顔をつくり)あ、まぁいいんじゃない?」
司会「それは芝居ですか?笑 今の気持ちは?」
岳「ん? ん〜。」
って、漫才みたいです

司会「濱田さんから見た椎名とは?」
岳「共演者やスタッフの方からも『そのままだね』って。
この前自分で映画を観に行ったら『あ〜なるほど、そう言われてもしょうがないな』って。」
例として「会話の適当さというか・・・」というがっくん。
映画のワンシーンをとって、
岳「あ〜、(そういうこと)俺も言ってるわ。みたいな。」と。

撮影秘話
司会「寝ているシーン、あれは本当に寝ているのでは?」
監督「本番前後は寝てるけど、本番のときは起こしてる。よく寝ていたので、
顔にシーツの跡がついて、メイクさんに怒られていた」とバラしてくれましたw

司会「ギターを演奏するシーンがありましたが楽器は得意?」
岳「撮影の1ヶ月くらい前にギターを渡されて練習したけど・・・あのザマですよ。笑」
司会「(会場に)そんなことないですよね?」
会場「拍手!
司会「『風に吹かれて』を歌われてましたが」
岳「あぁ・・・いやぁ・・・・・・・・・恥ずかしい・・・」顔真っ赤です。
司会「素晴らしい歌声でしたよね!」
会場「拍手!!

共演者について。
司会「瑛太さんはどんな人?」
岳「とても魅力的で、雰囲気のある方で。男として「おーっっ」と思うような。」

何でこの話になったか忘れちゃいましたが、撮影現場でのがっくんについて、
監督「携帯電話を現場に持ち込んでいてよく怒られていました
司会「そうだったんですね?」
岳「はい。笑・・・普通にメールしてました」
司会「そんなことしてるんですね。笑」
岳「して『ました!』笑」

そしてちょっとだけフォトセッション
がっくんの肩を抱く監督。仲良し☆

最後に
監督「椎名じゃない主役でもう一度見てください」
岳「名前は最初に出てくるのになにひとつ解決できてなくて・・・
だから、次は僕じゃない主役で次見て頂けたらウレシイです。笑」


【14時15分の回上演前】

最初の挨拶
監督「オチにうるさい大阪のみなさんを前にドキドキしています。」
岳「濱田岳です。オチがどうとかじゃなくて、いつも緊張してます

監督が映画についての説明。
それからキャスティングの話。
さっきの回とちょっと違うけど同じような、コントみたいな感じでした☆

撮影の話。
監督「自分だったらこうだっていう感じで自然にやってもらった」
という話の中で、がっくんがあくまで自然体だった例として、
映画のワンシーンを再現。
がっくんは普段からそういう感じの動作をしていて、それ自体がおもしろいと。

瑛太さんについて。
さっきの話+現場でのコミュニケーションとして「携帯ゲーム(PSP)をやってました。」
そこで、瑛太くんの年齢の話になったんですが、「いくつ上だっけ?」と振られたがっくんが
「あ・・・」と固まると、監督がすかさず「知らないの?仲いいって・・・?」とツッコミ。

そしてまた携帯の話のとき、今度は「現代っ子なんで」と答えていました。

監督「僕が本当に監督なのか・・・隣の濱田くんが本当に主役なのか・・・
そのへんを疑ってみてください。」
岳「果たして、僕が主演なのか・・・2回観ても疑問に思って・・・。
観ていただいたらこの意味がわかると思います。アイツでいいのかなって。」


だいたいこんな感じで、2回ともとても和気藹々として、雰囲気の良い舞台挨拶でした
大阪バージョンだったのかツッコミあり、笑いあり、と、遠かったけど行ってよかったぁ^^

MORNING GREETING
2007.06.27 [Wed] 07:48

splash life 「MORNING GREETING」(J-WAVE) 2007/06/23

FMで40分ものコーナーにゲスト出演!ナビゲーターは宮本絢子さん。

朝から「濱田岳です!」と元気に登場のがっくん。
「3ヶ月未来予報」では、1週間後に「旅行の準備」、1ヶ月後には「次にどこに行くか考えている」、
2ヶ月後は「思い出を振り返っている」、3ヵ月後は「秋を感じている」との予報を。
よっぽど旅行がしたいんだねぇ。笑
プロポーズ大作戦のクランクアップのときは泣いてしまったそうで、思い出の(?)
「明日晴れるかな」がかかったときにはナビゲーターに「大丈夫?」と突っ込まれる場面も。

曲のあとには、アヒルと鴨のコインロッカーのお話。
泣くのを我慢できないというがっくんは、アヒルと鴨のときは1人だけひっくひっく言うくらい
号泣しちゃったと話してくれました。
アヒルと鴨〜は難しくて話がよくわからなくて、1回台本を読んでありゃーと思ったそうです。
濱田岳が本屋を襲わされている話で、本当に普段どおりだったとか。
また、瑛太くんとはホテルで隣の部屋で、一緒に遊んでもらったそうです。

プライベートに話がうつると・・・
「かわいいと言われることが多くて・・・恥ずかしいというか・・・(´▽`*)えへへ
・・・暑くなってきたなぁ
最近の役柄を考えちゃうと、どうしてもそういう声が多くなっちゃうんでしょうか☆
カッコイイと言われたそうだったので、今度からカッコイイにすることにします。笑

先ほどの1週間後の予報の「旅行の準備」について。
沖縄に行こうと思っているそうです。しかも、一人旅、目的ナシ!カッコイイです(←早速)。
今年の冬に沖縄に行っているという話を耳にしましたが、やっぱり行ってたみたいで、
「この前もひとりで行ってきました」と話していました。本当にひとりかなぁ?!笑
ちなみに「ひとりっこなのでひとりあそびは得意」なんだって。
また、「友だちとサーフィンして泊まって、また朝にサーフィンして帰る
サーフィントリップに行きたい」とも話していました。

そしてここで番組から6月28日に誕生日を迎えるがっくんにプレゼントが!
がさがさっと音がして、手渡されたのは時間ができたらやってみたいという「スケボー」。
「すげー!」とテンションがあがったところで、ナビゲーターさんから
「ブログでもおなじみのあいうえお作文」と、いきなりふられてしまい・・・
がっくん、頑張りました

ス!・・・すばらしい
ケ!・・・ケープタウン
ボー!・・・僕の家にしたいなー♪

スケボーよりも、生あいうえお作文に「びっくりしたー。笑」と動揺していました。

影響を受けた人について。
「小学生のときに、車で聞いたリンダリンダが・・・」ということで、
「甲本ヒロトさん」に影響を受けたそうです。
そしてこの話をしていくうちに緊張したのか?だんだん言葉が詰まっていくがっくん。
「どうしよー!放送事故が起きるよ笑」とか言い出しちゃって、、やっぱりかわいい

好きな曲は「僕の右手」。聴くとテンションが上がるそうです。
ここで、バックに曲がかかって「どうなる?!」と聞かれると、
「ピョンピョンしちゃうよー!」とテーブルをバシバシ叩くがっくん。
ナビゲーターさんに、「ウチの家具なんで壊さないでください」と諭される場面も。

ちなみに、まだライブには一度も行ったことがないそうで、
ヒロトさんのライブを見てみたいそうです。
いつか実現するといいね

最後に、「お客様リスト」の作成。毎回ゲストに書いてもらっているそうです。
がっくんが選んだのは赤のサインペン。
これを書きながら「個性派俳優」と言われることについて
「いいことなんじゃないですかね!^^」と話してくれました。

がっくんがいなくなったあと、「いい方でしたねぇ」としみじみと話すナビゲーター。
また、お客様リストには
「六本木ヒルズすげぇ!」としか最初は書いて行かなかったそうですが、
「これだけでいいの?」と聞かれてあとからこの言葉を付け足して行ったそうです。
「幸せを手に入れるんじゃない、幸せを感じる心を手に入れるんだ」
がっくんの大好きなヒロトさんの素敵な言葉ですね☆
ナビゲーターにも「やればできるじゃん!」なんて言われちゃってました(≧ω≦)

ラジオでは表情が見えないけれど、今回は生放送だったので、
嬉しそうにしてたり、緊張してる様子がよく伝わってきて、楽しい40分間でした

アヒルと鴨のコインロッカー 初日舞台挨拶@恵比寿
2007.06.24 [Sun] 21:06

2007年6月23日(土)

映画「アヒルと鴨のコインロッカー」@恵比寿ガーデンシネマ
初日舞台挨拶に行ってきました!
今日の東京は真夏のような快晴!天気まで素敵な初日でした

@11:45〜の回上演後

濱田岳くん、瑛太くん、関めぐみさん、田村圭生くん、関暁夫さん、松田龍平くん、中村義洋監督の7人が登壇しました。
松田龍平くんは初めて生で見ましたが、そのたたずまいというか、半端ない存在感で圧倒されてしまいました
色気というか、オーラというか、そういう言葉では表せない。とても魅力的な方でした。

Q.演じる上で大事にしてきたこと
「大事にしてきたこと・・・ホント普段どおりというか・・・・・・・・・・・」会場笑!
「そんな特になくて、普段どおりでいることを心がけました。
みなさん映画を見て椎名の印象がそれぞれあると思うんですけど、そのまんまというか。」
あと「毎日楽しかった」というようなことを言っていました。

Q.みなさんに向けてメッセージを。
「今日は観てくれてありがとうございました。
えーと・・・・・・・名前はトップにあるけどなにもしてないんで・・・笑。
ヘンなヤツですけど・・・あんまキライにならないでください
キライになるわけないじゃーん

そのあとはフォトセッション
最初の並び順のまま撮影されていたのですが、関暁夫さんが「この並びでいいの?」と言い始め(センターが田村&関だったため)、がっくんはセンターにつれてこられ、両サイドから圧迫されるような立ち方に。笑
結局列から前にはじきだされ、その場にひとり立てひざをついてピースして写るがっくん。
「こっちに目線くださーい」といわれると、立てひざのままちょこちょこっとそっちへ向きを変える姿がとてもかわいかったです。
朝のラジオでは「かわいいと言われることが多くて・・・ちょっと・・・(照)」と言ってましたが、そういう方向に持っていってるのはまぎれもなく本人ですから!笑
この時間が一番盛り上がってました。

監督も楽しみにしていたという、初めての「上演後」の舞台挨拶。
ネタバレの心配をしなくて良いからか、監督はたくさんお話をしてくださいました。
がっくんがしゃべるたびに会場に笑いが起き、一瞬にして会場をあたたかい空気にしてしまうがっくんは、やっぱり只者じゃない!
が。残念なことに司会者の方の進行があまり上手ではなく、全体的にちょっと静かな印象の舞台挨拶でした。


A14:15〜の回上演前

先ほどと登壇者は同じ。
龍平くんはメガネを取っていた。やっぱり目が行ってしまう。。。
今度はがっくんの目の前というか、恥ずかしくて直視できないくらいの席に

Q.初日を迎えた気持ちを
「こんにちは、濱田岳です。えっと・・・」会場から拍手
がっくん、いきなり拍手にさえぎられて、頭が真っ白になっちゃったような顔に・・・笑
「えー・・・来てくれてどうもありがとうございます。・・・公開ということで、とても嬉しく思っています」

Q.仙台の印象と、撮影の思い出
「仙台に行くのはこの撮影が初めてだったので、椎名と同じ気持ちでした。
駅について、わ〜でけぇと思ってー、ちょっと離れたら、あー山があると思ってー、
撮影で海にも行って、楽しい思いをしました。
撮影では瑛太さんと一緒にいることが多くて、撮影がないときもよく瑛太さんに遊んでもらいました。」
瑛太くんは「濱田さんはどんな存在?」を聞かれ、「いつもPSPやって・・・友達というか、仲良しでした。」と言ってました☆

Q.会場のみなさんへ
「今日はどうもありがとうございます。トリックが話せないってあったけど、僕はそんなトリックには関わってません・・・えへへ
まだまだ緊張の絶頂のようで。。
「・・・あ〜楽しかったっていう映画なので、みんなも楽しく思って帰ってくれればいいなと思います。」
午前の回もやってましたが、服で手汗を拭いちゃったり、話しながら困り笑いしちゃったり。いい感じです。

映画の感想をとりあえずひと言
また観たいし、瑛太くんが素晴らしい演技。がっくんが演技に見えないくらい、リアル過ぎ。
ストーリーも、1時間50分が本当にあっというまの世界でした。
細かい感想はまた別に書きます

GIRLS LOCKS!
2007.06.24 [Sun] 15:34

SCHOOL OF LOCK!! 「GIRLS LOCKS!」(TOKYO FM系) 2007/06/14

榮倉奈々ちゃんが担当する毎月第2週、月〜木のコーナー。
先月ゲームに負けたときの約束どおり、
第4日目に平岡祐太くん、濱田岳くんがゲストとして再登場☆

「うォーーまたきたぞーーー濱田岳でーーーーーーーーーーーーす
と相変わらずハイテンションな声で登場。
奈々ちゃんもビックリ
奈々ちゃんが、ドラマの紹介をしていて、「で、5人は仲良しってことなんですけど・・・」と言ったところで
祐太くん、がっくん「なに、その【ってことなんですけど】って」「んだよ、ざけんなよ」と食いつく。
本当に仲良しなのに、設定の話だけで流そうとしたのが気に入らなかったのでしょうか。笑
「3ヶ月も一緒に居て、イキもぴったりですよね」をフォローを入れる奈々ちゃんに、
「あぁ。ぴったりですよ。」と小声で冷たそうに言うがっくん。奈々ちゃん、いじめられすぎです。

気を取り直して、今回もゲームタイムー
今回は「以心伝心ゲーム」
要はお題に対し、みんなが答えそうな答えを予想して、せーので発表する、というゲームだそうで。

Q.3人組と言えば?
奈々「ズッコケ3人組!」
祐太「ヒルトン姉妹」(←がっくん、「2人だ、姉妹!」とツッコミ)
岳「エリー、幹雄ー、ツル」
おまえらドラマを愛せよ!と怒るがっくん。

Q.奈々ちゃんの長所
岳「足がでかい!」(うれしそうに)
祐太「笑顔^^」
奈々「体」
なかなか合いません。

Q.6月といえば!
岳「プロポーズ大作戦最終回!」
祐太「プロポーズ大作戦、最終回!」
奈々「ドラマ、最終回〜
奈々ちゃんの「うちらドラマ愛してるもんね」のひと言で、バッチリ答えが合いました

「こんなに長く一緒にいるのに1問しか合ってなかった」けど、「まぁ最後ドラマで合ったから、ラッキー」という奈々ちゃん。
それを受けて、「でも5人バラバラに動いてることも楽しかったりするよね。」という祐太くんに
「うわっ、ゲーム台無しじゃないっすか祐太さん!」と突っ込むがっくん。

最後、自分たちの予定について
「プロポーズ大作戦を最後まで見守っててくれればいいです」と締めくくったがっくんでした

タイヨウのうた エキストラB
2007.06.21 [Thu] 19:28

2006年6月30日

富士急ハイランドでの撮影、2日目に参加してきました☆

現地に到着すると、プロ&一般のエキストラを合わせて30人くらい。
早速、大好きなFUJIYAMAでの撮影だというので、心踊りまくり。
撮影とか抜きで普通に乗りたい。笑
ホームに行ってみると、なんとがっくんと圭くんが先頭に乗ってるぅぅー。
試運転をするということで、乗っていた模様。
「次コースターが来たら乗る人の位置でとりあえず待つ」ということだったので、
待ってたら試運転が出発。
戻って来たがっくんはなぜかアロハ〜の手になってた!
そのあと、照明とかカメラをセットして、また試運転。
このときは他のキャストさんも乗ってたんだけど、がっくんは山田くんと待機。
山田くんは今日一番いいキャラだったね☆
素でこういうのがダメらしくて、チキンウェイに追いやられたり、凄く面白かったデス。
がっくんは出発の係員さんの場所でみんなにハイタッチしてました♪

何度か運転したあと、やっと!!!
あたしが乗るやつが動くことになったよ☆
乗って、戻って来て楽しそうに降りて、そのあとキャストさんたちが乗るっていうシーン。
わーい☆
2年ぶりに乗るので、ちょっとドキドキ。
残念ながら?1発でOKが出てしまい、とりあえずこれでおしまい。
あとはその、みんなが乗り込むシーンを別の角度で撮ったりするのを見てました。
このシーンのがっくんがまた愛らしい(゜m゜*)

そんでね!!!!!!!!!!!
今度は外から走行中のコースターを撮るということで、
そのカメラテストで走るとき乗っていいよ、って言われたので、
キャストさんたちの位置に代わりにあたしを含めエキストラが乗ってたんデス。

そしたらね。
エリカちゃんとベッキーが登場して、ウチらの前に乗った!!
しかもそのあとがっくんと圭くんがきて、エキさんに「すみません」ってどいてもらって、
あたしたちのすぐ後ろの列に乗っちゃった!!
ありえなさすぎんだけど!!!!!!!!!!!
後ろ向けないんだけど!!!!!!!!(といいつつチラ見)
圭くんのメガネ借りてかけようとしてるよ!!
と思ってたら、エリカちゃんとベッキーが後ろを向いて、なんと話しかけてくれた☆
かわいいなぁ〜ふたりとも…*^_^*
がっくんはさっきの本番のときは帽子を持ってたのに、
このときだけはなぜか出発前に係員に没収され
「道具がなくなると急に不安だ…」とかつぶやいてました。
ていうかもう集中できないよぉ(>_<)状態のまま出発。
降りてからもあたしは違う意味で涙目。
ありがとうカメラテスト!!!笑

そのあと本番で、一般エキはどいて、キャストさんとプロエキさんで出発。
がっくんは結局全部で5回くらい乗ってたのかなー?
このシーン全部で約3時間。

それから、みんなの入園シーン。あたしたちは通行人だったり見てたり。
この撮影が終わった時点でもう午前1時!!
昼間仕事だったし、ねむーい。。
で、屋内シーンと観覧車シーンはみんな待機(×_×)
3時くらいに雨が降りだしちゃってもうダメかなーって思ってたらすぐ止んだ。
その頃に夜食の焼そばが出ましたよ。

まだ暗い3時半頃、キャストさんたちの撮影が終わり、
エキストラだけのシーンということでやっと移動。
そこへ着替えを終えたがっくんがマネージャーさんと一緒に
そのエキ集団の中に混じって歩き始めた!!
うきゃ(≧m≦)
でもエキさんたちにもおつかれさまでしたって挨拶してくれて、行ってしまいました( -_-)
連日の撮影ホントおつかれさま!

その1時間後くらいに撮りおわって、解散。
…覚悟はしてたけど、4時半だよ今!!
放置かよ!!涙

でも、大好きな富士急で、とても思い出に残る撮影になりました♪

アヒルと鴨のコインロッカー 完成披露試写会
2007.06.21 [Thu] 18:23

2007年6月19日(火)


映画「アヒルと鴨のコインロッカー」完成披露試写会。
なんとチケットが自分の手元に3枚も!複数当選は初めてなので、ビックリデシタ。。。
有楽町の朝日ホール。友達が頑張ってくれて、かなり前のほうのセンター席に座れました(≧ω≦)b
それにしても今回の試写会、700人超だって!どんだけぇ〜

18時半をちょっと過ぎて、開演。
司会者の紹介とともに、濱田岳くん、瑛太くん、関めぐみちゃん、田村圭生くん、関暁夫さん、中村義洋監督の順で登場。
家庭の事情?で仙台には行けなかったため、去年の8月以来、10ヶ月ぶりの生がっくん
着ていた服は、モナリザ柄のTシャツに黒のジャケット、あと、足が超気になったんだけど、柄タイツ?!なのかすごい柄でした(しかも左右で微妙に違う・・・)

Q.この映画について
「どんな映画と聞かれても説明するのが大変で、やっと説明する手間が省けたなって感じです。」と、いきなり会場からもあたたかい笑いが。

Q.もうすぐ公開ですが、今のお気持ちは?
「説明する手間が省けるしぃ、興味を持った人がいっぱい観てくれるといいなぁって。」
マヂかわいさ全開です。会場もそんな空気。(*´∀`*)

Q.脚本を読んでどうだったか
「脚本を読んでも理解できないまま出発になってしまった。椎名は仙台に行って、ワケのわかんない人にふりまわされて・・・僕も東京から行って・・・」
と、ここでハロバイ関さんが
「岳ちゃん、手伝いましょうか?」
ていうかいいよ!がっくんにしゃべらせろよ!!的な割り込みを。笑
「学力はないけど、演技力はあるんで・・・」とよく分からないフォローをする関さん。
それに対してがっくんは。
「あぁ・・・そうですね、学力はないですね(´▽`*)」会場またもや笑顔。

Q.撮影時のエピソードについて。
「瑛太さんと一緒に居るシーンが多かったので、毎日ずっと遊んでもらってました。それがいい思い出になっています。」
司会者になにをして遊んでいたか聞かれる瑛太くん。
「それは・・・言えないです」と、ボソッと。
そして瑛太くんも「毎晩濱田岳くんと遊んでもらって・・・」と笑いを誘ってました。
しかも「(がっくんが)未成年なのでいろいろ大変」だったとか!なんだそれー。笑
でも関めぐみちゃんによればオセロなんかもしていたとか。

Q.お互いの共演した印象を
岳→瑛太「最初は怖い印象が・・・雰囲気が・・・難しいかナァって・・・え〜・・・ホントによく遊んでくれて」会場爆笑。
瑛太→岳「ホントに。まじめで、素敵な人です。」
また監督は、最後にがっくんにどっきりをしかけたそうですが、それが失敗に終わってしまい、今でもそれが心残りなんだとか。

Q.ご来場のみなさんにメッセージを。
「えー・・・なんですかね。・・・僕が演った椎名は、名前こそ一番に出てくるものの、なにひとつ解決できない頼りない主人公で、ちょっと変わってるけど一番普通というか。なので、一回目は椎名目線で見てもらって。話がわかったら他のキャラクター目線で見てもらえたら面白いかなーと思います。」
そして深い鼻息!ギャハハハ(≧▽≦)
「今日は楽しんで行ってください!」
と締めくくってくれました。

プレス向けの撮影タイム。
なんと瑛太くんと見つめあったり、瑛太くんに寄り添ったり、瑛太くんに抱き寄せられたり?
かなり笑える撮影でした。
そしてキャストのみなさんは退場。
友達とがっくんに向かって思わず叫んでみたものの、去ってしまうがっくん・・・ (((´・ω・`)

と思いきや、最後に振り返ってひとりだけ観客に手を振って行ってくれました

とにかく、「かわいい」のひとことに尽きます(*´ω`人)
ツルでかわいさを学んだんだなーwって感じでした。

映画の感想は・・・想像以上によかった!!
また恵比寿の公開のあと書きたいと思います☆

タイヨウのうた エキストラA
2007.06.16 [Sat] 13:54

2006年6月28日

今日の人数は、多分100人くらい(8割以上は山田君ファンだろう・・・)
他のキャストはもう出てきてるのにがっくんがいないっ。
と、スタッフのほうを見ると、バースデーケーキの準備をしてるじゃん!!
そう、この日は濱田岳くん18歳の誕生日なのでした。

やっと、がっくんが出てきて、スタッフたちは背中とかでケーキを隠しつつ、ろうそくに火をつける。
で、「今日が誕生日です!わぁ〜!」みたいなノリでギターの演奏が始まって、
スタッフ、キャストでハッピーバースデーの大合唱〜♪
エキストラは少し離れたとこから見てたんだけど、しっかり一緒に歌っちゃいました☆
そして、ろうそくを頑張って吹き消し、みんなから拍手が起こって撮影が始まりました。
うれしそうというか照れていたというか、カワイ過ぎるんですけど!!

最初エキさんたちは待ち。
エリカちゃん&4ボーイズでの演奏シーン。
がっくんドラム叩いてるよ間違えてるよっ(゜m゜*)
しかし今日は暑いなぁ〜〜とか思いながら聴いてました。
似合うなぁドラム。。。( ̄¬ ̄*)

それからエキストラ込みでの撮影。
バンドメンバーの前に密集。
手拍子でノリノリな感じを求められるんだけど、ナニブン狭くて隣の人とぶつかるし、
でもまたがっくんが近い〜☆☆ここは得意のガン見で。笑

練習、テスト、本番の繰り返しで、スタッフさんたちは盛り上げるの必死で見てて楽しかったよ。
ていうかエキストラの人のコールとかまぢ面白かった!
曲と全然合ってねーよ!みたいな。

がっくんだけが生ドラムで、山田くん、圭くん、川村くんはフリだけ、エリカちゃんは演奏してたのかな?
アコギだから音は聞こえなかったけど、歌は歌ってたよ。
でも、座って練習してるときはちゃんと弾けてた!練習してるんだね。
てゆうか彼らは役と言うより素でやってるようにしか見えなかったですけど?
圭くんとか普通に話しながらとかだし。笑

ドラムは結構間違えてて、カットがかかる度にごめんなさいって謝るがっくん。
でも、先生?に色々聞いて、また練習して、ってがんばってたよ。
休憩のときは暑いから上半身裸♪
海のときより焼けてる〜!!そして、やっぱ細いっ。
暑かったもんね。ホントに。
おつかれさまデスヨ。

撮影は1時間程で終了。

同じ空間でお祝いさせてもらえてホントうれしかったデス☆
アーミー柄の私服も似合ってたよぅー 。* ゚ + 。・゚・。・ヽ(*´∀`)ノ
帰り際、NARUTOを数冊、山田くんから手渡されてました。

おめでたくて、楽しくて、幸せな6月28日でした(^-^)

この日の撮影分は、ドラマのタイトルバックの2秒間くらいだけ使われてました。笑

タイヨウのうた エキストラ@
2007.06.16 [Sat] 13:40

2006年6月21日

始発で神奈川県内の某海岸へ向かう、そのくらい朝が早い撮影でした。
着くと、そこはプライベートビーチみたいに、小さくて人のいない海岸。

待つこと30分、車に乗った岳くんが助手席から登場!!!!!!!
近くの駐車場から他の出演者さんと移動してきたようです。
なんだか寝癖が軽くすごいことになってました(´ー`)

またちょっと待機してると、着替えたがっくん登場!!
ボーダーシャツにジーンズ。&なぜかキャップにヘルメット。
そして彼だけそば屋のバイク!
がっくんのすぐそばを通る役を与えていただき、心臓麻痺でもおこしかねない勢いでした。
晴男は置いていかれる役でしたが、がっくん自身もスクーターの操作に慣れていない様子。

次は別の服に着替えて海の家でバイト中。
ベッキーちゃんががっくんの横ッ面を叩く演技で思わぬアクシデントが!!
しかし、がっくんアドリブで乗り切る!
さすがな一瞬でした(ノ´∀`*)

お昼ごはんはカレーライス☆キャストの方と同じごはんです^^
山田くん、圭くん、川村くんは外で食べてたんだけど、
がっくんはこのとき姿を見せず。。。

午後からは竹中直人さん登場!!!!!!!!!
竹中さんは、とにかくずっと歌ってた。それか口笛を・・・。

このあとは海の家でバイトするに至るシーンの撮影。
がっくんは撮影の合間にも役どおりのいじられキャラっぷり(*´ω`人)
椅子から落とされたり、ジャンケン負けてスペシャルドリンクを一番に飲まされたり・・・♪
距離が近いので、山田君たちと話してる内容もかなり聞き取れる・・・(≧ω≦)b

演技についても、テスト中に演出の方に指示されると、
次のテストのときにはその通り、いやそれ以上の演技をこなすがっくん。

竹中さんは、ホントにみんなを笑わせてましたよ。
本番中も。。。笑

午後はエキとして動くこと半分、がっくんの演技を至近距離で見てること半分、て感じでした♪♪

夕方になって、がっくんはカメラから外れたところで自分のシーンを撮るのに待機してたんですが。。
自分のリュックから本を取り出して読み始めました。
読んでいたのは・・・

半落ち (の文庫本)

JUNONでも紹介してた臨場の横山秀夫さんの本。
ホントに本が好きなんだね〜。

そんなわけで、エキストラを含んだ撮影は18時ごろで一旦終了。

記念品はTBSボールペンでした☆

このあとも撮影は続いていました。
スタッフさんの話だと、24時頃までの予定だとか。
連ドラは体力勝負ですね!

Catch a Waveプレミア試写会
2007.06.10 [Sun] 21:44

2006年4月19日(水)

東京国際フォーラムホールCで行われたCatch a Waveプレミア試写会。

ちょうど空いていた8列目をゲット♪
7列目までは関係者席だったので、実質一般客の1番前列ということで。

席を確保したあとは、エスカレーター前で出演者によるセレモニーがあるというので
一般客が観ていてもいいスペース(ロープの中ですけど・・・)で待機。
そんなに待っている人は多くなかったなぁ。30人くらい?

そうこうしているうちに、階下から「出演者の方お見えになりましたー!」との声が。
おおおお・・・キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
監督、濱田岳くん、木村了くん、三浦春馬くん、加藤ローサちゃん、とよた真帆さん、豊田和真くん。
という順番で7名登場。
1年4ヶ月ぶりに見る生がっくん!!!!
黒のジャケットにチェックのシャツでした。
左耳にはキラリと光るピアスが☆彡
近くの観客は「あの小さい人誰だっけ?」「金八金八!」「あぁ〜!」
・・・たしかに金八出てたけどΣ(・ε・;)

そのセレモニーでは・・・。
テレビカメラが何台も待ち構えていて、赤絨毯が敷かれていて、
4人分のサーフボードが並んでまして、その前に7人が並んで立って、
1人ずつがなにかを話すんですが、声を大きくするマイクじゃなくて
音を拾うだけのマイクなので、なにを喋っていたかまでは聞こえず・・・。
正味7,8分だったと思います。
そのあとは7名は 場所を移動して、プレス向けの写真撮影していたようです。

18時半を過ぎていよいよ開演。

オープニングは映画音楽を担当する「DEPAPEPE」によるライブ!!
1曲限りでしたが、SUNSHINE SURF!!という曲を演奏してくれました(^_-)-☆

そして、そのあとは先ほどの7名+DEPAPEPE2名による舞台挨拶!!
がっくんは舞台袖から出てくるときに、立ち止まって観客にお辞儀。
なんていうか、濱田岳な動きでした(*´ω`人)

挨拶の順番は
@主演の三浦春馬くん A加藤ローサちゃん B木村了くん
C濱田岳くん(仲良し3人組のもうひとり、と紹介されてました)
Dとよた真帆さん E豊田和真さん FDEPAPEPE G橋伸之さん

みんな紹介されると真ん中のスタンドマイクのところに行って喋るのですが・・・
がっくんはマイクの前に立つとまず
マイクの位置を、自分の高さに合うように下げた!!!笑
会場からも笑い声が。かわいすぎるよ、がっくん(≧▽≦)

ちょっといつもよりも高い、緊張したような声で挨拶していた岳くん。
主に自分の演技のことよりも、今日この場にいない竹中直人さんについて話をしていました。
そして1分ほど喋ると、次のとよた真帆さんの番。
しかしとよたさん、背が岳くんよりも10センチ位高いうえに、ヒールなので、
がっくんが下げたマイクを、自分の高さに合うように、上げてるし!!
そして会場からはさっきよりも大きな笑いが・・・!!
残念ながら、岳くんは自分の挨拶を終えてほっとしていたのか、
うつむいていて、とよたさんのそのネタ?を見逃してしまったらしく、
笑いが起きて、とよたさんが「ごめんなさい、わざとじゃないんです」
とがっくんの方を振り返ったとき、「ん??」というような顔をしていました。

全員の挨拶が終わると、いよいよ本編の上演。

上演後は、Def Techによるこれまた1曲限りのスペシャルライブ!
上演が終わったのに明るくならない会場に、突如現れたふたり。
映画の主題歌「Catch The Wave」を熱唱してくれました!

これですべてのプログラムが終了。
充実しまくりの3時間でした♪♪

JHP学校をつくる会 チャリティイベント
2007.06.09 [Sat] 13:52

2004年11月24日

東京・メルパルクホールにて行われた「JHP学校をつくる会」のチャリティイベント。
平日の昼間にも関わらず、中高生からおじいちゃんまでたくさんの人が来ていました。

座席は並んだ順に選べるのですが、ホールの外で列に並んでいると、
列の横を量太こと千代将太くんと一緒に伸太郎こと濱田岳くんが通って行きました。
がっくんは黒い帽子と、色は忘れちゃいましたが、ボーダー柄の服を着てました☆
でもあまりにふたりとも普通すぎて、列に並んでいる人はほとんど気づかず・・・。笑
ほかにもたくさんの生徒たちが普通に横を通り過ぎて楽屋へと入っていきました。

開場後は、ホールのロビーでチャリティーバザー。
小山内美江子さんや、過去の金八(主に第5と第6)に出ていた生徒たちが販売を担当。
なので、お客さんはみんな思い思いに好きな生徒たちとおしゃべりもできるわけで・・・。
その間、第7の生徒は多分、ステージで舞台版金八の練習。

夕方になって、ようやく開演

公立中学のマーチングバンドではじまり、
第7シリーズの「舞台版 3年B組金八先生」
第1話の、初めて金八がみんなの出欠を取る場面のアレンジバージョンでした!
みんなの座席も、客席から見やすいように斜め向きに配置。
伸太郎は「あっちゃー!か・の・う!・・・・」ってやつをやってました☆
女子高生にジャニーズばりに「伸太郎ー!!!!!」と叫ばれ、会場もなぜか笑いが・・・。
そして金八先生の国語の授業。セリフなのかアドリブなのか、当てられている生徒も
オドオドしてたり、さすが生の舞台なのでいつもと違う雰囲気で楽しかったです!
最後は伸太郎の掛け声を合図にみんなで「トーチラン」をやりながら舞台袖に。
武田さんはその後、なんと「伸太郎」について語ってくださり、
「役と違ってホントは・・・」とかソーラン節で頑張っていたことを仰ってました。

上戸彩ちゃんや武田鉄矢さんも登場し、チャリティーオークション。
彩ちゃんグッズは信じられない価格で落札されてましたよ(`・ω・´)

それから海援隊と服部先生のコンサート。
武田さんは初恋のいた場所の製作エピソードなんかも話してくださいました。
服部先生こと上條恒彦さんは、客席も巻き込んでの大合唱タイム!
素敵な歌詞だったんだけど、忘れてしまいました

最後は3Bソーラン節。
第5と第6のOBOGで踊ってくれました。
これがまた鳥肌たつくらいかっこよくて、ビックリしたー。笑

ラストには、今日の収益金額の発表と、出演者全員が舞台に立って挨拶。
そして桜中学の校歌を歌うんですが、第7の生徒はまだ覚えてないのか?
ほとんど口が動いていなかったような気が
最後にも武田さんにからまれ、叩かれるがっくん。
このシリーズでやっぱり中心的存在なんだ!と実感してうれしくなっちゃいました☆

毎年続いて欲しかったのですが、金八を絡めたチャリティーは
この年が最後になったようです。。。
P R
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:あみっちょ
読者になる
濱田岳ファンサイト「キセキ」のサブ(記事リンク用)ページです。
本サイトはこちら→http://hamadagaku.fan-site.net/
メールフォーム
タイトル

内容
Yapme!一覧
読者になる