15-翌朝もう朝日の光が

June 26 [Wed], 2013, 16:26

ナイキ ランニングシューズ海一ぱいに当つてゐる頃であつた。まだ寝の足りない素戔嗚は眩
まぶ
しさうに眉をひそめながら、のそのそ宮の戸口へ出かけて来た。すると其処の階段
ナイキ エアマックスきざはし
の上には、驚くまい事か、葦原醜男が、須世理姫と一しよに腰をかけて、何事か嬉しさうに話し合つてゐた。
 二人も素戔嗚の姿を見ると、吃驚
びつくり
したらしい容子であつた。が、すぐに葦原醜男は不相変
あひかはらず
快活に身を起して、一筋の丹塗矢
にぬりや
をさし出しながら、
「幸ひ矢も見つかりました。」と云つた。
 素戔嗚はまだ驚きが止まなかつた。しかしその中にも何となく、無事な若者の顔を見るのが、悦
よろこ
ばしいやうな心もちもした。
「よく怪我をしなかつたな?」
「ええ。全く偶然助かりました。あの火事が燃えて来たのは、丁度私がこの丹塗矢を拾ひ上げた時だつたのです。私は煙の中をくぐりながら、兎も角火のつかない方へ、一生懸命に逃げて行きましたが、いくらあせつて見た所が、到底西風に煽
あふ
られる火よりも早くは走られません。……」
 葦原醜男はちよいと言葉を切つて、彼の話に聞き入つてゐる親子の顔へ微笑を送つた。
「そこでもう今度は焼け死ぬに違ひないと、覚悟をきめた時でした。走つてゐる内にどうしたはずみか、急に足もとの土が崩れると、大きな穴の中へ落ちこんだのです。穴の中は最初まつ暗でしたが、縁
ふち
の枯草が燃えるやうになると、忽ち底まで明くなりました。見ると私のまはりには、何百匹とも知れない野鼠が、土の色も見えない程ひしめき合つてゐるのです……。」
http://www.nikemalljps.com/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fvddhf222
読者になる
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fvddhf222/index1_0.rdf