高性能の魚探 

July 01 [Wed], 2009, 15:28
今、通販で話題の魚探を知っていますか?

FUSOの魚探です。

FUSOの魚探は、高精度のGPSとプロッタと
魚探を組み合わせた、ナビゲーションシステム
なのです。



ビーコン発信機を組み込んでいる、DGPSアンテナ
対応機種もあります。FUSOの魚探は、2周波数の
魚探により、魚影を幅広く探すことが出来、
さらにポイントを絞り込むことが出来ます。


また、画面の操作も切り替えのワンタッチ操作です。

そして、自分の釣りたいポイントへも、簡単に
いくことが出来ます。

また、地図の書き換え中でも、自分の現在の位置を
表示しているので、いつでも新しい情報を確認
することが出来ます。


FUSOの魚探には、コンパスセンサーをオプションで
接続することができます。こうすると、船が止まって
いるときも、正確な方位をたえず確認することが
出来るのです。


FUSO魚探の内部には、潮汐表が内蔵されています。
ですので、自分の船の現在いる位置から、
一番近い潮汐港を自動選択します。


FUSOの魚探の詳細はこちらからどうぞ

FUSO 魚探の詳細はこちらから☆




機能について 

June 29 [Mon], 2009, 15:27
長年にわたって多くのユーザーに愛されている
魚探を知っていますか?

FUSOの魚探です。

FUSOの魚探は、知りたい情報をなんと一つの画面で
見ることができると言う優れものなのです。

まず、通常の画面では、海底の起伏と魚群を表示します。
で、海底付近にいる魚群を拡大して見たいとします。


通常の魚探なら、通常の画面と、海底の起伏を
拡大した画面を2分割でしか見ることができません。

しかし、FUSOの魚探なら、海底の起伏状態と、
魚群の広大表示を一つの画面で確認することが
出来るのです。


また、FUSOの魚探では、航海データをいつでも確認
することが出来ます。目的地までの時間、距離、方位、
自船方位、速度がひと目で分かるようになっています。

そして、魚探画面でも上記の情報はいつでも画面に
表示されています。

画面では、拡大、縮小時のときは、地図の描写中でも、
自分の船の位置は常に画面上に表示されています。
ですので、進行方向を常に把握することが出来ます。

FUSOの詳細はこちらからどうぞ

FUSO 魚探の詳細はこちらから☆




そもそも魚探とは? 

June 28 [Sun], 2009, 15:27
あらゆるシーンでその機能を如何なく発揮している魚探を
知っていますか?

FUSOの魚探です。


ここで、初めて魚探を購入する方のために、魚探の
基本的な知識についてご説明しますね。


あなたが、釣りをする時・・・・
海の中、湖の中を見渡せればなあ・・・


と思ったことはありませんか?


釣り人にとって、水底の岩場の様子、駆け上がりの変化、
魚群の遊泳状況、魚種、分布、密集度、そして魚群の
遊泳状況が手に取るように分かれば、釣りをする上で
これほどうれしいことはありませんね。

それを、手に取るようにわかるようにしたのが
FUSOを初めとする魚探なのです。


残念ながら、魚の種類を正確に判別することは、
現在の技術ではまだ出来ませんが、それでも慣れてくると、
ある程度の魚種の判別をすることが出来ます。

その原理は、50kHzから200kHzの周波数の超音波を
送受信器(振動子&センサー)から真下の海中に
向けて発射します。


そして、超音波が魚や海底に当たって反射、
その反射して帰ってきた超音波を再び送受信器で受けて、
モニター画面に映し出します。

一言で言うと、魚の有無や、海底の様子を知るための
装置なのです。

ちなみに、魚探は、魚群以外のものにも反応します。


たとえば、プランクトンやゴミなどです。

FUSOを初めとする魚探は、漁業用はもちろん、
釣りのボートにもかなり装備されるようになりました。
魚探を使うのと、使わないのとでは、釣果に大きな差が
出てきます。


また、魚影だけでなく、海底の地形を追うことが
出来ますので、浅場を走行するときなど、安全走行にも
役に立ちます。

FUSOの詳細はこちらからどうぞ

FUSO 魚探の詳細はこちらから☆




こんなタイプがあります。 

June 27 [Sat], 2009, 15:26
初めて魚探を購入したいのだが・・・・とお悩みのあなた、
FUSOの魚探はいかがですか?

FUSOの魚探は、初めての方にも使いやすく、
機能も抜群な魚探です。

ところで、魚探にはどんなタイプがあるのでしょうか?


プレジャーボート用として、市販で販売されている
魚探には、液晶式、ブラウン管式のものがあります。

マリン用はほとんどがブラウン管式で、モノクロと
カラーの両方がある液晶式は、湖や運河でブラックバス、
シーバスを狙うボート用として使われます。


ブラウン管の大きさ別にカラー魚探を別けてみると、
6インチから、8,10、12、14、16型までの
サイズがあります。

プレイジャーボートでは、6型がもっとも多く使われます。
しかし、少し装備に余裕のあるボートなら、
8型を装備している船が多いみたいですね。


深場を狙う釣りで、探知深度や送信出力にこだわるなら、
10型の高出力魚探を装備することもあります。

最新のカラー魚探では、6型が代表的です。
初心者でも簡単に操作できるよう、オート機能が
装備されているものがほとんどです。


魚探の操作に慣れてくると、もっと詳細な探知が
出来るように、手動調整に切り替えられる魚探もあります。

6型は、装備面積も小さく、価格も安く、取り付けも
簡単なのが魅力です。

FUSOの詳細はこちらからどうぞ

FUSO 魚探の詳細はこちらから☆




魚探の原理 

June 26 [Fri], 2009, 15:26
今、通販で大旋風を巻き起こしている魚探を
知っていますか?

FUSOの魚探です。

初めて魚探を購入するあなたのために。
ここでは、魚探の原理についてご説明しますね。


超音波は、物体に当たると反射します。
魚探はこの原理を応用して作られています。
探知したい方向に超音波を発射すると、
超音波はまっすぐ進んでいきます。


途中、海底や魚群に超音波が当たると、
超音波は反射されます。反射された超音波は、
元のところへ帰ってきます。

このとき、超音波を発射してから、反射波が返って
くるまでの時間がわかれば、海底や魚群までの正確な
位置を知ることができるのです。


振動子は、船底や船尾に取り付けます。

船内にインナーハルでセットするもの、船尾の
トランサムに取り付けるもの、ボートの種類によっては、
船底を貫通させるものなど、さまざまな取り付け方が
あります。

取り付けた振動子は全て固定されています。

振動子から発射する超音波の向きが一定になるように、
振動子は海底に対して直角になるように取り付けます。

振動子の取り付けは、状況、場所、周囲の環境に
よって、FUSOの魚探を初めとする魚探そのものの性能に
大きな影響を与えるので。取り付け時には十分に
注意してくださいね。


FUSOの詳細はこちらからどうぞ

FUSO 魚探の詳細はこちらから☆




魚探の選び方 その1 

June 24 [Wed], 2009, 15:19
多くの釣り人や漁師に愛されている魚探を知っていますか?

FUSOの魚探です。

FUSOの魚探には、さまざまな種類がありますが、
魚探を購入する際、自分の目的に合ったものを選んだ
ほうが絶対にいいです。

そこで、魚探を初めて購入する方のために、
魚探の選び方についてご説明しますね。

まず、魚探を装備するボートにバッテリーが
あるかどうか?です。



車に積んで、自由に持ち運べるボートを、
キャリアブルボートと言います。
このキャリアブルボートの場合は持ち運びが簡単な
魚探を選ぶことをお勧めします。


乾電池式の魚探か、バッテリー式の魚探がおすすめですね。

次のポイントは、最大水深です。


狙う魚によって、最大水深は決まります。
例えば、東京湾奥の場合、水深はどんなに深くても
30〜50mです。

ですので、最大水深が100mの魚探があれば十分と言えます。


3つ目のポイントは、振動子の周波数です。
50kHzのような低い周波数では、広範囲の魚探知に適していて、
深いところまでの探知をすることが出来ます。
ただ、探知範囲が広がるため、魚群の位置、
方向は特定しにくくなります。


200kHzのような高い周波数は、細かい探知に適しています。
しかし、低周波と比べて、探知できる深度は浅くなります。

また、低周波では気泡や海中の雑音に弱いのですが、
高周波では強くなります。

FUSOの魚探を購入する場合、目的にあった魚探を
選んでくださいね。

FUSOの詳細はこちらからどうぞ

FUSO 魚探の詳細はこちらから☆




魚探の選び方 その2 

June 23 [Tue], 2009, 15:18
今、売れに売れている魚探を知っていますか?
FUSOの魚探です。

FUSOの魚探は多くの方に愛されている魚探です。

前回に続き、FUSOの魚探の選び方についてご紹介しますね。

各メーカーの魚探を見ると、いろんなスペックの
魚探があります。オールマイティーに使えるのは
やはり、50/200kHzの2周波タイプの魚探ですね。

50kHzなら水深500mの深場まで対応しますので、
イカを狙う場合も大丈夫です。
もし、水深100mのポイントなら、200kHzを使えば、
より細かい情報を知ることが出来ます。


さらに、2周波を同時に表示できる機能を使えば、
低周波、高周波の特製の違いから、単独周波数の
魚探では得られない2次的なデータも知ることができます。

もし、500m以上の深海を狙う場合は、
50kHz以下の深海用の振動子があるモデルがおすすめです。

逆に浅場を狙うなら、400kHzも選択肢に入れても
いいでしょう。


周波数を決めた後は、取り付け場所、機能、予算などと
照らし合わせて、自分の釣りにマッチした魚探を
選びましょう。

FUSOの詳細はこちらからどうぞ

FUSO 魚探の詳細はこちらから☆




FUSOの魚探の通販情報 

June 22 [Mon], 2009, 15:17
ここまで、FUSOの魚探についていろいろと
ご紹介してきました。

ここで、FUSOの魚探の通販情報についてご紹介しますね。


お支払い情報は、クレジットカード、代金引換、
ショッピングローンがあります。

送料は、全国一律672円かかります。
(一部地域・離島は追加料金がかかります。)

FUSOの魚探は、4タイプあります。

用途にあわせて、魚探をお選びください。

気になるお値段は・・・・

こちらからご確認ください。

FUSO 魚探の詳細はこちらから☆