【 更新情報 】

スポンサードリンク

FXの基礎知識 その1

FXと外貨預金の相違点



株、投資信託等の数ある投資方法の中で、今、最も注目を集め、実際に取引量が増大しているのが、FXと呼ばれているものです。FXというのは、1998年に外為法が改正されたことに端を発した取引方法です。これによって、それまで銀行にだけが行うことができた外国為替取引が一般の方にも行えるようになったのです。
「為替」「外貨」というとまず頭に浮かぶのが「外貨預金」ということになるでしょうが、実際には外貨預金とFX(外国為替証拠金取引)とは、似て非なるものなのです。「外貨預金」というのは、100万円を、とある銀行の口座に預金すると、100万円分のドルをはじめとする外貨を買うということになります。つまり、国内にいながらドルや、ユーロなどの外貨の口座を持って、外貨の値動きを見ていくことになります。例えば、1ドル100円だった相場が、1ドル105円という価格(円安ですね)になったなら、そこでドルを売って円を買うという行為を行います。ここで発生している差額(5%程度)の差益を手にするということになります。
それに対して、FXの場合はどうなるのかということですが、まず、ある証券会社に10万円を預けるとします。その10万円は担保として証券会社に保管されます。その代わりに、その証券会社から「200万円の取引を行う権利」を受け取ります。その、200万円というの枠の中で、円とドルをはじめとした外貨の売買ができるようになるのです。つまるところ、外貨預金の最大のメリットある貯蓄という点は得られないのですが、投資という観点では、担保の20倍という金額を動かせるという大きなメリットがあるということです。とにかく少ない金額で手軽に投資をはじめることができるのがFXだと考えてください。

FXの基礎知識 その2

FXにおける差金決済を考える



FXには差金決済と呼ばれ取引が行われています。具体的にはとはどんな取引なのか見ていきましょう。最初に外貨預金の場合を考えて見ますが、1万ドルを購入しようとした場合、1ドル100円という相場だった場合、100万円という初期投資金がどうしても発生します。しかし、FX投資という選択をした場合では、証拠金を5万円程度準備できれば、100万円分(1ドル100円だった場合は1万ドル)の取引ができてしまうのです。これは、前回でお話しましたが、FXが「売り、買いの差だけを決済する」という特性を生かしているのです。たとえば、5万円の証拠金を担保として、100万円の取引用の口座が準備できることになります。そこで、1,000ドル購入したとすると、(1ドル100円の相場だった場合は、10万円を投資している状態になります)「ドル円を使って、1,000ドル分の買いポジションをもった」ということになります。(因みに、ドル円で」という言い方は、売買した二つの通貨を単純に並べた言い方です。更に、買いポジションという意味は、「買っている状態である」を指しています。実際には、現金という形で1万ドルを手にしていたということではないので、「買っている状態」という表現になっているのです。)こうやって、1,000ドルの買いポジションを手にした状態にあるときに、相場が動き1ドルが105円となりました。この段階で、1,000ドル×105円=105,000円の価値があることになります。こうなると、資産(買いポジション)は、、ドル円の相場変動によって、5,000円の差益をもたらしていることになります。投資者が、この段階でドルを売って円を買うと、買いポジションが解除されて、5,000円が収益として口座に振り込まれることになります。
P R
カテゴリアーカイブ