偏頭痛と食育
2008.03.10 [Mon] 13:14

10年以上愛用してボロボロの状態です。毎年入学シーズンになると本屋の店頭に弁当本が沢山並びますが、どれを買おうかお悩みなら、この本をお薦めします。お弁当本の決定打、中身の充実ぶりがスゴイです。 主菜は牛肉・豚肉・魚etc.といった素材別、またツナや鮭缶etc.といった加工品をうまく使ったおかず、副菜は緑や赤のおかずとして野菜のおかず、その他にも「常備菜」や「もう一品ほしいときのおかず」なども紹介されていて、まさに痒いところに手が届くような懇切丁寧な構成。 お弁当作りは前夜の食卓の延長線的な部分が大きいので、毎日の食事の内容を考える上でも大変に役立っています。お弁当作ってウン十年のエキスパートの方たちの体験談などもあり、その部分も大いに刺激を受けました。使われている弁当箱も食器もどこの家庭にもある普通のものが使用されていて、その部分も好感が持てました。派手さは全くありませんが、地に足をつけた料理本だと思います。