プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:futsal_5
読者になる
2006年05月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
久しぶりの日記 / 2006年05月31日(水)
AFCを日本代表が制覇!快挙だな。
長きに渡り勝てなかったイランに準決勝で勝利。
決勝も危なげなかった様子。

日本でのフットサルへの熱がいっそう高まっている結果かな。
しかし、日本でテレビではなかなか見れないん。
でも、スペインリーグは見れる。
http://www.bs-asahi.co.jp/footsal/index.html

ドイツ戦もまずまずな感じで、
これでW杯本戦予選リーグ全勝で通過の兆しがでてきたな。
ブラジルにだって勝てるさ。
 
   
Posted at 22:09/ この記事のURL
コメント(0)
渋谷区-宮下公園 フットサル場2 / 2006年04月24日(月)
そして芝はこんな感じ。
3cmくらいの人工芝にゴムチップをたっぷり。
おそらく、靴の中にチップがたまるけどそんなにストレスになるほどじゃない系。やけど傷もできづらいし、スパイクもいけるタイプだね。

三菱養和、駒沢補助、クーパー八王子なんかと同じ材質かな。

 
   
Posted at 22:30/ この記事のURL
コメント(0)
渋谷区-宮下公園フットサル場 / 2006年04月24日(月)











デルバヤフットサルは活動しないけど、この後も、自分のフットサルとのつながりは続くわけで、個人的なフットサルネタは当分の間、原点のデルバヤフットサルのブログに書いていこうかなと・・・。

渋谷区の宮下公園に以前からフットサルコートができるという噂はあったんだけど、ついにコート出来上がりっすね。後はネットと事務所をちゃんとしたら完成って感じ。一等地に2面(目測:15m×30m)。

週末の午前中あたりが一番人気出そうだな。
買い物もできるし、デートの集合場所へも近いし。
ちなみに事務所付近からは、タワレコビルやユニマットビルがすぐ見えます。

宮下パークの小林さんのページも情報いっぱい。
http://miyashita-park.jp/blog/
 
   
Posted at 22:17/ この記事のURL
コメント(0)
02月19日(日)リーグ戦最終節 / 2006年02月20日(月)
vs.C.A.ボンボネーラ

□(第11節)□

□参加
宮内、齋藤、池田、高取、市川、島野、増田、吉村、桜田、岩崎
(観戦)金子(ケガ)

全11名

□試合結果
 前半1−2
 後半0−3
-----------------
 合計1−5●

□得点者
岩崎

□警告・退場
なし

□試合コメント
昨年度の戦いより補強もされており、かなり強くなっているのは明白。1対1で負けないようにすること。かなり広いピッチなので、裏に抜けてボールをもらうようにと。前半は序盤は互いにシュートで終わる形でけん制しあう。
低い位置でのパス交換で最高峰の選手にパスコースが1つとなってしまった。そこへ遅いパスを送ってしまったことから失点。その後、ディフェンスを不得意とする選手が見事にマークをはずし何度もシュートチャンスを与える。徐々に広いグランドに疲労してマークが外れ始める。選手交代の指示はしたがなかなかタイミングが見つからず、さらに1点失点。0−2。ここからサンパチオメンバ+島野でリズムを作るパス回し。左サイドから岩崎さんのドリブル突破、そのままニアサイドへぶち込み1点。2−1。前半はそのままうちの流れで終了。後半も同じように戦うことを確認。後半は、キーパーの好セーブに何度も救われるが、カウンターから失点。ファー詰めにもなんとかカバーにいっていたがOWN。攻めてを欠いたのが最大の原因か。長い距離のピヴォ当てを行い、前で奪われるシーンも多かった。ゆっくりパス交換をしながらラインを上げ、相手陣内でスピードアップしていく形が欲しい。サイドのワンツーなどは何度か決まったがフィニッシュまでいかない・・・。結局、1−5で完敗。しかし、昨日と合わせ、来年度に向けて収穫のあった二日間だった。
本日の試合を持って今年度は終了。お疲れさんでした。
 
   
Posted at 02:17/ この記事のURL
コメント(0)
02月18日(土)リーグ戦第10節 / 2006年02月20日(月)
vs.デルソール

□(第10節)□

□参加
宮内、齋藤、池田、金子、大川、吉村、原、増田、山崎、耕二

(時間間違い)桜田、岩崎
(観戦)カナさん

全12名

□試合結果
 前半3−0
 後半0−0
-----------------
 合計3−0○

□得点者
原、池田、齋藤、

□警告・退場
なし

□試合コメント
ディフェンスのやり方を確認。デルソールはよく練習しているチーム。ポゼッションではやられるだろうと思っていた。府中第二ラインからのディフェンスでマンツーマン。前半は0−0でもいいのでチャレンジは不要でシンプルシュート。後半はじっくり攻めようと方針を話し合う。
前半は、裕太君へのピヴォあてから強引に振り返って、キーパーぎりぎり届かないところでつま先シュート。これが入って1点目。続いてパス交換から左サイドを切り裂いた池の左足シュートが逆サイドネットに決まり2点目。もう1つおまけに宏佑さんのミドルシュートが決まり3点。試合はうちペース。後半は、相手も前からくるだろうと想定して、前と後ろのポジションチェンジを頻繁に行い、プレッシャーに負けないように。相手へのディフェンスは継続して行うと決めた。後半開始から5分程度は相手のパス回しにぎりぎりでついていく時もあったが、次第にパスミスを重ねている。だいぶ楽な試合展開。相手のファールも5つになり、プレッシャーもあまりこなくなり、そのまま終了。
3−0。実に半年ぶりの勝利。残留もほぼ確定した試合。
 
   
Posted at 01:08/ この記事のURL
コメント(0)
12月25日(日)リーグ戦第9節 / 2006年01月04日(水)
vs.城北クラブ

□(第9節)□

□参加
宮内、齋藤、池田、田中、金子、梨木、大川、吉村、原、市川
(観戦)増田

全11名

□試合結果
 前半0−5
 後半3−3
-----------------
 合計3−8●

□得点者
齋藤、田中2

□警告・退場
なし

□試合コメント
人数不足に手を打つためサンパチオメンバーを召集。いつもやっているメンバーということで、期待はしていたが、都リーグの雰囲気、府中第二マジックにはまり、前半であれよあれよと失点を重ねてしまった!ファーのディフェンスがおろそかに。カウンターによるもので空いてしまうのもやむ終えないか!?シュートでしっかりと終わることができていれば・・・。いろいろ悔やまれる。
相手の若さスピードもさることながら、あまりにお粗末な前半だった。
後半は息を吹き返したが、やはり前半の大量失点は痛かった。しかし、新加入の伸さんシュートはキレがあった。今後、彼のサッカースタイルをどのように活かしていけるか。
累積による初の観戦だたがすごくやきもきした。しかし、今までは選手として輪にはいっていただけで、チームをコントロールしてはいなかったんだと気づく。来年度の活動方針と共にいろいろと考えなければならないと思った。
試合後はカフリンガの試合を観戦し、その後、全員でミーティング。ディフェンスの仕方を最重要課題にいくつかのことを確認しあった。とにかく残留圏内確保のため勝ち点を稼ぎたい!

 
   
Posted at 23:59/ この記事のURL
コメント(0)
日本代表 / 2005年11月21日(月)
日本代表の練習とサッポの指導者セミナー入門編

日本代表は、パワープレーとか。ディフェンス練習が中心。常に数的不利の状況で練習をする。これは南米もヨーロッパも同様の理論でディフェンスをひたすら練習するらしい。

選出された選手も対戦したことある人ばかりだけど、確皆上手。なんかすぐ目の前のようで遠い。
 
   
Posted at 00:05/ この記事のURL
コメント(0)
フットサルセミナー / 2005年11月19日(土)
今日はフットサルのセミナーにいってきた。

小倉さんはじめ、ロペス、スペインリーグの会長の話など、有意義な時間。刺激になるね。プロリーグの際のビジネスチャンスを逃したくないね。

ついでにもっとうまくなりたい。
 
   
Posted at 23:49/ この記事のURL
コメント(0)
あ〜 / 2005年11月04日(金)
ホームページついになくなっちゃった。
バックアップとり忘れちまったよ。
まぁいっか。

来年からは違う形で活動していきましょう。

残り3試合残留目指して頑張ろう。
 
   
Posted at 12:27/ この記事のURL
コメント(0)
09月23日(土)リーグ戦第8節 / 2005年09月26日(月)
vs.十条FC in 府中

□参加
宮内、齋藤、池田、高取、金子、増田、吉村、原、日名子

全9名

□試合結果
 前半2−4
 後半2−0
-----------------
 合計4−4△

□得点者
日名子2、池田、増田、

□警告・退場
増田

□試合コメント
この2連戦目標は勝ち点1。なんとしても先手を打ちたい。今日のメンバーを見るところ、かなりいつもより安定している感あり。特にヒロが来ると攻撃に厚みが出る。
今日は、いつも通りマンツーマンでピヴォあてやら、ワンツーやら、・・・、締めくくりをシュートでってことで攻撃。フットサル慣れしているメンバーが8割を占めているから、よりパターンで選手同士が絡むシーンが幾度もあった。

まず前半。相手のフリーキックから1点を失点。その後も、こぼれたところの詰めなどで2点を失点。いつものいやな雰囲気に飲まれるのかと思いきや、今日の我々はいつもと違う!ヒロくんが自作自演の強烈ミドル。あわやファールかと思うが体の使い方がうまい。1-3。相手陣地の深いところでヒロ股抜き。ヒロは倒されたが、ちょうどゴール前で体を張っていた裕太君へボールが転がる。意地でも振り向き様シュートを狙う姿勢。一度倒されたがサイド起き上がり池ちゃんへ落とす。ごっつぁん頂き2−3。その後、またしてもいつものパターン。ディフェンスのずれから裏を取られ1点失点。2−4。そのまま前半終了。
後半は、焦らずしっかり回してゆっくり追加点を狙い、最終的に3点を取って勝ちにいこう。前半とはうってかわって内のペース。体力的にかなり厳しくなってきてはいたものの、形を整えてピヴォ当てシュートなど、フットサルチームになってきました。後半8分ほどで右サイドをドリブルで上がるヒロ。横に入ったフォローにエンジェルパスでキーパー1対1。これが決まって3−4。こうなったら、いくしかね〜。相手のパスミスにも救われ何度となくシュートチャンス。ついにやってきたのが後半11分ほど。相手陣内で自分が倒され、PKで同点のチャンス!これが決まればあとはジリ貧狙い。我らがスーパーシューター、カネゴンに試合の行方を託す・・・。しかっし、おばか。キーパーに一番読まれやすいインステップの正直シュート。男は優しいだけじゃ女守れない的なシュートで相手が息を吹き返す。21番強欲ドリブルで何度かゴール前をかき乱す。
ところが、まだまだ元気なバネスパ陣営は怒涛のディフェンスでボールを奪い返す。そして残り2分ほどでゴール。やはり今日はこの人。ヒロくんの倒れながらの詰め込みボレー。これが決まってようやく同点!試合はその後も何度か決定期を迎えたがそのまま終了。4−4。久しぶりに覇気のある試合。結果は引き分けだが、楽しい試合だった。

※試合で気づいたこと
しっかり、後ろでパス回して切る動き
サイドでの勝負がもっと必要
ディフェンスの修正
 
   
Posted at 00:39/ この記事のURL
コメント(0)
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!