April 20 [Mon], 2009, 19:35

チャオ〜いただき▲モンブラン

September 16 [Tue], 2008, 7:23

9月16日
おはようございます。 まだ気長にいただき・モンブランを見ていただいてありがとうございます。
本当に今回は貴重な体験をたくさんさせていただき勉強になりました。

現地での更新の方は途中途中の道すがらコメントを書いていたので
大きく間違っているところがありました。

国境を越える石標
今回国境を何度か越えていたんですが
正確には フランス イタリヤ スイス フランスと
国境をまたいでのトレッキングでした。

後、帰って来てから家のスタッフからわかりにくいと言われたんですが
題名のカタカナ部分(今回ならチャオ〜)は現地の人に聞いて
それぞれ向こうの言葉を聞いて載せていたので正確なものではありません。



さてさてとりあえずはいただき・モンブランは終了です。
写真は載せてある以上に撮ってありますのでまた冬の燕岳の前にでも
完全版 いただき▲モンブラン として再編集して お届けしたいと思っています。

それまでしばらくの間お別れです。
本ホームページ今日の大槍をお楽しみ下さい。
せれでわ皆さんまたお会いしましょう〜チャオ(森)

メルシー〜つーるど・もんぶらん

September 13 [Sat], 2008, 8:54
今回ご一緒した天溪ツアーの皆さん
9月12日
5日に帰ってきて早1週間、体はすっかり山小屋モードになったんですが
今でも耳を澄ませば氷河から流がれ落ちる川のせせらぎや
雄大な山々の裾野に広る牧草にカランカランと響く牛の鐘の音が聞こえてきそうです。
一つひとつの風景がしっかりと記憶に焼き付いています。

今回のツアーは総勢20名の参加者と天溪の赤沼 敏治社長、
サースーフェーの観光局の志波さんと自分の合わせて23名様でした。

人生の先輩達と毎晩楽しく盛り上がり、山小屋に居ては
味わえないお客様とのふれ合いがあり本当にたのしく過ごす事ができました。

皆さんと一緒に無事に完走出来たことお客様気分で一緒に楽しませていただきました。
感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございました。

天溪社長 赤沼敏治さん
天溪のホームページ
サースフェーの志波さん
サースフェー志波さんのホームページ

オンス ルボワ ビエントー〜じゅねーぶ空港

September 11 [Thu], 2008, 9:00
バルマ広場の像の指さす方にはもんぶらんの山頂が
しゃもにの町中
9月4日 撮影
昨日の夜から降り続いた雨が山の上では雪に変わり、
しゃもにの町から見える山裾を真っ白に変えていました。
今朝も町はしとしとと雨降りあれだけ良いお天気だったのが嘘の様です。

朝食を食べたら荷物を整えて日本に帰るじゅねーぶ空港へ出発です。
あっと言う間の7日間もんぶらんの雄大な自然に魅せられてまた来たいなと思っています。


バスの中から振り返って真っ白になった雪山を想像していると
うしろ髪を強く引っ張られる気がしました。(森)

フェルーデ クルス〜しゃもに

September 10 [Wed], 2008, 9:00
これは何でしょう?
9月3日 撮影
しゃもにの町は日本で言う所の上高地みたいな所と言うことで
町中心にはおみやげ物屋がずらりと並び登山用具店レストランにホテルがあります。
上高地と違うのは町の外れに住宅地などがあり生活をしている人もいると言うことです。

スーパーを除いてみるとこちらは物価は高い様でコーラや水等は日本円で計算すると
300円ぐらいになります。
フランスパン等安い物もあるんですが…食材は高い様な気がします。

道路を走っている車を見ていると日本車ではスバル車が多い様でした。
さてさて上のクイズの答えはポストです。
国が変わればポストの色も変わるんですね。(森)

シャモニの町中

地元のスパー

アレース プロムネ〜しゃもに

September 08 [Mon], 2008, 7:00

9月3日 撮影
1時間ほど展望台で山を見ていると下の氷河から展望台に登ってくる登山者がいました。
何でも氷河をぐるっと1週して登って来る事もできるそうです。
ちなみに装備はピッケル・アイゼン・ザイルと現地のガイドさんに頼むと言う事でした。

でわでわ展望台で町に降りてちょっと観光に出かけます。(森)

シャモニの町並み

ウールー〜えぎゅうどみでぃ

September 07 [Sun], 2008, 7:11
山頂展望台
モンブラン側
ドリュウ側
9月3日 撮影
標高3842mの展望台までケーブルをつけるフランス人にも驚きをかくせませんが、
足元に氷河が広がっているのにも驚きました。
今日は天気はいいんですが雲がかかっていて遠くのマッーターホルンまでは
望めませんでした。
写真ではちょっと解りにくいんですが、
氷河の上を何組ものパーティーが渡っているのが見えています。

ちなみに3ユーロ支払えば山頂展望台(エレベーター)で一番上まで登れます。
あまり景色は変わらないとか…(森)

マテン〜ふれじぇーる小屋

September 06 [Sat], 2008, 18:53
9月3日 撮影
朝焼けのモンブランを楽しみにしていたんですが、
残念ながら雲に隠れて見る事はできました。
今日はケーブルの始発に乗って町に降りてエギュウドミディのケーブルで氷河を見に行く予定です。
残り一日シャモニの町をたっぷりと楽しみたいと思っています。(森)

ボンソワール〜ふれじぇーる小屋

September 05 [Fri], 2008, 21:45
9月2日 撮影
一度シャモニに降りてケーブルでふれじぇーるの小屋に15時前に到着。
モンブランを眺めながらツールドモンブランを振り返ってみると、見る物全部が新鮮で疲れもすっかり忘れるくらいの楽しいトレッキングでした。
夕食後窓の外にはシャモニの夜景が輝いて、
こちらに滞在も後1日かぁと明日も天気になる様にと願いました。(森)

エン・トーロー〜ばるむのコル

September 04 [Thu], 2008, 22:12
9月2日 撮影
ひと登りふた登りすると、ばるむの小屋が見えて来て牛飼いの人と牛と一緒に11時前に到着しました。
左の山から、エギュウドベルト・ドリュー・うし・エギュウドミディ・モンブランです。
昨日の天気を取り返すくらいの気持ちのいい青空の下
とりあえずザックの上に腰を下ろしてランチタイムです。(森)