スポーツトレーニング

December 22 [Wed], 2010, 13:28
メタボリックシンドローム改善のために厚生労働省が制定したメッツという活動強度があります。メタボリックシンドロームを防ぐために「1ウイークに23トレーニング以上の活発な身体活動」が最低路線です。3メッツの運動は軽強度〜中程度の筋トレ、バレー、エアロバイクを20分、自宅でできる簡単な柔軟体操、クラブを運ぶゴルフを17分で3.5メッツ、平地時速5.7km〜6.0km程度の速歩、アクアトレーニング、ピンポン、太極拳を15分で4.0メッツ、バトミントン、クラブを自分で運ぶゴルフを13分で4.5メッツ。バレエ、ジャズダンスを13分で4.8メッツ。平均時速6.4km程度の速歩、野球を12分で5.0メッツ。100ワット程度の負荷のエアロバイクは11分で5.5メッツ。高強度の筋トレ、10分以下のジョギングとウォーキング、バスケット10分で6.0メッツ。標準レベルのエアロビクス9分で6.5メッツ。ジョギング、フットボール、庭球、スイミング(背泳ぎ)、スキーは9分で7.0メッツ。1kgから2kg程度の荷物を背負っての登山8分が7.5メッツ。時速8km程度のジョギング、時速20kmぐらいのサイクリング、スイミング(ゆっくりとした)クロールが8分で8メッツ。時速9.7kmのジョギング、柔道、キックボクシング、ラグビー、スイミング(平泳ぎ)が6分で10メッツ。メタボリックシンドローム解消のためにメッツを活用しましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:かかし
読者になる
2010年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fx007fx008/index1_0.rdf