良かった、今日も出勤できて。 

2005年10月21日(金) 23時00分
お昼だーりんに電話をした。
"今日は忙しいの?"
がんばってと言うつもりが、仕事が終わったら会ってくれることになった。
嬉しい。単純に嬉しい。

だーりんが珍しく仕事が早く終わったみたい。
8時に私も仕事を切り上げてだーりんに会いに行った。
だーりんと一秒でも長く居れるチャンスを私は今の仕事に使いたくない。
仕事なら土日だーりんと会えない時間にしてやる!

夕飯を食べて、お茶をした。
あぁ〜幸せ。
そして私の家に行くことになった。
同居人がいるかもしれないよ?
それでもいいと家へ向かう。
ウィイレするのかな?

家に着いてだーりんはシャワーを浴びた。
そして、お風呂を入れてくれた。
私はお風呂に入った。
だーりん、どうもありがとう!
お風呂をあがって、のんびりしていると、同居人から電話。
"友人が泊まりに来るって伝えるの忘れてた"
あらま!
私の部屋に泊めれる?だって。
んー、だーりんがいるなぁ。
微妙に終電は終わっている時間で、それを聞いただーりんはとても不機嫌だった。
たまに私の友人を嫌いなだーりんを見るとちょっと悲しくなる。
私を否定されてるみたいで。
とりあえず、同居人の彼女の部屋を簡単に片付けてあげた。
このまま寝るのかと思っていたら、だーりんは私にいたずらしてきた。
不機嫌だっただーりんに対してどうしていいのか分からなかった。
・・・けど、体は正直に受け入れて濡れてしまっていた。

同居人の彼女も相変わらず帰ってこない。
だーりんは上になって私の中に入れてきた。
あっ・・・やっぱり感じてしまう。
この家に私たち二人以外いないけど、私は恥ずかしくて声を押し殺していた。
だーりんが気持ち良くていっぱい感じていた。
同居人か、友人がいつ帰ってくるのかとドキドキしながら。
いっぱいツかれて気持ち良くてイッてしまった。
そしてだーりんもイッてしまった。
あぁ〜なんか今日は予想外にエッチしてしまった。
もちろん悪いことはひとつもなくて。
予想外に二人は帰ってこなかったからかな。
珍しく同じ体位で最初から最後までしたな。
イッてしまっただーりんは眠くなって寝てしまった。

私はとりあえずどちらか来るのを待っていた。
友人にも連絡がつかず、同居人が帰ってきたのが2時くらいだった。
結局、その夜友人は来なかったけど。

帰宅は12時!! 

2005年10月20日(木) 23時48分
今日は朝から忙しかった。
そして終始忙しくて、自分のやりたい(やらなければならない)ことがあまり進まなかった。
一日遅らせてしまった。
明日は進むかな・・・というか道が見えるといいな。
がんばろう。
ただ今はがんばろう。

来年の夏までが私の勝負。

そして、来年の夏までの我慢。

がんばろう。

だーりんは夜勤明けて帰った模様。
仕事途中で何度か連絡してみるものの、
一向につながらない。
いつものことだけど、寝てるのかな(笑)

ちょっと18禁。 

2005年10月19日(水) 23時52分
朝8時くらいに目が覚めた。
お風呂を入れて、先に準備を済ませようかと思っていたらだーりんが目を覚ましたのかな?
寝ぼけ眼のだーりんにちょっと軽くいたずらをして、私はお風呂に入ってしまった。
だーりんのあそこは興奮してしまったみたい。

お風呂に入ってると、だーりんも入ってきた。
たばこをぷか〜って吸ってもう少し寝られたなって言ってる。
今思えば寝てたらエッチはしてないな(笑)
確かにだーりんはこれから出勤して夜勤だもんね。
帰るのは明日の朝なんだから大変だよなぁ。
私もしたことあるけど(苦笑)
私の場合は夜勤なんてすばらしい名前じゃなくて徹夜なんですけど(笑)

お風呂を出て、のんびりしてたら、朝一エッチしちゃった
あんまり時間がないのに(笑)
私が上になってたんだけど、だーりん朝にしては元気だったような(笑)
朝のエッチはよくだーりんの愛撫が少なめで入れるの大変なんだけど、
今日はまあまあすんなり入ったかな。
今朝もすごく気持ちよくて、いっぱい濡れちゃったの
いっぱいだーりんにツかれいるうちに気持ち良くてイッちゃった
(最近イク確立が高くなってきたような・・・ナゼ?)
今後は交代してだーりんが上になってイッちゃいました
朝から二人して気持ちよくなっちゃって

だーりんは夜勤。
私は人事考課があって大変な一日なのに!
いや〜ん

家に急いで帰ったら同居人がいました。
寝坊したそうで、一緒に出かけました。
結局、来年の夏までに今の現場を変えてもらえなければ辞める決意がある!
というのを人事考課で言うつもりだったのに延期。
がっくし。
でも今日はいっぱい決心しました。
これからの来年の夏までの勉強スタイルとか、この先の目標みたいなものとか。
がんばらねば!
私には残された時間でやらなきゃいけないことがいっぱい!
うひょ〜〜〜!!!
1時間ばかし次の試験へ向けての勉強をして、
だーりんとちょっと電話して寝ました。

だーりん夜勤がんばってにん!!

18禁。 

2005年10月18日(火) 23時27分
お風呂を入れながら抱っこをした。
はぁ〜やっぱりおっぱい弱いな。
二人でお風呂に入って、体を洗いっこした。
私はだーりんのを丁寧に洗って大きくしてしまう。
だーりんは私のおっぱいを優しく洗って濡らしてしまう。
エッチなバスタイム。

だーりんは私をいっぱい愛撫していっぱい濡らしてくれた。
私もだーりんのをお口でいっぱい愛撫してあげた。
そして私が上になる。
ちょっぴり狭かったけど、少しずつ入れて奥まで入った。
私もいっぱい動いて、だーりんもいっぱい動く。
だーりんのはすごく気持ちイイ。
この世でだーりんしか私を気持ちよくできないから。
だーりんをいっぱい感じる。
今、一緒に居れるこの瞬間がとても幸せ。
そんな幸せに満たされて私は今日もイかされてしまった。
最近、だーりんがんばるな(笑)
まぁ、私のほうが負けないけどね!
私だって、だーりんをイかせる新境地を開拓したのだ(笑)
そしてだーりんもいっぱい私の中をぐちょぐちょにしてイッてしまった。

明日も早い二人は手をつないで寝た。
幸せ。

私だってだーりんが毎日ほしくてたまらない。
愛おしくってたまらない。
細胞が求めるってきっとこういうことだよね。

ぬくもり 

2005年10月18日(火) 23時17分
どうたらいいんだろう・・・

会いたい ・・・のかもしれない

会いたくない ・・・のかもしれない

ただ怖いだけ。
会うのが少し怖いだけ。
壊れてしまいそうだったから。
会ってはいけない気がした。
でも会わなければならない気もした。

ただ会いたいだけ。
ズキズキ心が痛む。
仕事が終わって、シチューを作ろうかと思っていた。
でも同居人が友人と飲んでくるのを思い出して、
だーりんに電話をしていた。
"今日彼女が外食なので、お茶でも付き合ってもらえませんか?"
だーりんは快く了承してくれた。

きっとしたいことはいっぱいある。
顔が見たい。
会いたい。
声が聞きたい。
話したい。
手をつなぎたい。

だーりんに会ってそっとだーりんは手を取ってくれた。
心がキュンとなった。
飲み屋に行った。
でも私はお酒を飲まなかった。
だーりんは3杯くらいビールを飲んでた。
やっぱり食事もだーりんとだと楽しい。
週末のことや色々話をした。
ちょっと切なくてすごく甘えたかった。
悲しいからとか、寂しいとかじゃない。
ただだーりんのぬくもりを感じたかった。
ただそれだけ・・・

飲み屋を出て少しぶらぶら歩いた。
だーりんはちょっと酔ったように、
"抱っこしたい(されたい)"
といっぱい言ってた。
私がエッチしちゃいけないって言ったからだーりんは格闘してた。
私はエッチもしちゃいけないんじゃないかって思ってた。
たぶん意固地になってただけ。
いっぱいぬくもりを感じたかった。

私は泊まりに行こうって言ったけど、
だーりんは駅まで格闘していた。
でも、結局泊まりに行くことになった。
だーりんのぬくもりをいっぱい感じたかったけど、
本当にこれで良かったのかな?と一瞬思った。
でも・・・一緒に居たい。
ただそれだけで十分なんだと思った。

風邪ひいたらしい(苦笑) 

2005年10月17日(月) 23時40分
考えすぎて知恵熱が出たのかな?(笑)
どちらにしろ、体の節々は痛いは、頭はぼーっとするわで会社を休もうと思った。
そしたら、上司から

仕事は大丈夫なんだっけ?何も知らないけど。

かちーん。
体辛いけど行ってやるよ!
お前は休むなよってことでしょ?
行ってやる行ってやる!
どーなったって知らないから。

ふらふらしながら19時に会社に行った。
とりあえず、サーバに入ってツール動かしたりしていた。
でも体が辛くて辛くてデスクでへばってずっと倒れていた。
はっきり行って会社行ったのに何もしてないぐらい(笑)
周りのやつらはどんどん帰宅して、私は23時までへばってた。
私と上司だけになって、上司はもう帰っていいよ。明日は朝から来て。
と私を帰しました。
さすがの私もここで寝るのは嫌だと思ったので帰りました。
ふらふらしながら今日は何も口にしていなかったので、
とりあえず食料と飲み物を買って帰った。

夜、だーりんに電話した。
少し話題は明るかった。
本当は、電話するのもちょっと不安で怖かった。
でもだーりんは優しく受け入れてくれた。

これも付き合ってる一環でしょ。

そうなのかな。
分からないから、そう言われればそんな気もするし、
反論する材料が私にはなかった。
"バツゲーム"を増やしておいたからって言われた。
過去、バツゲームが忠実に再現されたことはあまりないのだけれど(苦笑)
だからだーりんの優しさがバツゲームにはいっぱい詰まっていると感じる。

今日は情報処理試験の日 

2005年10月16日(日) 23時49分
行く気になれなかった・・・

この日は、両親の結婚記念日だったから二人は旅行中。
愛犬とくっついて横になっていた。
朝方まで映画を観て。
最後まで行くか悩んだけど、
結局足が向かなかった。

とても疲れていた。
そして昼ぐらいまで寝た。

昼起きたら試験を受けに行ってる同居人からメール。

午後もがんばろう!

・・・ごめん。
受けに行ってないよ・・・
私は午後もがんばって。と返信した。
そして泣きつかれてまた横になった。
夕方、両親が帰ってきて軽くおしゃべり。
夜には実家を出て家に帰った。

途中、彼氏に連絡を取ったけど一切連絡はつかなかった。
とても切なくて悲しかった。
寂しい域をちょっと超えていた。
明日もがんばらないと。
そう思っていたら彼からメールが来た。

今、空港。

どこかに行っていたのか?
いや、きっと親族が泊まりにきていたと言っていたから見送りにでも行ったのだろう。
とても彼に大切にされているのだなぁと感じた。

そして駅や家に帰る途中、電話をした。
ここには書ききれないことを色々話した。
彼の状況、私の状況・・・
文字にすることさえもちよっとツライ。
3時に電話を切った。

寂しくて、それが他で埋まるならそれでもいいよ。
辛いけど、別れるって言ってるんじゃないからいいでしょ。
大切だと思っているから・・・

他ではダメなのに・・・
だからツライのに。
他で心地良くなれるならとっくの昔からやってる。
どうしていいのか分からなかった。
とても不安で、切なくて。
お酒を飲んでしまった。

すごい雨ですね… 

2005年10月16日(日) 2時46分
夕方、同居人と出掛けた。
カフェで一緒に勉強をした。
私は無理だからせめて彼女には合格してもらいたいな。

それから実家に帰った。
家出たときは雨降ってなかったのに、彼女と別れる頃にはけっこう降ってきた。
地元に着いたら土砂降り。
足元はびしょ濡れ。

なんか心も体も反響してるな…大雨みたく。

明日は試験会場に足運べるかな…
このままどこか遠くへ消えてしまいたい…

彼女と勉強して話をして気分転換になったよ。
どうもありがとう!
また元気がちょっとしぼんじゃったけど…。
実家に帰って愛犬に癒される。
ありがとう!

私は色んな相手に感謝してる。
ありがとう!

だーりんは日曜だと言っていたご親族の結婚式だったそうです。
夕方、式の途中で連絡がありました。
話しをしたのは10分もなかったけど…
後でと最後に言ってたけど連絡は来ませんでした。

私は五年来、結婚式というものには参加してないな。
友人や親族の結婚式って、羨ましい反面、祝福心が強いですよね。
会社の人間とかには一切思わないけど。
まぁ、私には縁遠い話ですけどね…

一秒一刻と時間が過ぎていく…
今日は寝れるかな…
あぁ…なんでこんなにマイナス思考なんだろう…
ツライな…

分からない 

2005年10月15日(土) 16時06分
時々、故意に無視られている気がする。

人が支えあうってなんだろう。

私は人を愛する資格もなければ、

人を想う資格もないのだろう。

人を恋しく想うとき、独りで耐えなくてはいけない。

それが生きるということなのか?

生きるって何?

独りなら生きている必要はあるの?

がんばれ! 

2005年10月14日(金) 23時20分
ブログを更新しようとしたらシステム障害でメンテ中になってしまった。
せっかく途中まで書いていたのに・・・

今日はまた午前中サボってしまいました。
最近、会社に行きたくないなぁ。
今の職種が嫌なわけではない。
だって次なる目標はこの職種の延長上だから。
でも今の仕事内容が耐えられない。
仕事の内容が変われば・・・というか、希望の分野に就ければもう少しがんばれるのかな・・・

お昼、大学時代の友人がお昼を食べに出てきてくれた。
遠いところ、私の職場の近くまで来てくれてありがとう
1時間ちょっとだけの短い時間だったけど、
久しぶりに会えて良かったナ

仕事はほとんどしなかった。
やる気もなかったし、とくに仕事もなかったから。

明後日は試験だから、家に帰って勉強しようと思ったものの、
勉強するテンションになれなくてずーっとだらだらしてた。

ツライな・・・

早く会社辞めてしまった方がいいのかな。
次の目標に踏み出せない。
弁護士や公認会計士になる方が簡単かもしれないぐらいのハードルだから。
今の私には、何もかも足りない。
試験勉強もがんばっているものの、
なかなか進まないし、まず期間が少なすぎる。
せめてあと一週間あれば・・・
絶対無理だ・・・

あぁ・・・くじけてしまいそう。

悲しくて

寂しくて

切なくて

ちょっと元気が出ない日でした。
明日は・・・がんばろう。
電話くれてありがとう。
きっと大丈夫。
ヒトリでも大丈夫。
2005年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:futurerise
読者になる
Yapme!一覧
読者になる