外為に関する情報を分かり易くお伝えしたいと思っています。FXで儲けるためにはどうすればよいのか、FXで損をしないためのティップスなどを書いていきます。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fxfxfxforex
読者になる
2008年02月
« 前の月    |    次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像ヨシオ
日経225のように (2008年10月16日)
アイコン画像ダッチ伊藤
日経225のように (2008年10月14日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
日経225のように (2008年10月10日)
アイコン画像猫男爵
日経225のように (2008年10月06日)
アイコン画像チャーリー
日経225のように (2008年10月01日)
アイコン画像ゆりり
日経225のように (2008年09月27日)
アイコン画像ikumi
日経225のように (2008年09月24日)
アイコン画像ハム太郎
日経225のように (2008年09月22日)
アイコン画像火星の後継者
日経225のように (2008年09月19日)
Yapme!一覧
読者になる
日経225のように / 2008年02月01日(金)
外為取引業者を選ぶにあたっては、先ずは手数料、システムの使いやすさ、提供する情報の量、そして信託保全スキームなどをチェックする必要があります。
外為取引では、通貨の売りからも買いからもエントリーすることができます。
1勝9敗でも勝てるといわれるように、市場から撤退しないようにすることが外為投資では最も重要です。そのためには、自分で取引ルールを明確に厳守することが必要です。
株式投資のように個別株の倒産リスクがないことも、外為トレードもメリットの一つであるといえますね。

日経225のように、外為のポジションでは毎日ロールオーバー時に値洗いはされるものの、清算期限というものはありません。
外為取引では、売りからも買いからも入ることが出来ます。通常ドル円では、上がるときにはじわじわ、下がるときには一気にという傾向が見られます。
外為業者によっては、携帯電話などのモバイル取引が出来ない業者もまだまだありますので、外出先からもトレードしたい方は業者のモバイル対応をちゃんとチェックしてくださいね。
個別株での上げ下げを予想するよりも、通貨の上げ下げを予想する方が簡単なため、外為の方が簡単に儲けられると言う人も多く居ます。

加えて、ここで覚えておかないといけない点は、外為取引は差金決済ということです。差金決済とは、損益が即座に口座に反映されるということです。
忙しくて相場をチェックできない時でも、自動売買ならロスカットや利益確定をしてくれたりするので非常に便利です。
スウィングトレードの期間としては、数日、1-数週間、数ヶ月と結構、時間軸の幅は広いトレード手法です。
テクニカル、ファンダメンタルズ、両面から外為相場を攻めていきましょう。日経225ミニ口座
 
   
Posted at 11:16/ この記事のURL
コメント(11)
スワップでインカムゲインを得つつ、為替差益でキャピタルゲインを得る / 2007年12月03日(月)
外為取引業者を選ぶにあたっては、先ずは手数料、システムの使いやすさ、提供する情報の量、そして信託保全スキームなどをチェックする必要があります。
通常、外為取引は証拠金の10倍から数百倍までのレバレッジをかけて、トレードすることになります。
外為市場は24時間開いていますので、自分がレートをチェックしやすい時間帯を考慮して、トレードスタイルを考えていきましょう。
最近では、外為関連の書籍も多くなってきているので、Webだけでなく書籍からも情報を積極的に収集していきましょう。

ロスカットは初心者の方はなかなか入れにくいものですが、資金管理をするためには、絶対に設定する必要があります。
外為取引では、売りからも買いからも入ることが出来ます。通常ドル円では、上がるときにはじわじわ、下がるときには一気にという傾向が見られます。
トレードプラン、つまり、エントリーからエキジットまでの期間(デイトレード、短期、中期、長期?)をきちんと立ててからポジションを取るようにしましょう。
東京時間は実需筋が主なプレーヤーなので、動きが活発ではありませんが、ロンドンやニューヨークタイムでは、非常によく動くことが多いです。

加えて、スワップでインカムゲインを得つつ、為替差益でキャピタルゲインを得ることもできます。。
外為証拠金取引をしている方で、1社の外為取引業者にしか口座を開いていない外為トレーダーの方は、皆無であるといっても過言ではないと思います。
自分のトレードスタイルは短期なのか長期なのか、低レバなのか高レバなのかによって、活用する外為取引業者も変わってきます。
自分の余裕資金がどのくらいかをきちんと把握して、外為トレードで資産形成を頑張っていきましょう!日経225ミニ用語

 
   
Posted at 18:26/ この記事のURL
コメント(1)
資産管理の方法 / 2007年11月13日(火)
外為はハイリスク・ハイリターンな部分がありますが、しっかりと資産管理の方法を身に付ければ、分散投資の対象として非常に魅力があります。
通常、外為取引は証拠金の10倍から数百倍までのレバレッジをかけて、トレードすることになります。
とはいえども、利食い千人力ともいいますので、思ったほど利益が取れなくても、自分の設定したところで利食いをできたら、良しとしましょう。
ドル円などの情報はメディアでも情報が取りやすいので、初心者の外為トレーダーも親しみやすく取引することができますね。

たまには、ハイリスク・ハイリターンな取引をすることで、チャンスを狙うことも必要ですが、基本的にはローレバレッジで取引をしていった方が無難ですね。
取引量が最も多いのは、EUR/USDであり、その次にUSD/JPYやGBP/USDなどがくることになります。このため、これらの通貨ペアのスプレッドは狭い業者が多いです。
トレンド追従型の投資家が外為トレーダーには多いため、投資対象として似ているインデックス投資の日経225もやる人も多いみたいですね。
外為証拠金取引も、それだけをやっていても分散投資にはなりませんので、株や債券などにも分散させておきましょうね。

また、時には、手数料とスプレッドだけで相場に持っていかれるという場合もありますので、なるべく信用力が高くて、手数料の安い取引業者を選びましょう。日経225ミニ用語

 
   
Posted at 09:51/ この記事のURL
コメント(1)
自分の余裕資金がどのくらいかをきちんと把握して / 2007年10月29日(月)
マクロ系ファンドといって、テクニカル手法を使って、相場を乱高下させる市場参加者もいますので、注意が必要です。
大きなトレンドは実需筋によって決まりますが、日々の動きは投機筋によって決まると言われていますね。
底で買った、と思っても、思惑とは反対の方向に行くのが世の常で、スウィングトレードをする際には、含み損を抱えても大丈夫なポジション量で利益を狙う必要があります。
自分の余裕資金がどのくらいかをきちんと把握して、外為トレードで資産形成を頑張っていきましょう!

最近、外為が注目されていますが、知識をきっちり身に付けてから、実際のトレードに取り組みましょうね。
外為取引では、通貨の売りからも買いからもエントリーすることができます。
外為トレードにエントリーする際には、順張りか、逆張りかを決めて、トレード・スタイルを明確にする必要があります。
レバレッジの掛け方やリスクの許容量、相場を見れる時間帯など、人それぞれトレードスタイルは違いますので、自分に合ったスタイルを見つけましょうね。

業者によっては、日本時間の木曜朝のニューヨーククローズ時にスワップが土日の分も含めて3倍になる業者があります。
取引量が最も多いのは、EUR/USDであり、その次にUSD/JPYやGBP/USDなどがくることになります。このため、これらの通貨ペアのスプレッドは狭い業者が多いです。
勝手から、通貨が下落を続け、ナンピンにつぐナンピンをしてしまうことによって、資金を全部失ってしまうということは絶対に避けなければなりません。
誰かのマネをするだけで、大きな資産を作ることは出来ませんから、日々精進して自分のトレードスキルを磨いていきましょうね。日経225ミニ関連書籍

 
   
Posted at 14:41/ この記事のURL
コメント(0)
基本的にはローレバレッジで / 2007年10月22日(月)
先ず、外為トレードを始めるのは、取引業者に証拠金を預託する必要があります。
従来まで外為取引は、銀行や証券会社などの機関投資家に限られていましたが、1998年の改正外為法により、個人でも取引することができるようになりまた。
外為取引では、トレンド・フォロー型の順張り投資を基本とすべきです。本当に自信のある時だけ、逆張りをするぐらいに考えておいたほうが良いですね。
金利の高い通貨を売りから入ったときには、毎日スワップでマイナスポイントがついて、金利分取られていくことになります。

たまには、ハイリスク・ハイリターンな取引をすることで、チャンスを狙うことも必要ですが、基本的にはローレバレッジで取引をしていった方が無難ですね。
業者によって、提供する投資情報の量や質が違いますので、情報収集用の口座、ハイレバレッジの口座、中長期の口座といった形で、使い方によって口座の使い方を分けるましょう。
外為取引業者によって、取り扱っている通貨ペアの種類は違いますので、自分がトレードしたい通貨ペアが用意しているかを確かめましょうね。
取引量の多さでは、ロンドンタイムの市場参加者が最も多いため、この時間帯の出来高が最も多いといわれています。

加えて、マージンコールの定義は各業者で違うので、使っている業者のホームページ等で十分に確認してください。
大きなトレンドは実需筋によって決まりますが、日々の動きは投機筋によって決まると言われていますね。
逆に、スワップトレードのデメリットとしては、スウィングよりも資金効率が落ち、外貨預金と同レベルになる可能性があるという点です。
外為市場はただでさえ24時間オープンしているわけですから、いつでも大きく勝てるチャンスはあります![PR]グレーゾーン金利
 
   
Posted at 14:34/ この記事のURL
コメント(0)
短期と長期のトレードを比較した場合 / 2007年10月10日(水)
外為取引業者を選ぶにあたっては、先ずは手数料、システムの使いやすさ、提供する情報の量、そして信託保全スキームなどをチェックする必要があります。
1万USDを売り買いした場合、1銭上下に変動すると100円の損益になります。
外為トレードでは、順張りの方が良いとされていますので、トレンド系のテクニカル指標などを使って、しっかりと現在のトレンドを把握しましょうね。
ドル円などの情報はメディアでも情報が取りやすいので、初心者の外為トレーダーも親しみやすく取引することができますね。

たまには、ハイリスク・ハイリターンな取引をすることで、チャンスを狙うことも必要ですが、基本的にはローレバレッジで取引をしていった方が無難ですね。
外為はハイリスク・ハイリターンな投資対象であるといわれることもありますが、きちんとリスク管理をすれば決して危険なものではないのも事実です。
短期と長期のトレードを比較した場合、どちらの方が資金効率が良いかということは一概にはなんともいえないところですね。
外為の基本としては、Buy on the rumore, sell the factといわれるように、噂で買って、事実で売るというスタイルを実につけましょう。

加えて、ここで覚えておかないといけない点は、外為取引は差金決済ということです。差金決済とは、損益が即座に口座に反映されるということです。
維持証拠金の額を割ってしまうと、追証を求められてしまうことになります。
思わぬ含み益を得て有頂天になる時もあれば、手痛い損切りをした時や含み損を抱えているときは、人生の終わりみたいに落ち込んだりします。
自分で相場感に自信があるときには、ハイレバレッジにして勝負をするなど、メリハリの利いたトレードをしていきたいですね。中古マンション査定
 
   
Posted at 16:49/ この記事のURL
コメント(0)
リスク管理はしっかりと / 2007年08月16日(木)
外為は、世界の中央銀行、実需と呼ばれる輸入・輸出業者、投機筋など市場参加者が多いので、非常に流動性の高い市場が形成されています。
1万USDを売り買いした場合、1銭上下に変動すると100円の損益になります。
外為市場は24時間開いていますので、自分がレートをチェックしやすい時間帯を考慮して、トレードスタイルを考えていきましょう。
外為取引業者によっては、日計り:デイトレードの場合、片道手数料のみというところもありますから、手数料の安い証券会社の方が投資家にとって有利です。

ロスカットは初心者の方はなかなか入れにくいものですが、資金管理をするためには、絶対に設定する必要があります。
週末から週初において、レートに開きがあることを窓開け、もしくはギャップといいます。ちなみに、窓はいつか埋められるという格言もあります。
外為業者によっては、携帯電話などのモバイル取引が出来ない業者もまだまだありますので、外出先からもトレードしたい方は業者のモバイル対応をちゃんとチェックしてくださいね。
証券会社のなかには、外為取引を提供している会社も多くありますので、株の資金を外為にすぐに移行したいという方は、証券会社の方が便利です。

加えて、ハイレバレッジでやろうと考えている人ほど、リスク管理はしっかりと厳密にやっていく必要があります。
業者によっては、400倍といったハイレバレッジの取引をすることができる業者もありますので、小額資金でも大きなポジションを扱うこともできます。
スキャルピングとは、短い時には数秒、長くとも数十分のあいだで、少ないPIPS幅(利幅)を狙ってトレードする手法です。
株の信用では売りから入れないということもありますが、外為は上がるか下がるかですから、その意味ではよりシンプルであると言えますね。[PR]過払い金返還
 
   
Posted at 15:02/ この記事のURL
コメント(0)
毎日ロールオーバー時に値洗いはされる / 2007年07月22日(日)
実際に外為を始めるのは、取引する際のリスクをきちんと把握しておく必要があります。
外為取引では、預託した証拠金でカバーできる額以上の損失が発生した場合、自動ロスカットされます。
とはいっても、損切りをするのは非常に難しいことですので、取引前にきちんとどのレベルになったら損切りをするかを決めておくことが重要ですね。
休むも相場といいますから、自分が得意でないなと思う相場が続くときには、敢えて相場から離れてみるのも、一つの手ですね。

日経225のように、外為のポジションでは毎日ロールオーバー時に値洗いはされるものの、清算期限というものはありません。
マージンコールがかかって、必要証拠金を入金しないでいると、業者の方で自動的にロスカットされることになります。
日本の経済指標は、世界中の投資家からはあまり重要視されていないので、大きく動くということはあまりありませんね。
損失の繰越はできませんので、年末には含み損を確定するかしないかなど、節税対策も考える必要があります。

日本の経済指標では、政策金利の発表が最も相場をよく動かすことが多いです。
システムの使いやすさ、堅牢性を踏まえた上で、手数料の安い外為業者で取引をするのが一番です。
デイトレードのメリットとしては、比較的短時間でトレードを終了できる点と、一度
自分で相場感に自信があるときには、ハイレバレッジにして勝負をするなど、メリハリの利いたトレードをしていきたいですね。日経225ミニ取引実践
 
   
Posted at 06:21/ この記事のURL
コメント(0)
通貨ペアのスプレッドは狭い業者 / 2007年06月18日(月)
実際に外為を始めるのは、取引する際のリスクをきちんと把握しておく必要があります。
外為取引は、日付変更線に最も近いオセアニアから始まり、東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場と移っていきます。
トレード日記をつけるということは、日々の自分の投資行動を振り返ることになります。どんなことでもいいので、毎日のトレードを振り返るようにしましょう。
相場が予想と反対に動いたときには、思いもかけない損失を被ってしまう場合もありますので、十分な余裕資金の範囲でトレードをしましょうね。

最近では、高金利通貨である南アフリカランドも日本人の投資家から人気が高くなってきており、取り扱う業者も増えてきています。
取引量が最も多いのは、EUR/USDであり、その次にUSD/JPYやGBP/USDなどがくることになります。このため、これらの通貨ペアのスプレッドは狭い業者が多いです。
短期と長期のトレードを比較した場合、どちらの方が資金効率が良いかということは一概にはなんともいえないところですね。
スイスフランも、恒常的に低金利政策をとっているので、キャリートレードのファンディング通貨として利用されることが多いです。

といっても、既に円を持っているため、日本人の投資家は円を売って金利の高い外貨を買うといったトレードスタイルの方が多いみたいですね。
外為取引の入門書を読んで概要を掴んだら、気になる部分や単語をWebサイトで調べてみるというのが、効率的です。
スキャルピングのデメリットとしては、高レバレッジでトレードするため、思惑とは逆方向に動いた時には、短時間で大きな損をする点です。
委託した証拠金以上の損失を増やさないためにも、資金管理だけはきっちりやりましょう。それが最終的な勝ちに繋がるはずですからね。日経225ミニの始め方
 
   
Posted at 16:05/ この記事のURL
コメント(0)
高金利通貨である南アフリカランド / 2007年06月15日(金)
外為で取引できる通貨ペアは、取引業者によって異なります。通常、対円ペアは、どの取引業者も提供しています。
当たり前のことですが、リスク管理を徹底して行うということは、どの投資商品とも同じことですね。
外為でのテクニカル分析では、大きくトレンド系とオシレーター系の2分類に分けることができます。
外為取引業者によっては、日計り:デイトレードの場合、片道手数料のみというところもありますから、手数料の安い証券会社の方が投資家にとって有利です。

最近では、高金利通貨である南アフリカランドも日本人の投資家から人気が高くなってきており、取り扱う業者も増えてきています。
週末から週初において、レートに開きがあることを窓開け、もしくはギャップといいます。ちなみに、窓はいつか埋められるという格言もあります。
短期と長期のトレードを比較した場合、どちらの方が資金効率が良いかということは一概にはなんともいえないところですね。
自分のトレードに有効なテクニカル指標を取捨選択していくことも、勝ち残るために重要な手法の一つです。

といっても、既に円を持っているため、日本人の投資家は円を売って金利の高い外貨を買うといったトレードスタイルの方が多いみたいですね。
外為証拠金取引をしている方で、1社の外為取引業者にしか口座を開いていない外為トレーダーの方は、皆無であるといっても過言ではないと思います。
逆に、スワップトレードのデメリットとしては、スウィングよりも資金効率が落ち、外貨預金と同レベルになる可能性があるという点です。
1勝9敗でも資金管理をきっちりやっているトレーダーは勝てるので、損小利大を追求していきましょうね。外為取引業者の選び方
 
   
Posted at 11:52/ この記事のURL
コメント(0)
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!