酒での乾杯を促進するポスターを作成して、飲食店などに

May 19 [Mon], 2014, 18:22
鳥取県で開発された原木シイタケの品種をブランド化しようと、ブランド化促進協議会が14日、設立された。鳥取市内であった設立総会では、きのこの生産、販売、研究などの関係者が集まり、大型、厚肉のシイタケ、115号をブランド化し、消費者のニーズに合った栽培などにより、販売拡大を図っていくとした。グッチ iPhone ケース

 国内の原木シイタケは輸入品との競合などで単価、生産量が下落。鳥取県では昭和63年に725トンだった生産が、平成24年に52トンに減少。iphone 4G ケースこのため、鳥取市にあるきのこ専門の研究所など高い技術を活用し、ブランド化推進により平成35年に約170トンの生産を目指すとしている。

【関連記事】 市内で造られた梅酒や日本酒などでの乾杯を推進する「乾杯条例」が4月に水戸市で施行されたことを受け、「『水戸の地酒で乾杯』推進協議会」が14日、設立された。エルメス携帯ケース地酒による乾杯を普及、促進し、市内の産業の活性化を目指す。

 協議会では今後、地酒での乾杯を促進するポスターを作成して、飲食店などに配布。グッチ iPhone ケスまた、「茨城の酒、日本酒で乾杯!」と書かれたオリジナルのぐい飲みを作成し、市内のホテルや飲食店など400カ所に、2千〜3千個ほど配布するという。来年3月ごろには「地酒祭り」を市内で開催したいとしている。iPhone 5 ケースコピー

 この日、水戸商工会議所で開かれた第1回総会では、協議会の会長に商工会議所の川崎洋副会頭を選出。高橋靖市長や、水戸観光協会の中山義雄会長などが顧問に就任した。アイフォン5s ケース

 高橋市長は「地元のお酒で乾杯することによって、メーカーや流通、販売だけでなく、農商工それぞれの産業振興に役立てたい。地域活性化や水戸市のイメージアップのために頑張っていきたい」と意気込みを語った。シャネル 携帯ケース総会は年に数回開催する予定で、次回は7月。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fwsreare
読者になる
2014年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fwsreare/index1_0.rdf