ほのかとベアトリクス

August 03 [Wed], 2016, 11:33
異業種に職業を転じるのは大変なイメージが強いですが、現実はどうなのでしょうか?結論としていうと異なる業種への転職は簡単ではありません。


経験者と未経験者の2人から選ぶ場合、採用担当者は経験者を選ぶことが多いです。

ただ、必ず無理だというわけではないので、頑張り次第では転職ができることもあると思われます。
転職に有利な資格を取得しておくと、いざという時にも心配しなくて済みますね。そのような資格の例をあげると、TOEICがあります。
TOEICとは、自己の英語能力を証明する資格のことを言います。グローバル化が進んでいる今日、一定の基準を満たす英語力を有する人材を求める企業がとても多くなってきました。

どのような業界でも、英語に長けた人材を求めているため、転職する場合にとても有利な資格だといえます。実際に、転職にいいといわれる月は、多くの会社が3月や9月頃に求人を募集します。2年以上同じ職場で働いていれば、すぐに辞めるだろうという悪いイメージを与えないでしょう。


職種の希望がある場合、習慣的に求人情報を確認して、条件に合う募集があるとすぐに応募するといいですね。欠員が出た時だけ募集をする職場だと、いい時機を逃しがちになることもあります。

転職エージェントでは転職したい人に対して、その人が希望する条件に該当する求人情報を提供してくれます。
取り扱っている求人情報が比較的多いため、自分の希望通りの仕事に就職できる可能性が高いです。ハローワークや求人雑誌などでは見られないような非公開求人情報もあるので、より希望に沿った仕事に就職できるかもしれません。たとえばUターン転職をするとしたとき、希望する地域の求人情報を得るのにひと苦労するかもしれません。でも、転職サイトを使ってみたり転職アプリを試してみれば、目指す地方の求人情報を容易に見つけられますし、応募まで済ませてしまうことができるようになります。

たくさんの求人情報からあなたにふさわしい転職先と巡り合えるように、活用できるツールであればなんだって積極的に利用しましょう。

転職の履歴書中に前職の会社名や勤務年数などのシンプルな経歴を書くのみでは、それを読む採用担当の方に今まで頑張ってきた仕事をわかってもらえません。

どんな部署でどのような仕事をしてきて、どういった成果を残したのかや技術を身につけたなどの説明を加えることで、人事担当者の目に留まりやすくなるでしょう。リスクが少ないだけでなく、マイナスイメージがないというのが、転職理由を考える時に最大の重要事項となります。人間関係や待遇への不満が要因となって会社を辞める人もよく見かけますが、対人関係で失敗したのは本人に問題があるためだと人事側は考えてしまうので、結局は、あなたの第一印象が悪いものになるでしょう。転職をすると、お祝い金がもらえる転職サービスがありますが、お祝い金をもらえるとしても、全てが一度で支払われるのではなくて、一年十二回の分割で振込みがある場合が多くて、転職費用の足しにはなりません。

お祝い金制度を採用していない転職サービスの方が、良質の求人情報を集めていたり、面接にも通りやすいといったこともあるでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:柚奈
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fyt0lhwrgpeeai/index1_0.rdf