恕し

June 30 [Tue], 2009, 10:14
あの襲撃的な出会い以来、梅雨空の合間をみて、あの木の所に通っています。
否導かれ、どうしても会いに行きたくなるのです。
その度に、回を増すたびに、衝撃的な出来事が起こっています。

どう取り扱ったらいいのかと分からなかったホ・オポンオポノの4つの言葉「ごめんなさい」「ゆるしてください」「愛しています」「ありがとう」が、自然と魂の底からほとばしり、その上「みんな1つ」「みんなのみなもと」・・・    
それと、魂をえぐるような涙と声、息も止まるほどの咳き込みが起こり、体や頭の底のこわばった所を引き裂きたいほどの呻きと共に、気づきと癒しが与えられ、自分ながら驚きをもってこの心身の解放に導かれているのです。

つまり現実の何もかにもが、その原因のすべては私の中にあることが、分かり始めました。
それは、結論からいいますと「愛がない」のです。

怖れの中で、不安の中で、緊張の中で、自己愛の中で、冷たい心で相手を批判する中で、苦手な人を避ける中で、そして恨む中で生きてきた結果なのです。
被害者意識が強くて、人を愛してこなかったのです。

それは、結局自分を愛してこなかったからです。
どんなに、めちゃくちゃに生きてきた事でしょう。

一番象徴的なことは、若き日の恋愛でした。
父を恨む余り、全く父の望まない人にすべてを賭けました。

それが、まず自分をぼろぼろにしたのです。
それが、愛だと思い込んでいました。
それ以来すべてが大変な状況を生み出していったのだと思います。

ですから、決して負けない父は、私を最期まで認めなかったのでしょうね。
しかし結局私を育て、守ったのは父なのです。

思い返せば、数々ありました。

足利事件の冤罪で17年半も牢獄に入れられた菅谷さんの事を思うと、みんなの代わりにその罪を背負ってこられたのですね。

私の罪は、法には触れないけれど、私の数々の生き様が、みんなを傷つけ、心配させてきたのです。

牢獄には入らなくても何十年も償っていかなければならないと重い気持ちになっていました。
疲れた体を引きずって、今日も河川敷に出かけていきました。
木に抱かれ、体の癒しをしてもらいながら、一人一人に謝罪と愛を送り続けて居りました。

木肌に手を当てて、じぃっとその送られてくる声に心を傾けていると、私はゆるされていると思いました。
葉と葉の間からもれてくるきらめく光がダイヤモンドのように輝き、又みんなの輝く瞳に見えました。


  今日のメッセージは、「わたしの信念」でした。
URL: http://blogs.yahoo.co.jp/itu_sora/53224334.html

 ・私は内なる輝きの全てを信じよう。
 ・ひたすら真実を求め、夢の完全な実現を求め、やがて大いなる光のもとへ帰還するという自らの運命を確信しよう
 ・私は人生のあらゆる側面で成功する
 ・怖れを克服し自分にとって最善のものを受け取るだろう
P R
2009年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:futatabibi
読者になる
Yapme!一覧
読者になる