血液型で、人の心は読めるのか。 

November 09 [Thu], 2006, 14:05
私のまわりのO型の人の共通点。


うわさ話好き

優柔不断

面白いと思われたい

嘘つき

やたら意見をまとめようとする

優しい印象

意外と愚痴をこぼす

世話好き




こんなもんかな、今のところ。。。

『熱意』の伝えかた 

August 21 [Mon], 2006, 18:34
よかったーーーー!!なんとか一次通過!!
おめでとう。久々の通過。

もうこの会社しかないのだ。あたしには。というか、きっとここで働けたらあたしは幸せになれると思う。
だから、『熱意』。

あたしが面接でもっとも苦手とすること。それは、はきはきしゃべることでも、笑顔でもない。

この、心に秘めた『熱意』を伝えることだった。


面接という場でなぜか、自分のアピールをできない私。
「私なんか」という思いが、そうさせてしまっているのか。
毎回遠慮気味に自己PRをいう。


昨日は、久々に信頼すべく人生の先輩(ダチ)と会い。
忙しい身なのに、しっかりあたしの話を聞いてくれた。

彼は、あたしの足りない言葉をすべて形にしてくれるのだ。
あたしの一番の理解者である。

あたしは、言葉が足りないせいで、人に誤解されることも多い。
企業へのPRも、たぶん、全然足りてない。

「癒し業界に興味があるのですか?」「はい!!好きです。・・・・」(終)

こんな「好きです」の4文字で何が伝わるというのか。そんなことは承知である。


それでも私の口は、それ以上を認めない。


そこが、馬鹿ポイントである。



いつも、人に誤解されても仕方ないと思って終わる。
なぜなら、誤解されるということは、私の態度に何らか不足していたものがあったんだろうから。
それは、私の反省すべきところ。。・・・などと考え、それ以上は口に出さず、胸にしまう。

本当に反省しているのだよ。

しかし、それがさらなる誤解を招くことも知っている。


あたしってなんて不器用な人間なんだ。


それでも、私と深く付き合う友達たちは、きっと理解していると思う。
あたしが、どれだけ「熱い」人間であるかを。


だから十分なのだ。

・・・が、しかし。
就職しなくてはならない。次のステップへいけないから。。

『熱意』をなんとしてでも、伝えなければ。言葉で、表現して。
きっと、そこにも、素敵な美学があるはずだから。
口を開けば言い訳してるような、人の愚痴ばかり言ってる人間にはなりたくないけど。

あたしは、少し、そこに欠ける。
愚痴も言えるようにならなあかん。意図的に。
そういうことだ。

千歳烏山の写真屋のおじちゃん。 

August 17 [Thu], 2006, 23:43
今日は就活帰りに、母の仕事場に寄った。近くの写真屋のおじちゃんと話した。
あたしが写真好きとゆーことをうちの母が前に話していたらしい。

写真屋のおじちゃんは私を見るなり語りだした。



「写真ってのは、人に見せないと写真じゃないんだよ。それはただの自己満だ。たくさん枚数とりゃいいってもんでもない。自分が取りたいようにちゃんと撮れるようになるから写真ってのは楽しいんだ。」



なぜ、あたしが写真を誰にも見せずに、閉まっておいていることをこのおじちゃんはわかったんだろう??でも、とても参考になりました。

また、会いに行きます。

トム・ヨークのアルバムを聴きながら。 

July 20 [Thu], 2006, 2:08
もう、7月なんだ。

あたしは、まだ就活をしている。6月の中旬から、なんだか気合が入らなくなり、何を改善するでもなく、
だらだらと続けている。

最近、「妥協」というよりは、どんな仕事でもいいから、あたしを求めてください。と思うようになった。

あたしは、決して学生時代、特別人より頑張ったことがあるわけじゃない。
人より、感情が豊かで、もしかしたら、そういった部分では、たくさんの経験や考えが、あたしを同じくらいの歳の子たちよりは、少し考え方だけ大人にさせたのかもしれない。

でも、そんなの就活に役に立つわけはなかったのだ。



今の一番の夢は、就活を無事終えたら、 真剣にミュージシャンを目指してみることだ。
たくさんの人笑うかもしれないなぁ。

でもあたし、ずっと前から この夢を追えないでいました。逃げていました。

あたしは、自分のまっすぐな心が、損をすることを知っていた。
人生そんなにあまくないと言います。
あたしの考える人生は、非常にあまいと言われます。


でも、それでも あたしは、なりたい。
ただ、保険をかけます。

今のあたしには、何もないから。学生時代を意味あるものにできた自信もない。
親にどんな面下げて、今からフリーターになってミュージシャン目指しますと言えるものか。

親が仕事をやめたがってる。早く働いてほしいと言う。

そのためだけじゃないが、あたしは、稼がないわけにはいかないのだ。


夢と現実。
あたしはこのバランスをちゃんととって生きていかなきゃいけない。


何度だって、魅せられてしまう。
あたしの大好きなミュージシャンたち。
あたしも、来年はあの場所に立っていたい。そう何度思ったことか。


時間がない。
仕事を決めなくちゃ。
夢のために、ね。

・・・やっぱり変な話だよなぁ。
でもそんなに、無茶して夢を追えるほど、あたしは自由な立場にいないんだ。
そんなの覚悟の上だよ。

その1(続き) 

April 19 [Wed], 2006, 10:52
でも、あの新卒で4月に入ったって人、やばかったな。
まだ2週間しか働いてないくせに、やたら詳しいし、ボロがでない。しゃべりが美しい。むしろ、誰よりも。
あれで、「すごいや。」という気持ちと同時に、息が詰まった。

これは自分自身の問題なのかな。
輝いているものを見ると、
自分には到底届かない気がしてしまう。

つまり、会社は、未熟な私の面倒は見てくれないということだ。

まず、あれだけの気持ちが必要。
そうおもうと、
何十社も選考に挑む意味ってあるのだろうか。

やはり、わからない。
とにかくあたしは、あたしの好きな会社へ。
しっかり、自分の想いを伝えよう。

息苦しいと感じるなら、それは私と合っていないのだ。
・・・でも何でだろう。M社の説明会のあとから、なんだか苦しい。
すごく素敵な会社なのだろうと思った。

そしてそれに似つかわしくない自分が とてもいやだった

企業研究その1 

April 19 [Wed], 2006, 10:15
昨日説明会に行ったM社。

イメージ。
頭良さそう・・・。
人事の人らの口調でわかる。
そしてかなりハードそう。
しかし、自分の好きな仕事ができるのは、楽しそう。

がしかし、実現したい夢がある人!と言われても、困る。

社員の人たちが起業するのが夢だと言っていた。
「2、3時間は語れちゃう。」
就職活動で一番最初に行ったセミナーのA社を思い出す。
なぜ、みんな夢を何時間でも語れるというのだろう。
まだ未知な学生にそんなプレッシャーを与えないでほしい。

世の中は、よくわからない。
ニートと呼ばれる人たちがいる一方で、
社会人をエンジョイしまくってる人たちがいる・・・ということなのだろうか。

本当にそんなに楽しいのかなぁ。
いいとこばかり言っているのか。
でもそんなふうには見えない。
でも、何もかも、完璧すぎる。
あたしには届かない世界だ。

人事の人が、あるいはトップの人が、少し片言に話すが、しかし想いは強い。
そのくらいのほうが、私にとってはリアルである。

世の中に求められる人材は、
なんだか、きれいすぎて、立派すぎて、どうも息が苦しくなる。
それに自分が応えられるのか、
そんなことを考えてる間に、社会人になるのが怖くなる。

甘えたことは言っていられない。しかし、学生は甘えて過ごしてきた。
そんなことない人たちのが多いのか?
私は少数派なのか?
でも、少なからず私の友達は皆、苦悩している。

嘘とは思わない。
それだけやりがいのある仕事がゴロゴロと転がっているのだろう。

自滅・・・ 

March 19 [Sun], 2006, 13:24
そうかぁ。そうだったのかぁ。

なんてひどいミス。。


あたしは 「卒業見込み 不合格」 とされた。


何で気づかなかったんだろう。
必修を最初から落として4年でとる予定を立てていた私・・・。

それが、卒業の見込まれないことを、昨日成績表が届き、知った。

これは、もしかすると・・・


あたしは、就職できるのだろうか?

したくても、する資格がないことになるのかなぁ。
証明書が発行できない。

こんなミス、誰がするんだろう。

知ってたら、後回しになんてしなかったよなぁ。。。

フリーターへの道へまた一歩。
はぁ。
本気でフリーターでいいと思っていたら、こんなこと書かない。

あたし、就職したいのに。





私は 就職活動が まともにできない大学3年生 

March 17 [Fri], 2006, 18:50
ここには、しばらく私の私生活そのものの 就職活動について書いている。
が、しかし、
普通の就活生ではないので、あまり参考にならない。

言ってしまえば、最悪、この日記は、春、フリーターを決意するまでの経緯を詳しく説明したブログになる可能性だってある・・・(泣)

でも、絶対こんな気持ちの学生っているよ。
まともに 就職考えて まともに自己分析やSPIできてる人なんて、・・・はぁ、結構いそう。。

就活サイトを見ると、
この時期は自己分析を死ぬほどやった!
だとか、
ほぼ毎日のように会社説明会や選考に行った!
などなど。
今の私が出遅れていることが確実なコメントが多々。


そう思うたび自分が嫌になってく。
たった履歴書一枚、これがなぜか書けない。

こんな思いをした人っているのかな。
履歴書。ずっと避けてきた。たったあれだけの文章なのに、思いつかない。

今日は、誰が聞いてもびっくりするだろうけど
その履歴書一枚に、企業の選考に行かなかった。

グループディスカッションだったのに。
あたしそうゆーの得意なんだけどな。

大学で力を注いだこと。
大学以外で力を注いだこと。
自分の特徴。
などなど、どうしても書けない。

まず大学生活であたしが力を入れたことがない。

どれをとっても、自慢できるようなことはない。


でももう書かなくては本当に 未来のフリーター大決定だ。

しっかりしよう。

ここでやめてしまったら

何かが変わってしまうから。

自分の馬鹿さに腹が立つ。 

March 13 [Mon], 2006, 20:02
今日は、大本命の企業の一次選考。

昨日徹夜でつくったプレゼンを持って向かった。


今までにないほど、頭がいかれていた。
まず、プレゼンの最後の結論がどんなに考えても出てこないところ。
これには焦った。
電車の中でも考えて、考えて なんとかまとまって。

本番。

3分間のプレゼンが、15秒くらい前に終わってしまった。。

何度も時間を計って練習したのに、本番に緊張して、早口になった。
そして、ものすごく 気持ちの入らないプレゼンだったと思う。

昔から、何度も、発表の機会ってあって、
でもあたしはびっくりするほど緊張したことがなかった。

それが最近、徐々に赤面症になり、言葉に感情が入れられないほど、緊張するさまだ。

なんだか普通だな。あたしって何にも特別じゃないことに最近気がつく。


だから努力しなきゃ人の上にでることなんてできないのに。

履歴書を書く時間があった。
ひどかった。
なにを 思ったらあんな馬鹿な履歴書がかけるんだろう。。

あたしって 本当に 馬鹿なんだなぁ。

そう思ったのは、今日が初めてだった。


平和ボケで、済まされるのも、学生のうちだけなんだと気づいた。
そして自分がどれだけ平和ボケしてたのかも。

穴があったら入りたい。

そんな気持ちだ。


だってこれは本命の試験。

あたしは、一体何をしてたのかな。あたしは、自分らしく就活したかったのに。

なんか、信じたくないけど

あれは確実に落ちるわ。

やっぱり夢みたかっただけなのかなぁ。

課題。 

March 11 [Sat], 2006, 3:10
とかいろいろ言ってもだね。
あたしのいけない癖は 頭だけが先行すること。

あたしはありえないことに、履歴書も書いてないし、自己PRは、いつも違うこと書いてる。
普通用意するんだってね、あらかじめこんなこと書く、みたいな文章。
それを考えなきゃなのに、ほら、いつもやらずじまい。


でも、性格診断は自分でやってね、
自分が結構どこの要素も持っていて、どこにも属さないってこともわかった。

内向的だと思っていたのに、
外向的度が高かったり。
結構予想はいい意味で裏切られる。

自分で思っているほど、ダメな人間でもないのかもと思う。
自分がどんな性格かって、じつは結構他人評価が影響しているのかも。

何か注意されたり、こうだって言われたり、そうなんだって気づかされることも多いけれど、
でも意外と、人ってそんなに一言で言えるような性格してないんだよね。

こうゆう部分があって、でも、こんな部分も隠し持ってる。
捉え方は人それぞれ。

だから、自分で自分をこうだからダメ、なんて思わないようにした。

外向的であると診断されて、少しほっとしている。
今では、なかなか人付き合いが苦手だけれど
よ〜く考えたら昔から、初対面の人とよく平気で話してた。

いろんな先入観が自分の中にある。

一つ一つ、決めつけたりしないで もっと可能性を考えてみようと思う。

きっと、もっと新しい発見がある。
P R
2006年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:g-founde
読者になる
Yapme!一覧
読者になる