、早期利上げ観測を抑える要

October 04 [Sat], 2014, 11:18
通信 2014/10/3 22:44
 ▽ウォルシュ・トレーディングのコマーシャル・ヘッジング・ディレクター、ジョン・ウィアー氏=非農業部門就業者数のトレンドを注視していた市場参加者の多くは、前月の就業者数が低迷したことに疑問を抱いていたため、過去2カ月分の上方修正は期待していたようだ個人的には失業率は6%台にとどまると予想していたため、5%台に入ることは予想していなかった
 ただ、依然として雇用トレンドは緩やかに改善していくにとどまっている製造部門の就業者数が低下したが、それほど悲観的になる必要はないとみているおそらく一時的な調整だと思う
 今後、米連邦準備制度理事会(FRB)の取るコースに変更はないが、FRBは現状の政策に自信を持ったことは確かだろう(ニュー

米雇用ペース加速鮮明に、失業率6年ぶり低水準
 10月3日、9月の米雇用統計は非農業部門の雇用者数が24万8000人増、失業率は5.9%だった写真はワシントンの就職フェア会場で1月撮影(2014年 ロイター/Kevin Lamarque)
[ワシントン 3日 ロイター] - 米労働省が3日発表した9月の雇用統計は、非農業部門の雇用者数が24万8000人増と市場予想を上回り、失業率は5.9%と、6年ぶりの低水準を記録した

労働市場が市場の想定よりも好調であることが示され、米連邦準備理事会(FRB)の緩和終了後の最初の利上げが2015年半ばになるとの期待を高める内容となった

7、8月分の雇用の伸びは、当初発表より計6万9000人多かったと修正したまた6カ月単位で見た雇用の伸びは、2007━09年のリセッション(景気後退)前以降で直近の6カ月が最大となるなど、雇用ペースの加速が鮮明となっている

失業率は予想を下回り、2008年7月以来の低水準となった

アメリプライズ・ファイナンシャルのエコノミスト、ラッセル・プライス氏は、「需要の伸びは引き続き少しずつ加速しているため、企業は雇用ペースを速めるよう迫られている」と述べた

9月は製造業の雇用が4000人増加し、小売業が3万5300人増だった

投資家の大半はFRBの利上げ開始時期が来年7月になると予想しているただ、9月の雇用統計を受けて6月とする向きが増え、国債利回りは上昇した

一方、雇用統計では、職探しをあきらめた人が増え、これが失業率低下の一因となったことが示された労働参加率は62.7%と、1978年以来の低水準となった

それでもなお、本人の意に反して職探しをあきらめた人や、正規雇用を望みながらパートタイムで働く人を含めたU6失業率は11.8%に低下、2008年10月以来の低水準となった

フルタイム勤務を希望しながらパートタイムで働く人の数は小幅減の710万人と、改善ペースが鈍いことを示したFRB当局者は労働市場の緩みを見極める指標の1つにこの数字に注目している

エコノミストの大半は第3・四半期の経済成長率が年率3%程度になると予想しているが、堅調な成長率と雇用増をもってしてもFRBに早期利上げを促すには十分ではないとみられる

複数のFRB当局者はここ数週間で極めて低いインフレ率について、経済にかなりのスラック(余剰資源)が存在することを示すサインだと警告している

時間当たり賃金は0.01ドル減少市場予想は0.2%増だった前年比では2.0%増、増加率は前月からやや縮小した

賃金の伸びが鈍い状況が依然続いており、早期利上げ観測を抑える要因となっている

アクション・エコノミクスのキム・ルパート氏は、雇用統計は良い内容だがFRBの見解を変えるとは思わないと指摘「利上げ開始は来年半ばとの予想を変えていない」と述べた

11月4日の議会選挙前に発表される雇用統計としては9月分が最後となるオバマ大統領にとっては景気回復にもかかわらず家計所得の減少という逆風が吹くが、9月の雇用統計は、今年これまでの雇用市場の改善を強調する内容と言えそうだ

*内容を追加して再送します製造部門の就業者数が低下したが、それほど悲観的になる必要はないとみているシリコンケース製造部門の就業者数が低下したが、それほど悲観的になる必要はないとみているシャネルiPhone 6 Plusケース製造部門の就業者数が低下したが、それほど悲観的になる必要はないとみているiphone シリコンケース
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fvgdg/index1_0.rdf