メリットとデメリットについて

October 10 [Tue], 2017, 23:01
引越のえころじこんぽって知ってますでしょうか。引越しの種類に日通のえころじこんぽってあったかと思いますが、えころじこんぽという引越しのプランでは、ゴミなどを極力出さないような方法で梱包をする商品になります。例としてはダンボールやガムテープを使って引越しをすると使った後では廃棄することになりますので、環境に悪いですよね。それを、引越しのえころじこんぽですと箪笥の引き出しやテレビ、家具などは毛布で梱包しますし、食器類は、新聞紙などゴミになるものは使わず、食器トランクといった専用の運搬用のボックスに入れます。洋服を梱包するのもダンボールをで荷造りをするのではなくハンガーに洋服を掛けて運ぶことができるハンガーボックスというものが用意されていますので、ダンボールは使用しません。さらに、えころじこんぽは、そういった荷造りの作業も引越業者の人がやってくれるので、後でゴミになるような荷造りのための材料を使わない方法ですから文字通りエコロジといえるのです。ダンボールなどを使わない分は料金が安くなっているようです。そういうこともあるので、日通のえころじこんぽは、家族の引越しに向いている引越のサービスで、赤ちゃんやお年寄りがいるような家庭の場合でも、重宝されている引越しのプランのようですね。
自分で引越しをやろうと思っている人も、一人暮らしなどの場合は多いかもしれませんね。引越しを自分でやってしまおうという場合のメリットとデメリットについてその辺も考えてから決めるのがよいかと思います。まず、自分で引越しをすることのいいところはあたりまえのことですが、引越し屋さんの料金がいらなくなりますので、そのぶんの引越しにかかる費用が安く済みます。その他にも、自分でやってしまった方が、気楽にできるというのもあるようです。引越し屋さんを頼めば確かに楽ですが、初対面の引越し業者のスタッフに、なにをどこに運ぶかなど説明したり、自分の荷物を運んでもらわなければいけませんから、気にする人の場合は気分的に楽ではないかもしれません。引越しを自分でする場合は、家族や仲間など知っている者だけでやるわけですから、和気あいあいとできるのかもしれません。家族や仲間だけで引越しをする場合には、良いことばかりでなくデメリットもあります。自分で引越しをするデメリットは結果的には、引越しを自分で行ったほうが高くついたということもあるといわれています。仲間に引越し作業を手伝ってもらえば、食事をごちそうするなり何かでお礼はしますから、レンタカーを借りたりして、後から考えると引越しを業者に頼んだほうが安くついたということもあるようです。その他にも、自分達だけで引越し作業をする場合は、専門のスタッフのように、それなりに教育された専門スタッフではないので、いつもやっているわけでもありませんし、ケガをしてしまったりですとか、色々とも問題が出てくる可能性があります。現実にそういうこともあるので、引っ越しを自分ですることはメリットもありますが実際にはそうでもなかったということもありますので、その辺も考えてから決めてもよいかと思います。
引越し業者をどうやって選ぶかということについてなんですが、引越し会社といってもいろいろな引越し会社があります。全国に支店や営業所があるような大手の引越し業社だったり特定の地域や引越し形態に特化した引越し業者などもあります。引越し専門以外でも、多くの運送業者が引越し業務もしています。たくさんの会社が引越し業社にはありますがどの引越し業社を利用するのがよいのかは自分の引越しに合った業者を決めればいいと思います。荷物もそれほど多くない一人暮らしの場合は、レオパレスなどのような賃貸物件に住むという人もいるのではないかと思います。このような部屋に引っ越しをする場合、それほどの作業もないですので、赤帽のような軽貨物運送業者に頼めば十分なのではないでしょうか。同様に、独身者の転勤などの場合でも、多くの運送業者で単身パックのようなサービスがありますので、そのようなものを依頼すればスムーズに単身の引越しをすることが出来ます。こんなように、引越し会社を選ぶには自分の引越しのスタイルや引越しの規模に合わせて選ぶといいと思いますし、そして引越し業者によって料金はかなり差がありますので、数社から見積書を出してもらうようにして、料金の比較をするとともに、どこまでのサービスが含まれるのかも確認して、選ぶのがいいかもしれないですね。
高知 滋賀 引越し