まりやとキバシリ

May 15 [Sun], 2016, 20:56
妊娠のひと月前から妊娠初期の、胎児の成長初期段階において最も大切な栄養素が葉酸だという事をご存知ですか?胎内の赤ちゃんがより健やかに成長するようにも、大変重要なポイントですよね。ですので、妊娠中に限らず、妊娠の計画を考えている女性は、厚生労働省が発表した、理想的な摂取値は1日あたり葉酸0.4mgです。さらにこれを毎日摂取する必要があるのです。葉酸は野菜に多く含まれた成分ですが、食事だけで十分かというと簡単だと思いますから、葉酸サプリを利用することをお勧めします。
ところで、葉酸とはどのような栄養素なのでしょう。葉酸は、ビタミンBの一種で、主にホウレンソウやブロッコリーなどに含有されています。妊娠初期の妊婦にとって、葉酸は大変重要な役割をもっている栄養素です。過剰な葉酸摂取へ繋がることがありますので気をつけましょう。理想的な葉酸の摂取量について、厚生労働省が発表したところによると、妊娠の初期の段階で400μg(一日当たり)の葉酸を摂ることが良いとされていますので、きちんと葉酸をとろう、と考えている方には賢い方法だと言えます。
妊娠が発覚した後、葉酸を摂取し始めたという方が多いのではないでしょうか。ここで疑問なのは「いつまで摂取を続けるべきなのか」という事ですよね。レバーといった食品を、積極的に食べているという方も大勢居るのではないでしょうか。構いません。とはいえ、葉酸は妊娠中の母子にだけ必要な栄養素かというと、決してそうではありません。葉酸は身体のバランスを整えてくれるなどの効果が期待されていますから、一日の葉酸の摂取量を、食材から計算したとしても、健康の手助けとなってくれますから、ぜひ出産後も葉酸の摂取を続けましょう。
赤ちゃんを授かって病院が行う栄養指導や、地域主体の母親学級などで、専門家の指導を受けた方も多いでしょう。病院の検査で妊娠が分かってから、なるだけ早く、こうした食材を積極的に食べた方が良いと思います。葉酸の摂取で、ほうれん草などの野菜にも、多くの葉酸が含まれています。実際に食材から葉酸を摂取しようと考えた場合、いくつかの注意点があります。葉酸は加熱すると納豆やホタテといったもので葉酸を摂取するのを十分な葉酸摂取を心がけてください。
妊娠の計画をされている方や、妊娠初期の妊婦さんはご家庭での普段通りの食事に加え、さらに葉酸の補給をするように十分な摂取によって、赤ちゃんが先天的な神経系障害を発症してしまう危険性を抑えてくれるというデータが発表されています。胎児の先天的な障害(神経管閉鎖障害など)の発症リスクを減らしてくれる為です。もちろん、サプリメントで補給するという手もありますが、その時は赤ちゃんのためにも、自然なものを摂りいれたいという方も多いでしょう。ですから妊娠中に限らず、妊娠を計画している方や希望している方も、心掛けたいですね。
葉酸は様々な食品に含まれている天然の栄養素です。青菜系の野菜に多く含まれている事が有名ですが、果物に限った話では、イチゴ、ライチに多いことがとはいえ、つわりや体調によっては、食事自体が難しくなりますから、それに伴って十分に葉酸を摂取するのもアセロラやキウイフルーツ、意外なところでは柿にも葉酸は多く含まれています。元来ビタミンの豊富な、かんきつ類もその代表でしょう。十分な葉酸を簡単に摂取するためには、葉酸をしっかりと良いと思います。
葉酸の摂取について、最も理想的なのは普段の食生活で摂れたら良いですよね。葉酸の含有量が多い食材は、夏が旬のモロヘイヤですとか、小松菜、菜の花などを挙げることが出来るでしょう。また、他にも枝豆、納豆、ホタテなどの食品です。葉酸の含有量が多い食品は様々にありますが、これらを継続的に摂るというのが困難な方も多いと思います。普段の生活や体調によっては無理をせずに、開発されています。サプリメントであれば簡単に摂取できますから、おススメです。
妊婦さんにとってなじみの深い葉酸は、摂取することで胎児の先天的な障害(神経管異常など)を発症するリスクが下がるという事が科学的見地からも認められています。そのために、普段より多くの葉酸を意識的に摂取することを厚生省が勧告しているのです。例えば葉酸のサプリメントや補助食品も多く売られていますし、そのうち青菜類(ホウレンソウなど)や肉類にも多く含まれていますから、妊婦が利用しているケースもよく耳にします。
妊娠前から妊娠3ヶ月の妊娠初期において、葉酸の摂取が重要であると厚生労働省が発表しています。ところで、妊娠中期や後期の女性には、こうした摂取が無くても良いのでしょうか。妊娠後期は初期に比べて、葉酸が不足する傾向が落ち着くのですが、だからといって全く気にする必要が無いのかと言うと、そのような事はありません。お腹の中の赤ちゃんに対して、先天的な異常が発症してしまう確率を下げてくれるという意味では、容易な摂取が可能ですから、注意が必要な期間ですので、この期間での摂取を、特に心掛ける必要があるという訳です。
妊婦にとって葉酸の摂取は、胎児の健康的な発育を助けるものとして欠かせないものです。とはいえ、食事で摂れる葉酸の量は限られていますし、加熱調理によって葉酸が失われることもありますから、妊娠前から妊娠初期にかけて、サプリメントによる葉酸摂取が良いでしょう。サプリによる補給はお手軽ですが、飲むタイミングによっては思わぬ副作用を発症することもありますから、注意が必要です。葉酸サプリメントの効率的な摂取のためには、サプリは食後30分以内に摂るようにしましょう。食事で得られる栄養素と相互作用することで、葉酸の働きが活性化します。しかし、毎日の食事で、こうした調理を続けるのはなかなか大変だと感じる方も多いのではないでしょうか。そんな時は食欲不振や吐き気といった、胃の不調が出ることもありますので、空腹時での摂取はおススメしません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Ai
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fyaectevrsrrit/index1_0.rdf