貴方がいれば 

September 06 [Thu], 2007, 21:17
嵐の夜には
夜の空を見つめても
月もなければ 星も見えない

でも、貴方とすごす時間は そういうものを必要としない

貴方がいればいい

ミラクルムーン 

February 25 [Sun], 2007, 13:28
お月様には 不思議な力があるんだって

ひきよせるチカラ


私も お月様のように

アナタヲ ヒキヨセラレタラ

最初の月 

January 03 [Wed], 2007, 13:21
着物を着て
キリッ、と気持ち切り替えて

貴方に寄り添う私は
ただの恋する女の子

晴れの日も
曇りの日も
月が綺麗な日も

靴じゃなく、
草履で歩くように
ゆっくりゆっくり 二人で歩いていきたい

最後の月 

December 31 [Sun], 2006, 23:16
今年も終わり
大好きな貴方が
この月を一緒に見ていられるなら
今年もいい年だったと思える

来年も いい年にと願う

除夜の鐘を聞きながら

クリスマスイブ、月夜に 

December 24 [Sun], 2006, 12:12
突然会いたいなんて
ただのワガママ

寒い夜に
それでも会いに来てくれる貴方が
こんなにも愛しい

冷たい夜を一人で過ごすなんて
もう、出来ないから

冷たい空に
たったひとりで
浮かぶ月のように
少しだけ強くなりたい

貴方がいなくても
しっかり出来る私でいたい

でも、貴方が必要な私は
やっぱりワガママ

寒い空 浮かぶ月 

December 04 [Mon], 2006, 23:24
寒空 歩きながら

空を眺めながたら きれいな月が見えた


こういう時に 二人で歩きたくなるよね
触れ合わない この距離がもどかしい

月も太陽も この銀河の一部 

November 10 [Fri], 2006, 13:42
月も太陽も この銀河の一部

近くに居るのに
ただ 隣に居るのに
僕らはこの銀河の 一部なのに

この距離は なんて遠く感じるんだろう

互いに見つめ合っても この距離は縮まらない

間にあるものは 少しの空間だけ
目で見えないモノで 繋がっていると信じたい

ツキイロ きいろ? 

October 30 [Mon], 2006, 3:08
水彩の鉛筆で この世界を色づけるなら

あなたの周りは 爽やかな 空の色

私の周りは 混沌として 上手く塗れません


空は空の色 どんな色にも変化してる

私は 太陽と月の色づけからはじめた

コンニチハ ワタシノセカイ

降り出した雨 お月様も見えない 

October 29 [Sun], 2006, 4:13
その手を握りしめられたらいいのに
届きそうで届かない

外は雨が降り出した

お月様も見えない

悲しみを抱えた 月夜に 

October 26 [Thu], 2006, 4:58
月を見上げながら アナタの横顔を盗み見る

知ってはいけないこの気持ち

たまに目が合っては、逸らして

今 ココロが ぎゅっと痛くなった


たくさんの涙を アナタにみえないとこで 流して

アナタの 優しさ 求めて

なんてズルイ人間なんでしょう


でも、そうすることでしか アナタのそばにいれないの

月を見上げるふりして 涙をこらえた
P R
■自己紹介■
月城 みちる
好きなこと 本を読むこと
大好きな犬と暮らしています
2007年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリアーカイブ
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる