日銀が4月1日に発表する3月の企業短期経済観測調査(短観)に関

March 26 [Tue], 2013, 14:13
日銀が4月1日に発表する3月の企業短期経済観測調査(短観)に関し、民間研究機関や証券会社など12社の予測が25日出そろった企業の景況感を示す業況判断指数(DI、「良い」から「悪い」を引いた割合)は、大企業製造業で12社の平均がマイナス6になり、昨年12月短観の実績(マイナス12)から大幅に改善する改善は3四半期ぶり

【表】崖っぷちの電機業界 年収トップはソニーの「平均951万円」

 短観は日銀が3カ月ごとに公表し、金融政策を決める上での判断材料のひとつになる3月短観は、黒田東彦(はるひこ)総裁就任後、初めて発表される短観発表直後の4月3〜4日には定例の金融政策決定会合が予定されており、追加緩和の判断が注目される

 米国、中国を中心に海外経済が持ち直し、昨年末以降の円安進行で輸出にも底打ち感が出ており、生産は回復傾向にある3月短観は、「自動車や電気機械など、円安の恩恵を受けやすい業種を中心に業況判断の改善が見込まれる」(大和総研の斎藤勉エコノミスト)との見方が目立つ

 一方、大企業非製造業のDIの予測平均値はプラス8昨年12月短観の実績(プラス4)から、4ポイント改善する見通し

 安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」への期待を背景にした株高で消費者心理が好転し、小売りなどで業況判断が改善すると見込まれるほか、公共投資の増加などを反映した 「本当に長かった」八百長疑惑の発覚から2年余りを経て、解雇の不当性が認定された元蒼国来東京地裁判決後の会見では安堵(あんど)の声を漏らす一方、八百長相撲については改めて明確に否定「一日も早く戻りたい」と、土俵復帰に向け力強く抱負を語った

 現役力士同様にまげを結い、着物姿で会見に臨んだ元蒼国来日本相撲協会の当時の調査に対しては「何をいっても受け入れられず、この道(裁判)しかなかった調査してくれればここまでにはならなかったのに」と苦言も漏らした

 解雇後はジムでの筋トレなどを続けてきたが、「完璧なトレーニングはできていない」というそれでも、「応援してくれた方々への恩返しは土俵でする今まで以上の相撲を取りたい」と瞳を輝かせた

 一方、八百長問題に関わったとして平成23年に勧告を受けて引退した元幕内白馬のアリオンバヤル・ウヌルジャラガラさん(29)=モンゴル出身=は「ずさんな調査の結果だ」と相撲協会の当時の姿勢を批判した

 今回の判決は協会側調査の結論を否定

【表】崖っぷちの電機業界 年収トップはソニーの「平均951万円」

 短観は日銀が3カ月ごとに公表し、金融政策を決める上での判断材料のひとつになるグッチ バッグ トート

【表】崖っぷちの電機業界 年収トップはソニーの「平均951万円」

 短観は日銀が3カ月ごとに公表し、金融政策を決める上での判断材料のひとつになるディオールサングラス

【表】崖っぷちの電機業界 年収トップはソニーの「平均951万円」

 短観は日銀が3カ月ごとに公表し、金融政策を決める上での判断材料のひとつになるルイヴィトン トートバッグ ダミエ
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fwenaoseo/index1_0.rdf