廃墟写真が静かなブームらしい

February 15 [Tue], 2011, 15:38
先日の事、PCの修理に出かけたとあるお宅で、廃墟写真が置いてあった作業を終わらせてから、拝見させて頂いた仙台近郊の一さんや盗撮掲示板、釜房湖畔の某国民宿舎跡、化女遊ウンチ変換ミスなど、古くさび付いた機戒や建物を専門に撮影するのが密かにブームになっているらしい日本全国を探せば五万とあるらしいこれらは多分バブル時代の負の遺産じゃないだろうかきちんとしたリサーチもせず、あまったお金を投資や建築にぎ込んで挙句の果て資金繰りが立たず放置プレィになったんじゃないかなバルブ絶頂期の頃北海道の原野を安く手に入れて投資目的やがて上がるから絶対お買い得といってた不動産会社があったが、その後倒産みんなそんな目的で作られて、捨てられた廃墟かも廃墟写真は人生の末路を暗示させるような、朽ち果てた部屋や大浴場、ホールなどを原形そのままに写している活気があった当時はきっと多くのお客様で賑わったであろう場所を克明に模写して心に残る濃いブラウン調のサビやダークグレイの壁建物、崩れ掛かった外壁など往時を偲ばせるも面影は失せているこんな写真を見るのは好きだ、若い頃は見たいとも思わないが最近は良く見るようになったでも、写真を撮りに行きたいとは思わないなんとなく自分の生き様とかぶってくる、若い時は輝いていたけれど、年と共に輝きは失せて、やがて朽ち果てて行く的な気持ちにさせるいやいやまだまだこんなになりたくないし、やっぱエロ本見よう活力源になるし、と自己反省する自分がいる
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fv3upobdy1
読者になる
2011年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/fv3upobdy1/index1_0.rdf