誰もが気軽にインターネットを利用できる世の中になったこと

May 15 [Sun], 2016, 15:33

誰もが気軽にインターネットを利用できる世の中になったことで、車査定に関する諸々は、大変簡素にその上時間をとることもありません。




それは一括査定サイトの存在に依ります。サイトページを訪れて売りたい車の情報を打ち込み、査定額を高くつけてくれる業者を選んで、そこに現物の車の査定を頼む、という段階へ進めます。なので、あまり時間や手間をかけたくないという人もとても利用しやすいシステムとなっています。


パソコンやスマートフォンなど、ネットができる環境があればいいので、使わない手はありませんね。


私は車を乗り換えたいのです。





現在は外車に乗っているのですが、巷ではあまり見かけない車種ですから、ちゃんと査定してもらえるのか気を煩わせています。



買取業者を絞らずに実物を見てから査定を出してもらえるよう申し込みをして、折り合いの付きそうもない査定額だったら、競売にかけるなども考えた方が高値がつくかもしれません。



下取りにより車を引き取ってもらう際には名義変更の手続きが必要になるので、書類をちゃんとまとめとくのが大切です。名義を変える手続きの際は、自動車検査証と自賠責保険証明書、自動車税納税証明書、印鑑証明書を使用します。


あと、譲渡証明書にハンコを押すので実印も用意しておきます。



事故にあった車の時は、高い修理代を払っても、事故前と同レベルに戻せないこともよくあります。


事故の際、車が受ける衝撃により、フレームに歪みができてしまうと、完全に直すことが不可能なこともあります。




事故車の修理代としてお金を消費しても、事故車を専門に買い取っている業者に売って、新しい車を買った方が安全面ではいいかもしれません。この間、知り合いの中古販売業者の人に、12年乗りつぶした車を鑑定してもらいました。廃車寸前との結果で、値段をつけてもらえるかどうか心配でしたが、車の買い取り金額は3万円でした。そして、その車は直され代車などに使われているようです。