視力を失った自分の役割を考える(1) 視覚障害者柔道 初瀬勇輔さん

July 01 [Mon], 2013, 16:44
「視覚障害者の仕事といえば、すぐに「マッサージ師 求人」と返ってくることが多かった。他に何の仕事があるのかまったく情報を持っていませんでした。
マッサージ師 求人
そこで日本盲人会連合に行って、僕は大学に通っていて法律家を目指しているのですが、目が悪くなってしまったんですと相談したところ、すぐに「マッサージ師 求人になりなさい」と言われました。大学を卒業して、その後盲学校に通ってマッサージ師の資格をとったら、自分は何歳になるんだろう。その間どうやってメシを食えばいいのか、どんな生活をすればいいのかと考え込んでしまいました。知れば知るほど職業の選択肢の少なさに絶望に近いものを感じるようになってしまったのです」。周りの友人たちは、一流企業に就職が決まっていくのに、自分は面接すらも受けられない。同じ学部、同じ学科、同じゼミなのにどうして、こんなに扱われ方が違うんだ、「ここまで社会は障害者に厳しいのか」と愕然とした。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/fuyutsuki2017/index1_0.rdf