まきまきで西浦

July 18 [Tue], 2017, 1:21
沿ういえば、ニキビは潰しても大丈夫なのでしょうか。
実は、ニキビには潰して良いものと潰してはいけない状態のニキビとがあるのです。潰しても良いニキビの状態といったのは、炎症が落ち着いてきて、ニキビの内に溜まった膿が白く盛り上がってきた状態のものです。



この状態になったニキビは、膿が外へ出ようとしており芯も出来初めている状態なのですから、専用の器具や針といったものを使えば、潰しても問題ないでしょう。
ここ数年では、美容家電の普及が広がり自宅にいながらまるでエステを受けているかのようなスキンケアができるのがおもったより嬉しいことです。


私はエイジングケア家電に夢中で仕方がないです。若いうちからコツコツとエイジングケアを施していると、2,3年後にはお肌の違いが表れてくるかも知れない思うので、がんばってケアしています。肌トラブルの中でも男性、女性や年齢を問わず悩むのは、やはりニキビといえるのでは無いでしょうか。

ニキビと一括りで呼んでも、何種類に分かれていて、その原因もたくさんあります。



ちゃんと自分のニキビの原因をしり正しく治療して貰うことが美しい肌へと変化させる第一歩と言えます。お肌のために最も大切なのはお肌にとって良い洗顔を行なうことです。
肌を痛めてはしまう洗顔とは肌トラブルの原因となり潤いを保てなくなってしまう、要因をつくります。



お肌をいたわりながら洗う丁寧に漱ぐ、といったふうに意識をして洗顔をするようにこころがけましょう。お肌の荒れを防止するためには、顔を洗い終わったなら、即化粧水等で保湿を行ないます。



何を用いるかは、あなたの肌質によって異なってきますし、体調によっても違いますでしょう。
毎日、基礎化粧品の化粧水や乳液、美容液をつけるのではなく、肌状態とよく相談をするようにしてちょーだい。日常的にいろいろな保湿商品をつけると、肌本来の保湿機能の低下が始まります。