ニュースの文章に踊らされる人々

May 08 [Tue], 2012, 15:10
名嵩ケで3台絡む事故5人死傷mediaid4事故現場付近の写真を見ると、片側4車線道路。
画像でも左から3車線目を走る大型貨物が写っているが、本来大型貨物の高速での制限速度は80kmhなのだから追い越しが出来る状況出なければ右車線に出る必要などないはずだ。
そして、前方で乗用車2台の事故が発生してからドライバーが路上に出てきて会話を始めるまで少なく見積もっても30秒はかかるだろう。
後から突っ込んだトラックが制限速度の80kmhで走行していたとして、乗用車の事故発生時には少なくとも650m以上後方にいたことになる。
仮に、650m後方で一番左側の車線を走っていたなら30秒間の間に車線変更を3回行い追突であるが、1回の車線変更で220mほどの走行距離である。
追い越す乗用車4m、大型トラック10mの長さでトラックが80kmhの速度だった場合に乗用車の時速が何キロであったか計算してみたところ、約76kmhとなる。
4kmの差で追いこしする理由がいまいちわからない。
さらに、同様の追い越しをあと2度繰り返し一番右側の車線まで出て追突となると、都合よく76km以下で走る乗用車が3車線ふさいでいて追い越しをしようとしたところ追突してしまったと言うのはいささか無理があると思われる。
もちろん650m手前にいたと言うのは乗用車2台のドライバーが路上に出てきて会話を始めるまでの時間の仮定に成り立つ話であるが、逆に会話を始めて1分2分経過していたのであれば、トラックはもっと後方である。
前方を走る車の挙動で異変に気がつき安全運転することも出来たのではないかまた、乗用車2台の事故の飛散物を回避していたために一番右の車線まで出た可能性についても少なく見積もっても650m手前におり事故現場まで30秒の時間を有する。
交通量が多ければ飛散物で前方の車の挙動がおかしいであろうし、交通量が少ないのであれば、そもそも一番左車線を走っていて前方の事故車両に追突する理由がないし、事故車両の発見も容易である。
夜間とは言え現場は片側4車線の直線であり、渡部みなみ少なくとも30秒以上前に発生し、停車している事故車両に気がつかない運転と言うのは漫然運転や居眠り運転、もしくは速度超過での急な車線変更があったのではないだろうかmixiに掲載されているニュース記事では名錐qャの大津市となっていて大津PAがあるため、土地勘のある人は大津京都の間のトンネルなどのある事故の多い区間での発生と勘違いしてないだろうか事故現場をよく見てほしい。
トラックドライバーが無過失で突っ込んだとは言いにくいと思う。
もちろん、乗用車のドライバーも事故後停車して長時間路上で会話していたのであれば、過失は大きいと思うが仮に事故で停車してからすぐに路上に出てきたところに突っ込んだのであれば、路側帯や中央分離帯に非難する途中であったとも言えるため過失と言うにはあまりに無理がある。
どのくらいの時間会話していたか情報がなく、事故現場の正確な情報も持たないままニュースの文面に踊らされて乗用車ドライバー、いわゆるサンデードラーバーの過失のみを責め立てトラックドライバーに過失はないという日記がほとんどだが、もう一度よく考えてほしい。
マスコミは影響力が大きいが、記事や報道を見て個人が感じることについてはなんら無責任だ。
事実に反していなければ報道する側の思想考え方が反映されている記事でもいいのだ。
文章に踊らされて事実を見ずに自分の考えと思い込まされ、その実マスコミの思想を植えつけられているということに気がつくべきだと思う。
なお、トラックドライバーにも過失はあるが先の事故の当事者である乗用車事故のドライバーにも過失は十分あるのは理解している。
トラックドライバーに過失が無いような日記散見されるため、書いた人たちに対する反ナある。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fyd27wcbb2
読者になる
2012年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fyd27wcbb2/index1_0.rdf