ボールボーイの憂鬱。 

January 03 [Thu], 2008, 2:44
「あーマジで新年からしんどいわぁ。。」

心の中で、ボソッとつぶやく自分に将太は何度もうんざりしていた。。

元旦もあけて、よーやく2008年もスタートしているっていうのに、僕の心は全然すっきりしていない。

駒沢競技場で、高校サッカーが毎年行われる。
スタジアムには、家族連れてカップルがなぜか多く来て、にぎわっている。。

「お前ら、ほんとにサッカー観に来てんのかよ!?」

将太は、また心の中で呟いている自分に気づいて、うんざいしていた。


サッカーグランドの周りには、ボールを持ったジャージ君たちが4〜5人いる。
彼らはどこぞのサッカー部の要員なんだろう。


目指すべき聖域(いまどき僕の周りでも聞かないが)が目の前にあって、
その横でボール拾いをしている。



かくゆう、僕もそのボールボーイの一人だ。


あーサッカー辞めようかな。

帝京 と 広島皆実 の熱戦が終わり、セットプレーで見事に2点を
獲得した広島皆実。 

帝京の選手が、涙を流してグラウンドに倒れんでいる。


「熱い涙だな。」


同じ年代の彼らが、白線の内側と外側で、こうも温度差があるものか。

高校サッカーが生み出す「感動」



「あー今年は、ダンス♪でもやろーかな」



将太は、次の試合が始まるまでに、またボソッとつぶやいていた。
(続く)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fuukeiroku
読者になる
2008年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる