10代の時、チョコレートやスナック菓子を過食すると翌日に

June 02 [Thu], 2016, 23:58

ニキビは思春期にさしかかると出始める症状で、赤ちゃんには出ません。







赤ちゃんに度々起きるのは、オムツかぶれなどで知られるかぶれなのです。







赤ん坊の肌は、すごくデリケートで、即座にかぶれてしまいます。







ニキビはかぶれとは異なります。







赤ちゃんの肌に何か異常ができてしまったら、できれば早めに病院を受診してください。







なぜニキビができるのか?その理由のひとつに、乾燥があげられます。







肌の余分な油脂のせいじゃないの?と驚いている人もたくさんいらっしゃるでしょう。







もちろん、毛穴が余分の油脂のせいで詰まるのも原因のひとつなのは本当ですが、そう思って逆に油脂を落としすぎてしまうと、今度は乾燥した肌になり、それがニキビができる元凶となってしまいます。







炎症を起こした状態のニキビは、顔を洗う場合などに少し触っただけでも痛いと感じるようになります。







そのため、ニキビが炎症を起こしてしまったら、いくら気になるからといって指で触るのは絶対にやめてください。







触ってしまうと痛いだけでなく、雑菌が指から入ってしまい、ますます炎症がひどくなります。







ニキビがひどい状態の時には、洗顔でピーリングを行っています。







ピーリングの時には、肌にヒリヒリとした感じがありました。







そのため、なんだか怖くなってすぐに止めたのですが、肌が正常に戻ってみたら、ヒリッとした感覚が消えて、とてもきれいにニキビが治ってくれました。







それ以来、ニキビが出るとピーリングをしています。







知らないだけかもしれませんが、ニキビに効果がある飲み物は、まだ知りません。







ただ、分かっていることは、強い炭酸飲料や辛い飲み物などは、肌を刺激してしまうので、やめておいた方がよいのです。







実際、ニキビと肌荒れは違うものですが、肌に良くない事をすると、ニキビを作る原因にもなるのです。







ご存知かもしれませんが、ニキビはアクネ菌のせいでできるので、フェイスタオルやメイク用スポンジなどの肌に触れる物を他の人と共有したり、直接肌が触れてほったらかにして洗わずにいると、ニキビの原因であるアクネ菌がうつることがあります。







また、自分で自分のニキビを触って、顔の他の部分に触れると、その場所にもニキビができることがあるでしょう。







ヨーグルトがニキビには良くないと言われていたり、逆に良いとされていますが、こういった情報の真偽とは決して定かではありません。







特定の食品にこだわるのではなく、日頃から栄養バランスの取れた食生活を心がけるよういにしていれば、ニキビ予防になると私は思うのです。







普段から、顔を洗って清潔に保っていても、ニキビが防げないことは皆に経験があることでしょう。







このニキビの予防法には、洗顔などで清潔を保つのは当然のこと、偏りのない食事や質の良い睡眠といった体調の管理も重要になってきます。







ニキビを気にしているからといって顔ばかり洗い過ぎると、必要な油脂をも洗い落としてしまい、かえってニキビの原因となってしまいます。







多く洗うとしても顔を洗うのは一日に二回までにしましょう。







肝心なのは洗顔を十分に泡立てて、肌にはじかに手を触れさせずに、あくまで泡で洗顔を行うこと、さらに洗顔後は即保湿を行うことです。







ニキビも立派な皮膚病です。







わざわざニキビで皮膚科に診てもらうのも、と少々ためらいがちですが、皮膚科に通うと早くよくなりますし、ニキビ跡ができることは少ないです。







その上、自分でドラッグストアなどでニキビ治療薬を買うよりも安価で済みます。







ご存知かもしれませんが、ニキビはアクネ菌のせいでできるので、フェイスタオルやメイク用のスポンジといった肌に触れる物を何人かで共有していたり、肌に直接触れてそのまま洗わずにいたりすると、ニキビがうつってしまう恐れがあります。







また、自分のニキビを触った後で、顔の他の部分に触れると、そこにもニキビができる可能性があります。







顔以外で、意外にもニキビができやすいのは実は、背中なんです。







背中は自分では見えない場所なので、ニキビがあっても、気づかないことも多くあります。







しかし、背中のニキビでもきちんとケアをしなければ痕になってしまいますので、注意しましょう。







ニキビが悪化すると、芯を持ったように固く、触れると痛いといった症状が表れます。







ニキビが出来たら、ついなんとなくその箇所を確かめたくて触ってみたくなりますが、触ってしまうとまたそこから雑菌が入って症状が長引いてしまうかもしれないので、ニキビ対策用のクリームを塗るなどのケアをして、清潔に保つように心がけましょう。







ニキビが発生すると潰してしまうのがほとんどです。







しかし、跡が気になるから潰すな、というのがよく聞く説です。







できるだけ早く治すには、ニキビ用の薬が最良かと思います。







潰したニキビ跡も治ります。







洗顔後に化粧水・乳液で肌をケアして、ニキビ箇所を選んで薬をつけます。







10代の時、チョコレートやスナック菓子を過食すると翌日にはニキビになっていました。







食べ物がここまで影響するんだ、と体感したものです。







それから後、年齢が進むとともに食べ物にも注意するようになり、チョコやお菓子などは口にしないようにしています。







その効果かニキビもすっかりなくなりました。







常に洗顔などで清潔を心がけていても、ニキビができることは誰にでも起きることと思われます。







ニキビを防ぐには、洗顔などで汚れを取るのは当たり前のことですが、健康的な食事をとり十分に睡眠時間を確保するといった体調の管理も大切になります。







ニキビをなくすには、ザクロが効き目があります。







というのも、ニキビはホルモンバランスの乱れた時やお肌の細胞がきちんと入れ替わらない時に、起こりがちです。







ザクロは、余計な皮脂が噴き出す原因になる男性ホルモンの分泌をコントロールし、肌の代謝を促進する効果のある成分がたっぷり入っているので、根本的にニキビを改善することが可能なのです。







ニキビにいいという飲み物は、今まで聞いたことがありません。







ただ、いえることは、強い炭酸飲料や辛い飲み物などは、肌を刺激して肌トラブルに繋がるので、控えた方がよいのです。







ニキビと肌荒れは異なりますが、肌のために良くない事をすると、ニキビを作る原因にも繋がることがあるのです。







ニキビは食べ物と密接につながっています。







食生活を健全にすることはニキビが減ることにもつながります。







食生活は野菜中心のメニューに変えて、ビタミンやミネラルをじゅうぶん取り入れましょう。







食物繊維が豊富な野菜中心の食生活は、便秘解消の見地から言っても、ニキビの減少につながります。







女性に独特なニキビの原因のひとつとして女性ホルモンの分泌の乱れが関係しています。







女性ホルモンのバランスは、ストレスを受けるとすぐに乱れがちと耳にします。







生理前は特別女性モルモンが大きくバランスを崩します。







生理直前にニキビを気にされる女性が多いのもこの女性ホルモンの乱れこそが原因なのです。








http://www.namisui.com/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fv49fzi
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fv49fzi/index1_0.rdf