日本一の個人投資家からのメッセージ 

March 18 [Tue], 2008, 12:42
マインドセットが大事。これは、FXに限らず、ビジネスや普段の生活においても言えることですが、考えの根本が間違っていると、どんなに努力をしても間違った方向に進むだけです。

じゃぁ、そのマインドをだれから学ぶか。それは、成功している人から学ぶしかありません。
しかも、どうせ聞くのなら、もの凄い成功をおさめた人から聞ければベストですよね。

でも、なかなかそんなチャンスってありませんよね。投資家って言っても自分のまわりには
そんな人は居ないし、知り合い方も分からない。殆どの人がそうだと思います。

私もそうです。だから、そのチャンスを得るためには、セミナーや講演会などに
足を運ぶしかないのです。

↓は、その最高峰とも言えるセミナーの模様を余すところなく収録したDVDです。



横浜パシフィコのホールに詰め掛けた、人、人、人の波。3,800人が参加した、日本最大級の富の祭典「ウェルス・マネジメント・エキスポ・2008」。

ついに明かされた世界超一流の「富の秘密」。

3,800人が参加したとは言え、それは日本人のわずか3万人に1人の割合でしかない。
東京ドームをいっぱいにしても、その中の1人か2人に過ぎない。そのほんのわずかな人々が、
これほど重要な情報を独占してしまってもいいものか・・・。

そんな感想すら抱いてしまうほど、具体的かつ、非常に価値の高い情報が、
次々と飛び出す講演です。

まずオープニングは、日本一の個人投資家、武田和平氏によるビデオメッセージ。

和平氏は、投資とは社会をより良くするために行うものであり、
それが巡り巡って投資家の元に戻ってくると穏やかに語る。

社会への貢献という徳を重ねることによって得る配当金は、言わば「配徳金」なのだと力説した。
このマインドこそが、和平氏が日本一の投資家になりえた所以であろう。そう思わせるメッセージだった。

他にも、さわかみ投信株式会社の代表取締役・澤上篤人氏が

・長期投資をしていく上で必要な3つの要素とは?
・少子高齢化、人口の減少、膨れていく借金、それでもなお澤上氏が日本株を買い続ける理由とは?
・これから日本で生活し続けるなら、これだけは確実に考えておかなければならないこととは?
・よく言われる国際分散投資。評論家は伝えないその本質とは?
・食料自給率にも見られるように日本には天然資源が少ない。そんな日本の将来を予測する際、どう考えていけばいいのか?
・長期投資をしていく中で、何度も見舞われる評価損。そんな状況をどんな心構えでどう捉えるのか?
・機関投資家にはない、個人投資家ならではの強みとは?
・リスクをとることは○○。あなたも投資で○○を感じられる。 国の借金は増え続けるばかり。財政悪化が私達に及ぼす2つの影響とは?そしてそれらにどう対応すればいいいのか?

などについて語ってくれたり

シンガポールの若きビジネスリーダー、リチャード・タン氏は。
アイデアビジネスで巨額の富を得る天才的な思考術について語った。

・世界市場の中で、円は単なる投資対象商品の一つにしかすぎない。
・その中で私達はどう世界市場の動きに対応していけばよいのか?
・マレーシアのあるビジネスマンが、ショッピングセンターを元手たった1ドルで建てた。果たしてどうやって?
・香港のある若いビジネスマンが数十億ドルものビジネスを頭金なし同然で買収した。果たしてどうやって?
・「頭金無しで」とは、売り手側が現金を全く受け取らないということではない。果たしてそれはどういう意味なのか?
・何もすることなく、毎年山のような現金を、過去10年間生み出し続けた方法とは?
・夢を売ることで18ヵ月後に10億ドルを手にした男。そんなことがいったいどうやったらできるのか?その方法とは?
・ただ同然でロールスロイス、フェラーリ、ポルシェ、ランボルギーニ、クルーザー、自家用ジェット機を手に入れることができるとしたら?
・全くゼロの状態から1250億ドルを作り出した方法とは?
・高級住宅街の家が欲しい。しかしお金が無い。そこである方法を使うことでその家を手に入れることができた。その方法とは?
・あなたが大きなお金を得たいと思うなら、お金を生み出すためのお金が必要なのではない。本当に必要なのは、あなたが○○すること。
・元手をかけずに、毎年安定した大量のキャッシュが入ってくる仕組みをつくった男。その方法とは?
・1セントの価格しか付いていなかった土地に、あることをしただけで200ドルの価格に。いったい何をしたのか?
・月の土地を利用して大金持ちに。その成功の元となった考え方とは?
・お金が無いから起業してビジネスができない? この話しを聞いたら、そんなことはもう言えなくなります。

さらにさらに、今回のイベントの最重要人物であるジム・ロジャーズ氏が登場。

1973年ジョージ・ソロス氏と国際投資会社クォンタム・ファンドを設立。
10年間で4200%という驚異的なリターンをたたき出し、名を馳せる。
1980年、わずか37歳で引退。現在は、世界中を回りながら個人投資家として活躍。

彼が語ってくれたのは

・ジムがアメリカの市場から自身の資産をすべて撤収させるその理由とは?
・債券市場がすでにピークであるというその根拠とは?
・西の国、アジアでも株は終わった、世界中で株は割高と感じているジムが 次に狙った反映を築くために必要なマーケットとは?
・19世紀の英に学ぶ、アメリカの今後の流れとは?
・中国の世界における影響力がますます高くなるにあたって、今からでも とって置くべき対策とは?
・「問題があるときはチャンスである」を自分憲法に掲げるジムが見据える、 アジアに現在起こっている問題とは?
・15の紛争地域、砂漠、ブラックマーケットなどの危険地域を 渡り歩くことで、実際に肌で感じた世界の流れとは?
・世界三大投資家として世界的な富も名声も手に入れたジムロジャーズは、 現在親として、市民として、投資家としてどのように考え、生きているか?
・「世界で最も資本主義」とジムをして言わしめた、中国の驚くべき投資事情とは?
・まだ見向きもされていない商品市場に、世界中から資本が集まる前に、一秒でも 早く「商品」を学ばなければならない。そして商品を理解することは株式を理解 するより簡単である、その真意とは?
・「どこに機会があるかを見極め、そこに資金を集中し投資する。」
・ジムが「大金を稼ぐ法則」として掲げる法則に必要なこととは?

などです。

これらが、わずかな金額で手にはいる。投資を考える人ならば、自己投資も重要だということは分かっていると思います。

これはジム・ロジャーズ氏があなたの、投資顧問になるようなもの。
ぜひ、ロジャーズ氏の見識と情報が世界に広まらないうちに、早く手に入れて、
自分の富を形成する第一歩を踏み出していきましょう!


FXと南アフリカランド 

February 15 [Fri], 2008, 12:30
最近、FXに参入してきた通貨に南アフリカランドがあります。
FX取り扱い会社でも、扱われるところが多くなってきましたので注目している方も多いかもしれません。

ランドは南アフリカ共和国の通貨で、ZARと略されるために、ランド円はザル円と呼ばれることもあります。

南アフリカランドは高金利のために、FXで人気が上昇してきたのですね。

南アフリカ共和国は地下資源が豊富で、金、ダイヤモンド、プラチナは世界有数の埋蔵量を誇っています。

またBMW、ベンツなどの生産地でもあり、日本向けの右ハンドル車を生産しています。
2010年にはFIFAワールドカップの主催国になることも決まっていて、経済的にも安定してきつつあり、ランドは対米ドルで上昇傾向にあります。

そんな南アフリカの通貨であるランドがFXで注目される理由は、金利の高さだけではなく、その圧倒的な価格の安さにもあるようです。

10万通貨も約160万円で購入でき、しかもスワップは約350円もつくことになるので、英ポンドよりも高金利となり、FXスワップ狙いの人に人気なのです。

値動きが激しく、ハイリスク、ハイリターンではあるけれど、チャンスも多いので、
FXのデイトレ派や、スワップ派からも注目されている通貨だと言えます。

FXと豪ドル 

February 13 [Wed], 2008, 12:27
FXや外貨預金をしている人に、オーストラリアドルは、とても人気のある通貨です。

なぜ人気があるのかというと、金利が高く、FXをしている人にとっては、ポジション
保有によってスワップポイントを多く受け取れるからです。

FXでは英ポンドの次にNZドルとともに、金利の高いオセアニア通貨として人気が
高いようです。

オーストラリアは資源国なので、インフレや原油高には強いという特徴があります。

オーストラリアドルの相場は、地理的にもニュージーランドと近いので、ニュージーランド
ドルと連動して動くことが多いです。

ですから、FX取引の際に、オセアニア通貨が、価格の割りに金利が高いから、ということだけでポジションを持ってしまうと、オーストラリアドル、ニュージーランドドルとともに、連動して下落してしまうと、大損失につながってしまうおそれもあります。

アメリカやヨーロッパの主要国に比べて、情報が入り難い国でもあるので、FXをするときは、決して安易な考えで通貨を選ばないようにしたいものです。

ここ最近の豪ドルの動きを見てみても、動きが比較的、激しい通貨だとも言えると思います。

下落するときには、短期間で一気に下がるという印象です。

FX取引の前に、オーストラリア産の農産物、原油の情報などを見ておくと役に立つかもしれません。

FXと英ポンド 

February 11 [Mon], 2008, 15:22
ポンドというのは、イギリスの通貨です。

FXをやっている人にとって、ポンドというのは、とても魅力的で、また危険な通貨でもあります。

魅力的というのは、スワップポイントが高く、値動きが激しいからです。

買いから入って、そのまま上昇し続けるのであれば、これほどおいしい通貨はないと思います。
ポンドの魅力に取りつかれて、ひたすらポンドに投資し続ける人もいるようです。

ただし、逆も然りで下落し続けると、これほど危険な通貨はありません。

あっという間に損益が赤字になってしまいます。イギリスはEUの加盟国でありながら、ヨーロッパの統一通過ユーロには参加していません。

通貨としての国際的な地位は、低下しはいるものの、FXでは取引量が多い通貨なので人気があるのです。

ポンドはFXでデイトレードをする人にも人気があります。

昨年は200円そこそこでから、一時は240円ほどまでに高騰していましたから、ポンドの値動きの荒さを好むデイトレーダーには持ってこちです。

今は230円あたりで、少しずつ上がったり下がったりしていますが、この値動きの激しさは
やはり、FXをやっている者としては、魔力のようなものです。

ですから、FX初心者には、少し危険すぎる通過だと思います。

もし、初心者だけどFXでポンドを中心に投資をしたい!と思ったならば、上昇、下降の要因なども研究して臨んだほうがいいかもしれません。

FXとニュージーランドドル 

February 09 [Sat], 2008, 13:16
FXでは人気のある通貨というものがあります。

それが、わかりやすい米ドルや、ニュージーランドドル、豪ドルなどです。

なぜFXの分野で、オセアニア地域の通貨が人気があるのかと言うと、
通貨の値段が安い割りにスワップポイントが高いためです。

ですから、FX独特のスワップ狙いの投資家には、とても人気のある通貨なんです。
特にNZランドドルは通称キーウィと言われて人気を集めています。

キーウィというのはニュージーランドの国鳥で、フルーツにもありますよね。

またFXだけではなく、外貨預金の分野でもオセアニア通貨、特にニュージーランドドルは
人気を集めています。

地理的にもオーストラリアとニュージーランドは近いので、同じような値動きをします。
これはニュージーランドの貿易が、オーストラリアに依存しているためだと言われています。

ただし、単に、価格が安いから、スワップポイントが高いからと言って、
簡単にFX初心者が手を出すのは危険です。

なぜなら、政治経済などの情報が入りづらいですし、値動きが荒いからです。

過去にも、他の通貨と違う動きをしたことが何度もあって、なかなか動きが読めないんですね。

FXをする人がスワップねらいではなく、為替差益も同時に狙おうとするには、
扱いづらい通貨だと言われています。

FXとアメリカドル 

February 09 [Sat], 2008, 0:38
FXをやる時には、当然ですが、どの通貨を使って取引をするのかを決めなくてはいけません。

では、どの通貨で取引をするのか良いのか?

それを決めるために、FXで使う通貨それぞれの特徴を理解するひつようがあります。
またその国のことも知った上でFXに入ることが望ましいです。

そういった意味では、FXを始めて、一番最初に取引しやすいのは、
やはりアメリカドルだと言えると思います。

その理由は、一番情報が多く、ニュースの為替の値動きが伝えられることも多く
値動きがつかみやすいためです。

国の情報も入りやすく、株価と連動していることも多いですし、
旅行などで実際にドルを手にしたり目にしたりしたことがある人が多いですよね。

もっとも、親しみがある通貨だと言っても良いと思います。

FXでドル・円の買いポジションから入った場合、
スワップポイントも、アメリカドルの場合は、割と高くつきますので、
その点でもメリットのある通貨だと言えると思います。

FX初心者は、1つの通貨に絞って取引をしたほうが無難ですが、その際の取引通貨もアメリカドルにするのが、一番無難でしょう。

ドルを使った取引には、米ドル・ユーロというのもありますが、
こちらは米ドル・円と逆の値動きをするので、リスクヘッジの意味もかねて
もう1つポジションを持ちたいときには、検討してもいいかもしれません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fx-money
読者になる
2008年03月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Yapme!一覧
読者になる