二重まぶたの手術は医師で選べ

May 19 [Tue], 2009, 18:30
二重まぶたの整形を受けた10歳代の女性です。埋没法の手術を受けて、手術当日は腫れたり内出血を起こしたりで落ち込んでいたそうです。でも自分では今までよりも二重まぶたの線がハッキリしていて手術には成功していたと思っていました。

二重まぶたの埋没法の手術をしてから4日目に学校へ行ったところ、友達が「目、どうした」と聞いてきたそうです。「腫れているんだ」とあいまいな返事をしたそうです。本人は二重まぶたの線や幅、そして食い込み具合が自然になるのか心配しているようです。

二重まぶたの整形をするのに京都に住んでいる女性がクチコミで評判を聞いて神戸の整形へ行かれたそうです。このクリニックの手術では腫れることもなく素敵な二重まぶたができました。

二重まぶたを整形で作る方法を美容整形で手術をするときの注意点を少しだけ書いておきます。
二重まぶたの手術は医師の技量によって結果に大きな差がでるのですね。このときに二重まぶたの医院を選ぶのではなく医師を選ぶようにしてください。最悪の場合はいままで評判の良かった医師が他の医院に移っていて、あまり技量のない医師がいるというケースも十分考えられます。

二重まぶたの手術をするときに、医師から手術がそのように行われるのかを、十分に説明してくれないような医師や医院は遠慮してください。

宣伝の多さや、設備の豪華さ、話のうまさで二重まぶたの整形の結果とは全く関係がありません。ただただ医師の経験と技量によって差がでることを知っておいてください。

⇒⇒たった1日15分の実践で二重まぶたが自力で作れる方法!

二重まぶたの成功例と失敗例

May 19 [Tue], 2009, 18:29
名古屋で30歳代の女性が二重まぶたの埋没法の手術を受けましたが、満足した結果を得たそうです。

このような場合は二重まぶたを整形で作る方法で成功したと言っていいでしょうね。しかし、美容整形でどこまでが成功でどこまでが失敗なのか、どこまでが医師の責任でどこまでが二重まぶたの手術を受けた人の責任なのかがはっきりしづらい点があるということも知っておいてください。

30歳代の女性ですが、目頭切開だけの手術を受けたのですが、本人は失敗だと言っています。手術自体は何の問題もなく終わったのですが、二重まぶたの手術を受けた顔にお化粧をすると老け顔で愛想のないキツイ顔になっているとのことです。

当然お化粧の方法もあれこれと試してみたそうですが、やはり二重まぶたの整形には失敗したと思っていますね。「人間の顔って1ミリの違いでも変わってくるのですよね。それが自分で気に入ればよいですが」と締めくくりに書かれていました。

10歳代の女性が二重まぶたの整形で埋没法の手術を受けたそうです。二重まぶたの手術から1週間たって腫れはほとんど気にならなくなってきたそうですが、一箇所だけ食い込みが気になっているそうです。ひどい内出血が起きて、左目のアイライン上がくっきりとどす黒い紫色だそうです。人前ではスッピンになれなくなっているそうです。

20歳代の女性ですが二重まぶたの下垂修正をしてもらったそうです。手術後1週間は自宅で引きこもっていて、自分で不自然な感じがなくなったので、彼氏に会ったそうです。ところが彼氏はノーリアクションだったそうです。鏡を見て自分では一応成功していたと思って会社に出勤したそうです。

すると朝一番に先輩が「二重の幅が違う」と指摘してきたそうです。別の先輩にも「顔が違う」といわれたので「寝不足ですから」と返事をしたそうです。手術後には自分では満足していたのに、今では抜糸も考えているようです。

⇒⇒たった1日15分の実践で二重まぶたが自力で作れる方法!

二重まぶたの埋没法で手術したが

May 19 [Tue], 2009, 18:23
二重まぶたを整形で作る方法を行ったからといって必ず綺麗になれるわけではないことをまず知っておいてください。

顔全体のバランスを考えながら個性を生かしたものにならなければなりません。二重まぶたを埋没法で行った場合には通常1ケ月程度は激しくまぶたに触れることは禁物になります。

また埋没法で二重まぶたにする場合に、まぶた全体が厚く脂肪が多い場合や、加齢などによって皮膚が下がっているような場合には除皺法を使ってみたり、蒙古ヒダの特徴があるような場合には目頭切開を行うこともあります。埋没法が使えないような場合には切開法を使う場合もありますが、二重まぶたのラインを出すことが難しいケースもあることも知っておいてください。

ある20歳代の女性が美容整形で埋没法の手術を2回同じ美容整形の医院で受けたそうですが、2回とも元の一重まぶたに戻ってきたそうです。その後別の美容整形で切開法の手術を受けるのですが、このときに前回までの埋没法による二重まぶたの手術は手抜きあったと指摘されたそうです。

同じく20歳代の女性が埋没法で二重まぶたの手術を3回受けたのですが、全て元に戻ってきたそうです。保障があったのでやり直してもらいましたが、やはり同じように元に戻ってきたうです。3回目でなんとか元に戻らなくなったようですが、左右の二重の幅が違っていてアンバランスになっていたので、結局は別の美容整形の医院に行ってやっと普通の二重まぶたになったそうです。

⇒⇒たった1日15分の実践で二重まぶたが自力で作れる方法!

二重まぶたの切開法と埋没法の違いとは

May 19 [Tue], 2009, 18:22
二重まぶたを整形で作る方法として切開法があります。二重にしたいと思うヒダの部分を切開して二重まぶたを整形で作る方法です。切開法ではほぼ永久的な二重まぶたを手に入れることができます。とくにまぶたにタルミのある人のは最適な二重まぶたを整形で作る方法でしょうね。

二重まぶたを整形で作る方法として切開法は埋没法に比べて料金が高いのが普通ですね。切開法で人にもよりますが1週間程度は人前に出られないほどまぶたの腫れが続きますので注意しおいてください。

二重まぶたを整形で作る方法として切開法でもっとも大きなデメリットは、万一気に入らない二重まぶたになったときに元に戻すことが出来ないことです。

綺麗になるために二重まぶたを作ったのに自分には似合っていなかったとか、二重まぶたのラインが細すぎたために全然分からないと言った失敗もありますね。反対に二重まぶたの幅を広くしすぎてあきらかに整形で二重まぶたにしたことがバレバレだとか、眉毛の位置も違ってしまうほどになってしまったというようなケースがかなり多くあります。

二重まぶたを整形で作る方法として切開法を行った場合には元に戻すことができませんので、一生後悔をしなければならなくなることもありますので注意してください。

⇒⇒たった1日15分の実践で二重まぶたが自力で作れる方法!

二重まぶたを整形で作る方法の埋没法3つの欠点

May 19 [Tue], 2009, 18:17
二重まぶたを整形で作る方法の埋没法3つの欠点
二重まぶたを整形で作る方法としては、埋没法が整形で多く行われています。二重まぶたを作る方法としては切開法とは違って、埋没法ではまぶたにメスをいれませんので手術後の腫れが直ぐに消えて、傷が残る心配がありません。二重まぶたの埋没法では手術後すぐに人前に出られるという大きなメリットがありますね。

また、二重まぶたを整形の埋没法で作る方法ですと、気にいらなかった時にはやり直しがきくという長所があって人気になっているようです。

しかし、二重まぶたを整形で作る方法の埋没法には3つの落とし穴があります。二重まぶたの埋没法ではまぶた板面に糸が露出しているので、眼の角膜を傷つけることになり、目ヤニが出たりする角膜刺激症状や、ひどい時には角膜潰瘍うぃ起こすという危険性を含んでいます。

二重まぶたの整形を行って10数年後に糸が切れて、その切れ端が角膜を傷つけて緊急手術を行ったこともあるほどです。

二重まぶたを整形で作る方法の埋没法での2つ目の落とし穴ですが、数ケ月あるいは数ケ月で二重まぶたが消えてしまって元に戻ってしまうということです。これは二重まぶたを整形で作る方法の埋没法の宿命的な欠点です。

二重まぶたを整形で作る方法の埋没法での3つ目の落とし穴ですが、糸で結んでいるのですから目を開けている時には見えませんが、目を閉じている場合には糸の結び目が小さな粒のようにコロコロと見えることがあります。

⇒⇒たった1日15分の実践で二重まぶたが自力で作れる方法!
P R