すっかりご無沙汰です。 

May 30 [Fri], 2014, 10:08

 ご無沙汰しているブログに気づきました。
もう、2年以上書き込みをしていません。mixiからfacebookへと主体が変わっていったからです。

久しぶりに過去の日記をみて自分を振り返ることが出来ました。
こちらは、心情を中心に書いてきたので読んでいて考えさせられます。

会社勤務が一段落して、ホームページをリニュアルする必要を感じています。
なかなか取り組めませんが、そろそろ着手したいと思います。

差別を生み出す私 

July 31 [Tue], 2012, 8:12
どこを説明してるのですか?

強い語気で最前列に座っていた視覚障害者が言いました。五百人近い総会でのことです。

司会者が総会資料をページを追って説明していますが、

配布された墨字のページ番号しか言わないから、視覚障害者は、点字資料のページ番号がわからないのです。

合理的配慮がかけていた象徴的な事例です。

また、脳性マヒがあり言語障害をもつ方の発言を、わかりやすく復唱通訳するのはよいのですが、


発言者と通訳者の言葉が重なってしまって、視覚障害者が聞き取りにくい状態がありました。

これら、障害者の情報ギャップ解消は最優先で取り組むべきことだと思います。

意志疎通の基本的なツールが出来ていないと、すべてに努力に前進はありませんね。

考えるだけでなく、きちっと実践していきます。

感謝を込めていただく 

July 31 [Tue], 2012, 6:53
私は勤め先で、食育委員をしていますから、様々なイベントを行います。

今年も大阪ガスさんとコラボで地域の親子料理教室を開催しました。

料理が出来上がって、全員で食事をするときに、いつも合掌をします。
下記のコメントをつけ加えます。

いただきます編
さあ、美味しい米粉ピザができあがりました。

これから、全員でいただきますをしましょう。皆さん食事をするときに、きちっと「いただきます」をしていますか?

わかっていても省略していませんか?
いただきますって、どんな意味があるのでしょう。ビザやスープが冷めない間に考えてみましょう。

今日、私たちが料理をした食材には、各々に命がありますね?

例えばビザのトッピングに使ったソーセージは豚、他にも牛乳やバターは牛、玉子は鶏、お米、野菜など、そのように家畜、穀物、野菜など大切な命をいただいて、私たちは食事ができるのですね。

各々に育てるために大変なことが苦労があったでしょう。

でも、私たちが生きるために日常的に当たり前のように、それらの命をいただいています。

わかりますね。
私たちは感謝の気持ちを込めていただかなければなりません。ご一緒にいただきますをしましょう。
「いただきます」

ごちそうさま編
美味しかったですね。自分たちで作ったから普段と味わいが違うでしょう。


さて、食事が終わったら、「ごちそうさま」をしますね。皆さんこれはどんな気持ちでしますか?

私はね、家畜や穀物、野菜を一所懸命育ててくれた方、産地から私たちの町に運んでくれた方、お店で親切に販売してくれた方、
そして、いつも心を込めて料理を作ってくださる方に、感謝を込めて、ごちそうさまをします。

さあ、一緒にしましょう。「ごちそうさま」

今のマンションに住んで29年です。 

June 14 [Thu], 2012, 0:08
昨晩は同じマンションに住む方で、
私が数少ないお付きあいの出来る方と自宅近くの居酒屋で飲みました。
私の家族は、妻子ともども家族付き合いをしている仲のよい家族どうしです。

今回、一緒にお酒を飲んだ旦那さんは、長距離通勤が同じ方向で、
今もたまに出会って話しをする機会があります。

年令も近く話題があいます。居酒屋では様々な話をしました。
今月から担当になったマンションの管理組合理事の話し、
家族の話し、家族に多いので医療関係の話しなどです。

娘たちもそれぞれ仲がよく、今でも交流がありますので、
子どもの話しも話題がつきません。

懐かしい話しも出てきました。お互い夫婦連れだってスナックで飲んだこと(20年以上前のことです)。
そしてマンションのハイキング会での出来事など・・・・・・・。

このレクレーションの出来事は私の自慢話になってしまいます。
それでもご紹介致します。

マンションで家族ハイキング会がありました。
そしてマンションを出発してすぐの話しです。
私と三女が一緒に歩いていると、前の方で自転車に乗った少女がフラフラとし、
あっという間に2m以上ある深く広い側溝(ドブ川)に自転車ごと堕ちたのです。

私が急いで溝に走っていき、真黒なドブに胸までつかって
少女を助けだしました。
無我夢中というか、普段まずないであろう正義感が出たのです。
三女やマンションの皆さんの前でいいかっこしたかったのかもしれません。

幸い少女は怪我がなく、重い少女を上にいる人たちに持ち上げ
道路の上まで押し上げました。
私も少女も体中が真黒で顔も泥まみれです。

少女を押し上げ、今度は私がドブから出ようと道路に向けて手を上げました。
自力では上がれない深さです。

でも、誰も上にいなかったことを覚えています。
少女の方に皆さん目がいっていたのですね。
私は引っ張ってと悲痛に叫んだのを覚えています。

少女は近くにあった親切なお宅でお風呂に入れてもらったのです。
私は自宅に帰りお風呂に入りました。
三女はそのまま皆さんとハイキングを続けたのでした。

後から私が皆さんに追いつき、公園でお昼の弁当を食べることになりました。
私と三女は、妻がつくってくれたお弁当を食べていたと思いますが、
その時に、今回一緒に居酒屋へ行った旦那さんの家族に声をかけられました。
奥さまからもやさしく声をかけられ、美味しい果物などをいただいた記憶があります。これも20年以上前の話しです。

私はあまりその家族をよく知りませんでしたが、妻とお互いの3人の子どもたちが、それぞれ仲よくしていたのでした。そんな恵まれた縁があったのです。

その時の話しをお互い思い出して酒の肴にしました。

楽しいお酒の時間でした。
でも、旦那さんの奥さまは、その後に体調を崩し長い闘病生活の後に一昨年亡くなられました。
私は奥さまの話しをどう話題にするかずっと迷っていました。
先ほどの昼食時にやさしくしてもらったことを、なつかしくお話ししました。

私の妻から聞いていました。旦那さん家族は奥さんの闘病中、
ご家族が毎日欠かさず遠く大阪市の病院まで交代で看病に行っていたことを。
旦那さんも警察官という大変な職業にも関わらず献身的に看病されたことを。
本当に素晴らしい家族だと知らされていました。
想像ができます。

そんな家族と我が家族が仲良くできていることを幸せに思います。
本当にありがとうございます。


43年になります。 

May 15 [Tue], 2012, 7:46
母校洛東高校の同窓会がありました。学年商業科合同でした。

年賀状で確認が出来ている友人は親近感を保っていますが、卒業以来という方がたくさんおられました。

私の組も参加者が3割程度でしたから寂しい気持ちもありました。


特に仲が良かった3人と会えたことはラッキーでした。

彼らとも30年ぶりでした。毎年同窓会をやろうと年賀状に書いていましたが、書くだけになっていました。

長くは話せませんでしたが、三次会までの七時間、昔の感触が戻っていきました。

参加出来なかった方々の情報も聞き、それぞれの人生を思いめぐらせました。

若い時の個人的な印象が消えないのか、皆さんと話していると、学生時代に語り合った同様の話題になることが不思議でした。

長い空白を解消しようとするのでしょうが、人生観について触れると、お互いほとんど今も変わっていないと思いました。


実際は、ギャップとストレスを抱えて生きてきたわけで、それを精一杯語ることに意味を見いだしたのかもしれません。


あの頃と同じでいてほしいという期待が聞き手としても強いのかもしれません。


今さら自分の生き方に問いかける気持ちはありませんが、いつになく飲みすぎました。

福島ー沖縄 いのちの話&ライブ 

February 15 [Wed], 2012, 8:04

皆さまへのご案内です。ぜひ、時間を作ってご来場ください。


境内アトラクションと1部は無料です。


2部と3部の前売券が必要な方は、私にご連絡ください。 

fxmichandeesu56@ezweb.ne.jp

福島ー沖縄 いのちの話&ライブが開催されます。

1.日時
2012年3月4日(日)
11時〜16時40分

2.場所
大阪府高槻市本澄寺(阪急上牧駅下車)

3.プログラム

1部,原発・震災避難者交流会誰でも参加できます。
2部,いのちのライブ海勢頭豊バンド(沖縄)

3部,いのちのを守る話「内部被爆って危険なの?」林敬次医師(小児科医 医療問題研究会)

■楽しい境内アトラクション(11時〜13時)無料 
エイサー、唄三線、琉球舞踏、バンドなど多数出演

沖縄物産、自然食品、フリマ、共同作業所のお店など模擬店も募集中

4.料金
1部の交流会及び境内アトラクションは無料

前売は、一般2000円、障がい者1500円、シルバー1500円中高生以下1000円、非正規労働者1000円、被災者・避難者500円

当日券は、前売りの500円増

チケット収益金は食品の放射能検査を市民レベルで行なうための「放射能市民測定所」設立のためのカンパとします。

5.主催
映画GAMA・MABUI上映高槻・島本実行委員会、放射能を測定し市民の安全を求める北摂の会、放射能から子どもを守る会・高槻 

6.その他
会場本澄寺(ほんちょうじ)高槻市上牧町 2−6−31072-669-1897

被災地岩手県沿岸部を訪問(悲しみは雪に眠る) 

January 24 [Tue], 2012, 7:44

東日本大震災後 はや11ヶ月を経過しました。
昨年6月と9月に宮城県をまわりましたが、
今回は初めて岩手県を訪問しました。

金曜日の夜に、伊丹から羽田に向かい、
23時前に上野を夜行バスで発ち、翌朝7時に
岩手県釜石市に到着しました。

カ障連の地区会長さんが車で迎えに来てくれました。
終日車で、釜石・大槌・大船渡を案内していただきました。
80代の先輩との車内での会話は勉強になりました。 












釜石は一面雪景色でした。
快晴で被災地の様相が見えませんでした。
でも、良く見るとあるべき場所に建物がない、
あっても2階部分を超えて津波に壊されている、など
被害が見えてきました。
悲しみは雪に眠るのようです。












カトリック釜石教会 カリタスジャパン釜石支援ベースがあります。
ボランティアの方がたくさん詰めておられました。
各仮設住宅をまわっておられます。
傾聴ボランティアの講習会もおこなっておられました。








その後、大槌町に行きました。
役場が被害にあい、町長他、役場の職員がたくさん行方不明になった町です。
行政機能はマヒし、全国から自治体の職員が交代で応援にかけつけていました。
でも、復旧は遅れて復興の目処はたちません。
他市町村より3ケ月は復旧が遅れているようです。
流された車のガソリンが引火して建物火災もかなりあったようです、













カトリック長崎管区がカリタスジャパン大槌支援ベースを作っています。
何もない場所ですが、5階建てのビジネスホテルを借り
津波被害にあった3階までを改装して
全館ボランティア基地に生まれかわっています。

ただ、買い物のお店がないこと、
先の地震で堤防がなく
今度、津波がくれば一目散に高台に逃げないと命の保証はないとのこと、
リスクと背中合わせでボランティア活動を確保されている状態です。
でも、長崎から来ておられる皆さんは輝いてました。














再び引き返し、釜石をとおって大船渡にむかいました。






釜石の港は地盤沈下が激しいようです。
写真は津波時に巨大な船が岸壁にぶつかってできた跡です。
東北の港はどの町へ行っても壊滅状態です。



カトリック大船渡教会高台で被害は免れましたが、町は壊滅状態です。
来月11日には慰霊ミサに大阪堺教会信徒が行くようです。






カトリック大阪管区が設置したカリタスジャパン大船渡支援ベース
ゆくゆくは地元公民館として利用されます。
大船渡では、まだ家のガレキ撤去・泥だしなどの作業があるようです。
ここもボランティアの方々がキラキラ輝いています。
二段ベットは身障者も使えるようになっています。









支援ベースの前のお宅は津波で亡くなられた方がおられるとのことです。



帰りは、開通しているJRで帰りました。花巻・北上などを経由して帰ります。
バスはやはり便利ですね。楽チンです。






まだまだ、被災地支援を継続しなければならない状態です。
行政の対応が遅くて住民の方が動けないということもあります。
新しい生活基盤を築けないという不安がますます高まっています。
私たちはこれからどのような支援ができるか
もう一度考えてみたいと思います。

私は祈ることしかできませんが
これからも何度も現地へ行きたいと思います。

今年もよろしくお願いいたします。 

January 02 [Mon], 2012, 0:10
 最近はmixiの方に日記や写真を載せるようになって
こちらのブログはご無沙汰です。ホームページも開店休業状態です。

元旦も終わって2日になりました。
11月三女の結婚で子ども4人がすべて家庭をもちました。
元旦は初めて夫婦2人の時間になりました。
さびしいような 若いころにかえったような新鮮な気持ちでした。

元旦は年賀状作成で時間をとりました。
先月は会議や出張が多く、仕事が忙しくて年賀状に意識がまわらなかったことと
先の大震災でおめでとうという言葉がでなかったこともあります。
でも、なんとか年賀状を作成しました。


昨年は私にとって大きな変化をもった一年でした。

正月からいきなり叔父が亡くなり、
そして元上司常務と静岡時代の職場の大先輩が亡くなりました。 

1月は、飛騨へ旅行をしました。
義兄法事がありました。
2月は、韓国ソウルへ旅行をしました。
部下の定年退職がありました。 
高校オフ会を開催しました。
3月は、東日本大震災発生、未曾有の惨事となりました。
義父法事がありました。 
4月〜5月は、震災対応に業務が集中しました。   
6月に、障害者グループ フレンドリーの代表になりました。
カ障連会長葬儀(東京)がありました。
初めて東北被災地を訪問 (かなりショックでした)
高校オフ会を開催しました。
7月には、NPO食育ステーション料理教室の審査員をしました。
大阪ガスとの食育コラボも行ないました。
8月は、甲信越へ旅行をしました。
9月は和歌山台風被害でフレンドリーの1泊旅行を中止。
2度目の東北被災地訪問。(感情をコントロールできませんでした)
父三回忌がありました。
10月は、大阪うまいもん市に出展しました。
京都工場OB会に参加しました。
11月は、カ障連東京研修会に参加しました。
高槻食育フェアー出展しました。
震災研修会を開催しました。
高校オフ会を開催しました。
12月に、高山右近列福推進委員になりました。
白浜の温泉に行きました。

フレンドリー役員会及びオリーブの会(精神・知的障害者の会)例会が毎月ありました。


仕事に関してはあまり書けませんが、かなり激動の日々でした。
定年後の方が忙しいと思うほどです。
NPO関係では、ファシリテーション協会、事業継続推進機構会合、BIA研究会に毎月出席しました。

楽しいこともありました。MIXIの友人たちと何度かご一緒できました。  
姉のライブコンサートにも度々参加しました。
そして、三女の結婚(11月)は大きなイベントでした。
        
参加する行事が多すぎて、十分な活動になっていないと反省しています。
それでも、還暦をすぎた今、日々が人生と実感することが多くなりました。

震災の痛ましい出来事が辛い思いとして残っていますが、
犠牲者に思いを馳せ、きちっと胸に刻んで行きたいと思います。

皆さん、今年もよろしくお願いいたします。


東日本大震災から6ヶ月 巡礼とミーティングに被災地へ行きました。 

October 16 [Sun], 2011, 18:32
2011年9月 東日本大震災より6ヶ月を経過した東北被災地を訪問しました。
前回、6月に行ってから3ヶ月を経過しています。

気仙沼、南三陸、女川、石巻、塩釜、仙台と前回に続き復旧状況を確認し、
現地のボランティア関係者とミーティングを持ちました。

実感したことは、半年を経過しても被害の実態は変わらず、被災者の窮地は変わっていないということです。

私が泊まった南三陸の宿泊先では、
全国の警察官が行方不明者の捜索に宿泊し (兵庫県警のパトカーが30台以上駐車)、
更にはボランティアのグループがたくさん泊まっていました。
ホテルから灯り一つない町並みが見えていたのは悲しく印象的でした。

私たちが身近に何ができるか、それらの方法と輪づくりを進めていきたいですね。



初めに宮城県のカトリック築館教会へ行きました。
池田神父さまに会うためです。


小さくきれいな聖堂です。


現地で救援を続けられる池田神父さまから被災地の情報をいただきました。持病があり、自炊している池田神父さまの健康状態も心配でした。11月6日に大阪で開催する障害者と災害の研修会講師をお願いしました。


救援サポートセンター米川ベースがあるカトリック米川教会へ行きました。


キリシタン史跡がある米川です。


次にカトリック気仙沼教会を訪問しました。
ここは津波被害が大きい地域ですが、教会は高台にあり被災は軽度でした。




教会の高台を降りると街は津波の被害が大きいです。1階はほとんど全滅です。






南三陸町へ行く途中で、一つの駅が津波被害で駅ごとなくなっている場所に行きました。


国道も寸断して旧街道を迂回します。


南三陸町では被害が少なかった海辺のホテルに泊まりました。


泊まったホテルはボランティグループと全国からの警察官がたくさん泊まっていました。


兵庫県警のパトカーが30台前後停まっていました。行方不明者の捜索です。


ホテルでの夜、壊滅的な津波被害にあった南三陸町中心街は真っ暗でした。
悲しい思いがしました。


津波は河川を通って、かなり山奥まで被害をもたらしました。


女川町 高台にある町立病院から市街を望む風景、何も残っていません。


カトリック石巻教会 救援ベースが街中に引っ越しました。


救援サポートセンター石巻べースです。津波被害で閉店となった焼肉屋を買い取りました。
ベース長とお話しをしました。精神面のケアーなど あらたな課題が次々と出ているようです。
センターには全国からたくさんのボランティアが来ておられます。


ボランティアの皆さんの宿泊場所


今日も避難所、仮設住宅などへ支援に出て行きます。


カトリック塩釜教会内 救援サポートセンター塩釜ベース


全国からのボランティアが寝泊まりしたいます。
大阪からの支援の輪が深いベースです。台風で再び被害が大きくでたようです。


カトリック塩釜教会聖堂


仙台市青葉区 カトリック元寺小路教会内にある カリタスジャパンサポートセンター




3ヶ月ぶりに訪問しましたが、忙しさは変わっていないようです。



カトリック元寺小路教会聖堂 地震で天井が落ちましたが修復中です。


仙台空港が3ヶ月前と見違えるように復旧したいました。



東京神田 親子丼の伊勢ろく 

September 01 [Thu], 2011, 19:45
東京神田駅西口商店街にある親子丼の伊勢ろくに
親子丼の食べ方が示されていました。
下記をごらんください。





どんぶりのふたを軽く開ける。
やげんぼりの七味唐辛子を少々三つ葉のまわりにさっとふりかけ
一度ふたを閉めて蒸します。


そのまま約3秒から5秒おいてもう一度ふたを開け
醤油と味醂のほのかなにおいをあじわいながらどんぶりにはしを入れます。


すみの方から卵をくずさないように、御飯と一緒に一口づつ口にはこびます。
二、三口食べたのち、香のものを口直しに軽くつまみます。


そのさいにけっして香のものを、どんぶりの上からふりかけたり、
卵と御飯をかき混ぜたりしないで召し上がって下さい。


以上が当店のおいしい親子丼をより美味しく食べるこつでございます。
伊勢ろく 店主


玄関の案内板にはこう書かれていました。

当店のやきとりは、
専用に放し飼いにして育てた若鶏肉
「特に四、五ヶ月のメス」のみ
自家でさばいたものだけをすべてそのままの状態で
供して頂いております。

若鶏本来のこくと旨みを味わって頂くために
あえてレモン汁と炭火等は使用しておりません。


また、行きたいです。
今度は焼き鳥もたべます。

誰か一緒に行きませんか?
2014年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像みぃちゃん
» 感謝を込めていただく (2012年08月03日)
アイコン画像honey
» 感謝を込めていただく (2012年08月03日)
アイコン画像みいちゃん
» 感謝を込めていただく (2012年08月01日)
アイコン画像みいちゃん
» 差別を生み出す私 (2012年08月01日)
アイコン画像ひろ
» 差別を生み出す私 (2012年08月01日)
アイコン画像ひろ
» 感謝を込めていただく (2012年08月01日)
アイコン画像yukino
» 今のマンションに住んで29年です。 (2012年06月21日)
アイコン画像みぃちゃん
» 今のマンションに住んで29年です。 (2012年06月19日)
アイコン画像yukino
» 今のマンションに住んで29年です。 (2012年06月18日)
アイコン画像みぃちゃん
» 今のマンションに住んで29年です。 (2012年06月17日)
最新トラックバック
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みぃちゃん
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:12月10日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:大阪府
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画-泣ける物語が好きです。
    ・旅行-お城見物には目がありません。
    ・読書-好きな作家は遠藤周作さん、三浦綾子さん、司馬遼太郎さん、金子みすゞさん、永井隆さん、星野富弘さんです。
読者になる
安心安全・環境にもやさしいおっさんです。 別に寂れたホームページがあります http://www.fxmichan.jp
Yapme!一覧
読者になる