ドル円は戻り売りポイント
2012.07.09 [Mon] 13:06

午後のドル円相場は、午前中に上下をして行って来いとなっていますが、また下落し始めているので売り勝負で仕掛けていきたいと思っています。チャート的には下向きになっていますし、まだまだ円高基調が続くのではないかと思っています。

先日、テレビを見ていると360円からスタートしたドル円相場ですが、ここまでずっと円高できているのでドル円の売りをずっとしていれば儲かっているということになります。しかし、金利差からスワップ分を払い続けないといけないので、それに耐えられるかどうかになってくると思います。毎日、チャリンチャチンとスワップ分が引かれていくのは先進衛生的にも良くないですからね。でも、そういうことこそ儲かるんじゃないかと思いました。
 

米雇用統計後の相場展開について
2012.07.07 [Sat] 15:56

昨晩に発表されました米雇用統計は市場予想より悪い結果だったようです。しかし、それがそのまま弱気に傾いて一気に下げると言うような流れにはならなかったようで、ドル円では79.499の下値をつけて切り返してきているので、正味は50銭程度の下落幅であったようです。

来週からの戦略としてはドル円は下げているので、素直にそれに従って売っていくことが良いと思います。来週は特に大きな経済指標が発表されるといことはないので、チャートで流れを把握しながらそれに沿ったトレードがしやすいのではないかと思っています。

 

動きのないドル円相場
2012.07.06 [Fri] 13:51

今日もドル円相場は動きがないですね。今晩発表となる米雇用統計があるので、それ待ちといった所ですかね。株式相場も米雇用統計待ちで動きがないようですし、専業トレーダーは困っているのではないかと思います。よくトレーダーを殺すのに刃物はいらない、相場を動かなくさせればいいだけだという事を言われますが、まさにその通りだと思います。ただ、トレーダーだけでなく流動性が少ないと言う事は経済自体が回っていないと言う事にもなりますので、みんなにとって良くないと言う事になり、トレーダーだけの話しではないと思います。
 

豪ドルがやや弱い動き
2012.07.05 [Thu] 13:37

5月の豪貿易赤字が予想より縮小したにも関わらず、豪ドル売りが出ているようです。どうやらこれまでに積み重なったユーロ売り・豪ドル買いのポジション調整が入ってきているようです。しかし、これはトレンドを変えるようなものでもないので特段意識するものでもないかと思っています。まあ、大きなイベント待ちといったような動きとなっているので、それまでは手が出しにくい展開でしょうね。
 

東京市場は動きなし
2012.07.04 [Wed] 16:51

これまでの東京市場は動きなしです。
今晩はアメリカ市場が休みということもあり市場参加者が少ないようです。
しかし、欧州リスク回避色が強まっているので、ユーロの要人発言や経済指標などでは大きく動く事もあります。寝ている間に大きく動いていると危ないので、ポジションを持っているならば油断せずに対処していくほうが良いと思います。

FXでは第3の坂がある「まさか」とダジャレのようなワードがありますが、本当にそれはあるのではないかと思います。FX(相場)は取るか取れるか、殺るか殺られるかですので、そのあたりを忘れずにがんばりましょう。