恐ろしいシステムが罹った感染

May 20 [Mon], 2013, 10:01
開発力は高く付きます。


それはシステム完成と同時に、何らかの形で薬害も生まれているかもしれません。


あとで気付いた事ですが、感染という目に見えない物体に対処できるのかという事です。


システムは完璧ではないだけに、あとで開発後に何らかの障害が登場しがちです、その時に何が生み出されたかです。


システム開発に没頭しがちなのは仕方がありません。


それに対応できるのは人間しかいないのです。


システム開発するのも、厄介な物を作り出す能力を備わっている動物は人間しかいないのです。


人間が人間を苦しめている事なのです。


厄介な問題を一生懸命に説得しても耳が届かない事になります。


システム開発に何を見出せるのか?能力があるだけに見逃せません。


動向からです。




システム障害が出てしまったら、やはり改善するように努力します。


決して怠ける事が無いように周りが見ています。


システム開発に活路を見出しています。


影響は少なからず、感染しない様に注意していますが、感染という見えない物体を開発しているのは人間自身です。


人間による道具にされているコンピュータです。


人間は片方が素晴らしい開発していても、片方はとんでもない厄介物を発明しているという事実を歴史が証明されています。




プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:future_tea_profit
読者になる
2013年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる