転換期@ 

2005年03月17日(木) 1時23分
新年会はAさんが主導で10人ほど集まった。
年齢もみんな近いし、もともとけっこうしゃべっていた人たちだったので盛り上がった。

その時、私の前の席に座っていたのがユウ。
なんとなーく会話が始まった。
最初は数人で話してたのに二人とも本と音楽が好きだったので話が盛り上がってきて、いつの間にか二人でずっと話していた。
彼が当時大好きだったバンドを私が知っていたことが好感度?をあげたらしく、彼は上機嫌で最近行ったライブの話をしていた。

その時に始めて「このひと、いいなぁ」と思った。

結局、その会は始まった時間も遅かったので一次会のみで終了。
ユウと意気投合した私はAさん含めてまた飲みに行こう、というような話をして別れた。

彼との出会いB 

2004年10月26日(火) 14時32分
冬期講習中に塾講師の忘年会が催された。
私は何か用事があって参加できなかったのだが、Aさんとユウは参加していたらしく、そこで意気投合し、二人だけで朝まで飲んだらしい。

Aさんと私もその頃にはけっこう仲良くなっていた。
ユウと忘年会で仲良くなったこと、とてもいい人だったことなどを聞いて少しつづユウに興味を持つようになってきた。

・・・・・いや、違うなぁ。
いい人だと聞いて、興味を持ったことは確かだけど、もっと食いついていったのはユウが実は有名国立大の学生で、しかも大手企業に就職が内定してることを聞いたからだ(笑)
自分のミーハーさが恥ずかしい・・・・

そんなこんなでAさんが今度は仲いい子だけで新年会でもしようよ、と提案してきた。

彼との出会いA 

2004年10月26日(火) 14時20分
さて、肝心の彼との初対面がいつだったか、どんな状況だったのかは全く覚えていない(笑)
きっと塾の授業の入れ替わりの時に挨拶した、とかそんなところだろう。

同じ塾で1年ほど働いたのだが、彼、ユウとは一度も同じ時間に授業はなかったように思う。

しかし私の中でユウの印象はあまりよくなかった。
こっちは授業中なのにユウは早々とバイト先に現れ、だからといって何をするわけでもなく人の授業をする風景をじーっと眺めていたから。
別に私一人を見ていたわけではないのだが、正直ウザかった(笑)
生徒の気が散るし、こっちもやりにくい。

そんなに観察するわりに全く話しかけてこないところも彼の印象を悪くさせる原因の一つだった。

そんなふうに「アイツなんか嫌い」と思いはじめてから半年ほどたって、変化は訪れた。

彼との出会い@ 

2004年10月26日(火) 14時05分
とりあえず彼との付き合うまでの経緯をつづっていきます。

彼とは4年ほど前に出会いました。
塾講師のアルバイト先が一緒でしたが、出会って1年くらいは2,3言しか話したことがありませんでした。

塾講師のアルバイトを始めて、最初に話したのはAさんでした。
彼はとても整ったキレイな顔をしているひと。
「うわ〜かっこい〜」
と一人で思うこと数秒、
「この顔どこかで見たことある・・・」
よく考えてみると1週間ほど前に大学の図書館でこのAさんを見て友達と「あの人かっこいいね!」と騒いでたことを思い出した。
塾講師なのでAさんはスーツを着ていて、その時のひととはなかなか結びつかなかったのだ。

このAさん、本当にかっこいいんだけど背が低い。
だから友達と話していた時も
「あんなにかっこいいから背が低いのかも。神様は公平やわ」
と言ってたのです。

塾だから毎週同じシフトなのでこのAさんとすこしづつ話をするようになっていった。

私について 

2004年10月26日(火) 14時01分

まず、私についていくつか書きます。

名前はハナです。
今は日本にいません。留学中で海外にて暮しています。
遠距離恋愛している彼氏がいます。
彼氏は日本人です。

簡単すぎかしら??
おいおい話していきますね。

はじめまして。 

2004年10月26日(火) 13時57分
はじめまして、ハナといいます。

この「ふわふわ揺れる」のタイトルはまさに今の私の心情です。
なかなか人には見せれない心情を書き綴っていきたいと思います。

2005年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fuwafuwayureru
読者になる
Yapme!一覧
読者になる