<福島第1原発>汚染水、直接海へ流出を確認 立て坑に亀裂

February 15 [Wed], 2012, 17:48
<福島第1原発>汚染水、直接海へ流出を確認 立て坑に亀裂
放射性物質の汚染水が見つかった2号機の取水口近くの立て坑(ピット、作業員が指さしている部分)。流出が確認された前日の1日にたまたま、撮影されていた=福島第1原子力発電所で、東京電力提供(提供は2日) 東京電力は2日、福島第1原発2号機の取水口付近でピットと呼ばれるコンクリート製立て坑から毎時1000ミリシーベルトを超す高い放射線量を持つ汚染水が見つかったと発表した。側面には亀裂が入り、ピット内の水が海に流出していた。これまでに汚染水が見つかったトレンチ(立て坑)から流れ込んだとみられる。東電はピットにコンクリートを流し込み、亀裂を応急的にふさぐ作業を始めたが、水の流出を止められず、3日、特殊な樹脂を使って食い止め作業を実施する。経済産業省原子力安全・保安院は、第1原発付近の海水から検出された高濃度の放射性物質の漏えいルートの一つとみている。【江口一、藤野基文、酒造唯】【福島第1原発】汚染水 移動の「玉突き作戦」が進行 東電によると、水の流出が見つかったのは2日午前9時半ごろ。ピットは電源ケーブルなどが収められ、長さ1.9メートル、幅1.2メートルで深さ2メートル。水が約10〜20センチたまっており、放射線量を測ったところ、水面から約1.2〜1.4メートル地点で毎時1000ミリシーベルトを超え、地表付近のピット最上部で毎時400ミリシーベルトあった。ピットの海に面している部分に縦約20センチの亀裂があり、水が流れ出ていたという。 東電がピット内の汚染水とピット近くの海水を分析した結果、いずれも非常に高い濃度の放射性ヨウ素131が検出された。同様の汚染水は2号機のタービン建屋や、配管やケーブルなどを収めたトレンチでも見つかっているが、海への流出が確認されたのは初めて。 東電の調査で、タービン建屋からピットに通じる電源トレンチ(電線が通る管)と、これまで汚染水が見つかったトレンチは、海側でつながっていることが判明。ピット内の汚染水とトレンチ内の汚染水に含まれる放射性ヨウ素131などの放射性物質がほぼ同レベルの高い濃度であることも確認され、トレンチから汚染水が流れ込んだとみられる。 東電は1日の調査で放射線量が高いこのピットを発見、2日朝に再調査して汚染水を見つけた。発見が遅れたことについて、「電源トレンチに汚染水が入ってくることに思いが至らなかった。パトロールが十分でなく問題だったと思う」と話している。2号機以外の同様のピットでは水の流出などは確認できなかったという。 東電は2日午後、コンクリート計5立方メートルを流してピットを満杯に埋めたが、汚染水の流出は止まらなかった。東電は3日朝から、両トレンチがつながっている部分に穴を開け、水を吸収して膨らむ特殊な樹脂を流し込んで止水を試みる。 保安院は2日、東電に対し、従来実施してきた海水中に含まれる放射性物質のモニタリングに加え、2号機周辺で同様の亀裂箇所の有無を確認し、流出箇所周辺の複数地点で海水を採取して調査するよう指示した。西山英彦審議官は「放水口付近の海水中の(放射性物質の濃度)値が上がってきており、原因を突き止めたいと思っていたが、これも一つのソース(漏えい源)かもしれない」と述べた。環境放射能測定 福島市、横ばい続く 4月2日午後
福島県災害対策本部が発表した2日午後2時の環境放射能測定結果によると、福島第1原発から北西61キロにある福島市で、毎時2.52マイクロシーベルト(前日2.39マイクロシーベルト)だった。2.30〜2.70マイクロシーベルト台で一進一退を繰り返している。 このほか、郡山市(西58キロ)で毎時2.25マイクロシーベルト(同2.21)▽いわき市(南南西43キロ)で毎時0.52マイクロシーベルト(同0.53)▽飯舘村役場(北西40キロ)で毎時7.13マイクロシーベルト(同7.38)▽南相馬市(北24キロ)で0.94マイクロシーベルト(同0.97)と、横ばい、もしくは微減傾向にある=測定はいずれも午後2時。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fwacxzczw
読者になる
2012年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fwacxzczw/index1_0.rdf