ハングルなどに興味はない 

April 18 [Tue], 2006, 20:42
ほんまに引越ししようと決意すると
惜しんでしまう
別れ際に臨して怯んだことなどなかった筈なのに

新しいURLはこちら→ 
http://fureai.blog19.fc2.com/









此処をブックマークして下さっていた奇特な方、殊勝な心がけで御座います
お手数ですがURLの変更を宜しくお頼み申しあげ候

ヤプログがら流出するブログ難民、多いだろうなと思うと癪ですが
画像や文字数の制限に苛々することが多かったのと、
ハングルが表示できる方が(自分はどうでも)見てる人にいいのかなぁと。

正直、如何ですか?
ハングルがあった方がより正確な情報を伝えられますか?
わたしはどっちでもいいです。
どちらかというとハングルは面倒くさいです。
でも実はわたしは是れを自分の日記というよりは皆に伝えたい・知りたいと思ってる人に知ってほしいという気持ちで書いているのです。故に迷いが生じるのです。
この件について何か感じることがあれば、コメント一言残してくれると有難く思います。

過ぎ行く春の素朴な昼食 

April 17 [Mon], 2006, 12:30









これは美味い!

豆ごはん・・・小豆のもっと大きいのんが入った赤いご飯
ミヨック・・・牛肉のかけらが浮いたわかめスープ ほんのり大蒜風味
小松菜ともやしのナムル 
さんまを揚げ焼きにしたのに甘いコチュジャンのソースを絡めたもの
白菜のキムチ

今日の食堂ごはんは美味かった!☆☆☆☆☆(星5つ)

終わりにはどうせひとりだし 

April 16 [Sun], 2006, 23:00
引越し
どうしようか
まだ迷ってます

試験的に2つのブログを試していますが
スキンが気に入らない・・・

祝祭はうまくいったようですね
みのおの皆、お疲れ様ー!

ケンガリが鳴ると雲が晴れて
チャングを打つと光が差し
チンの音は知らない街まで
プクソリと共に雲が山の向こうに流れていく
そんな箕面の風景が目に浮かびます

春歌来聲 

April 15 [Sat], 2006, 17:00
ヨニ科1年生総勢17名、公演前のきねんさつえい















わたしは公演は非日常、特別なものでなく
歯磨きとか練習したりとか、日常のことの一連だと思っているので
特に緊張したりはしないっす。本番はたのしく踊りました

舞台ではサンモ、巫俗はコッカルとセクトンでハンサンのついた上着をつけますが
こういう普段着の写真が一番、みんなの個性が出て可愛いでしょ

ばたばたしたので舞台の写真がないのは残念ですが
わたしが見た限りでも10人のカヤグム合奏、ヘグム五重奏、独奏(以上全て創作曲)
声楽科は男子2人、女子4人で京畿と南道の「ペンノレ」を合体させた曲、
舞踊科は太平舞とたいへん盛りだくさんの面白いプログラムでした。

新入生の発表会ということで、ご両親や、他の大学に通う友人達や
芸術高校の高校生などが大挙して観に来ます。
エドゥリも差し入れを山のように受け取っていました
(わたしも韓国人の友人がお土産を持ってきてくれてちょっと面目躍如)

団結してひとつのことを成し遂げるってのはいいもんです
大人になると忘れがちだけど、たまにはええよ

花落つること 知らぬ多少ぞ 

April 14 [Fri], 2006, 12:00









学校の桜です
今日はリハのみで授業は休講でした

ママといっしょでいいね

花を踏んでは同じく惜しむ 

April 13 [Thu], 2006, 21:42
わたし達の練習場は一面がガラス張りになっていてすぐ裏の山に面しているので
窓の外の景色は、自然をそのまま切り取った一幅の絵画のよう

うっかり窓を開けたままにしておくと、花びらが部屋に入ってきます お入りなさい♪









この間までは松の木と岩肌だけがうつる寒々しい景色だったけれど
(2階からテグムの散調のしらべなどが聴こえてきたら、寂しさは最高潮に)
最近はケナリの黄色、桜の花びらの白、若い緑が見られてとても風流。
授業の間中ずっと、音もなく桜の花びらが散るのをずっと眺めている。(あかんやん)
それはまるで歌舞伎や地唄舞の舞台を見ているかのようです。

ガッコは歴史が浅いのに建物と寮は大変古くて狭い。聞けばこの建物は、
 「むかし国家の安保のために人を連れてきて拷問とかしたりしてたところ。
  今は場所は移ったけど。怖い国なのよ、ウリナラって」
だと。今となっては周囲が公園になっているので自然が多く、静かなトンネである。

今日はようやく病院に行ってきました。
合法的に真正面からに行った訳ではないのでとても安く済みました。
いや、ちゃんと玄関から入ったけどさ。
いつでも待たされ覚悟の日本の病院と違いサクサクと受付、診療が終わったので
妙に不安になって帰り際に「帰っていい?」て聞いたほど。

薬多いのでちょっと怯む。でもカラフルで楽しい   ピンク色の子供用マスク買いました 









パック入りのジュースみたいなのは韓薬(ハンヤク、)漢方を煎じたもの
韓国人はこれが好きで、健康維持のために常用したり、
ちょっと体調が優れない時などによくチューとやっています。
処方箋を持っていった薬局で「咳、たんなどに」って1,500Wで売ってたので
寝る前に飲んでみます

明日はリハーサルです。
公演場所は学校内の小さくて設備も皆無のホールですし
ワタシが参加するのは短い作品だけど
人前でやるからには納得できる演技をしなければと思っています。
同期全員で立てるステージなんて、きっとこれからもそう度々ある事ではないでしょうし

続きは最近のなやみ

望む儘 離す距離 拒むのを ヨボセヨ 

April 12 [Wed], 2006, 15:30
珍道シッキムクッの授業の先生は、パクピョンチョン先生について勉強している
ウチの学校の卒業生の、まだ若い女性の方です。
元々ガッコでも大先生が直々に教えて下さっていたのですが
流石におじいちゃんで体調のことなどもあって、今年から
正式に若い彼女が先生のポジションに就任したのです
(韓国と日本の、大学教授、助教授などの呼称などは大きく違います)

ここのところ、降神巫堂と世襲巫堂のちがいについてよく話をします。
このブログでよく言及している珍道や、東海岸、都堂クなどは全て世襲です。
音楽的に高い技術を要するチャンダン、芸術性の高いチュム、複雑な儀式など
わざわざ習うべきものがあるのは世襲のもので、
突然神様がふってきて修行を積んでなるタイプの巫堂のチュムやソリは、
それほどたいしたものじゃないってことなんでしょう。住み分けできてるって事ですね

最も、世襲のクを好きで勉強している人たちもたくさんいます(珍道の先生然り)が、
有名な先生方は皆、その家系に生まれて代々受け継いでこられた方々です。
沖縄は八重山などでは、ユタはその家系に生まれた者から選ばれるのだとか?

降神っていうのは、神様が降りてきて口寄せをするタイプの巫堂で
死んだ人の霊魂を次々に自らの肉体に降ろして、神託を受けたりしてクを行います。
韓国ではトンネのあちこちに「オンチョン マニ(めっちゃめちゃたくさん)」
そういうムーダンの家があります。

もしかして巫堂のチュムや儀式を実際に、或いは公演などで見たことがありませんか?
彼女らはクの最中に上着を脱いだり、着替えたりします。
それは場面の転換、及び降りてくる神様が交代すること
―或る神が出て行って、また他の神が降りてくる―ことを意味しています。

シッキムを行う地域にも勿論神懸り系の巫堂はおり、それらは意図目的、又は
悪いこと(祟りのようなもの)の強度などによって使い分けられています。
シッキムの場合はクを行う目的などを予め明らかにしておかないといけないが
神懸り系の巫堂たちは、何をすればいいのか・何をすべきなのかが
すべて、夢にあらわれるのだと言います。

東海岸別神クのコッカル 

April 11 [Tue], 2006, 19:00
新入生発表会まで残すところあと僅かとなりました。
2年生で年はいっこ上のジナン先輩の指導で、巫俗チームのコッカル作り。










ジョンイは仁寺洞の入り口の紙専門店で購入(しかし紙が柔らかすぎたらしい)
紙をちぎったり折ったりしてサクサクと作業が進みます。
ただ楽器や唄だけでなくて、こういう小物作りなんかも
やっぱり小さい頃から見たり聞いたりして学んできたんだろうなー

というもの彼の母上は無形文化財の指定を受けた巫俗の舞踊手で、
おじいさんが金石出先生にあたります。
東海岸の巫俗一家の御曹司ってわけよ
結構男前なんだけどな、正面から写真撮るの恥ずかしかってん。
この年で「センパイ写真とりますけんこっち向いてぇ」なんてようせんわ。

おっとこ前の彼は口を開けばバリバリの慶尚道弁で
時々何言ってるか判らない。時々ちょっと怖い。
だって「仁義なき戦い」みたいな喋り方するんやもん。あれは広島弁やけど。
広島人がみんな仁義なき戦いやと思われるのには大いに異議アリやけど。

結局彼がひとりで5人分のコッカルを作ってくれた。
優しいというよりは作り方を教える方がめんどくさかったのか
きっと、ちょっとしたコツってのがあるんだよな









でかオジンオ(イカ)って感じ。或いはカブトガニ。
しかも踊りにくいんですけど
見慣れてくると可愛いもんです
これで頑張りますよっと

お好みでハイライトは十二バル 

April 10 [Mon], 2006, 17:00
エドゥリが「チングロウォ〜〜(きしょ〜〜)」といって
気味悪がるピョンジニのヨルトゥバル。










硬いゴムの様な材質で出来た、爬虫類の尻尾を彷彿とさせる錘のぶぶんが
およそ1m半ほど、彼の踵ほどまである。この太さと長さ具合がなんとも気色悪い。
しかし、これがただのんべんだらりと呑気に廻すというヨルトゥバルのイメージを
払拭する高い身体能力を要するハイパーヨルトゥバルなのです。

よく見る和同開珎を連ねたようなタイプのものと違い
ツチノコの付け根の部分を握ってぶんぶん振り回して、
センビジを踏まないように細かいステップで飛び跳ねる。
あとはブレイクダンスみたいな超高速回転とか、
座禅を組んだポーズで転がってみたりとか。

彼はチャバンが得意なので頭の上にツチノコを掲げてくるっくる回転しながら登場する。
いつも見惚れてしまうのです
そんな年上キラーのピョンジニの顔が判る写真がなくて残念でしたね
機会があればまた今度♪

千夜千餅物語 

April 08 [Sat], 2006, 16:00
風邪が・・・

学校の下のバス停前にある餅屋。
よもぎ味、ピンク色、ノーマルの3種入りパラントック、
白いふかふかのカステラみたいなお餅(こないだコサの時貰ったのと一緒)、
安倍川餅みたいな黄粉のまぶしてあるやつ、3種類をみんなで食べる
1パック2,000W

「平均価格だけど市場の中を探すともう少し安い店もある」と思ってしまう。
貧乏根性









この後エドゥリと国楽社(クガクサ・伝統芸能一般で使う楽器や小道具を扱う専門店)
と、仁寺洞の紙専門店に行く。
本当はそっちの情報をうpしてあげたいんだけど充電切れで写真とれず。

場所ですか?
今日行ったのは鐘路の大通り沿いにある「コリョクガクサ」
鐘路3街の12番出口を出て東大門方面(通りに面して右方向)に少し進む
紙専門店は仁寺洞や、鐘閣方面をうろうろするとたくさんある!!
P R
2006年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
■名前:みじんこ
■好きな言葉:おやつは心の栄養
  花に嵐のたとえもあるさ
  食欲だけが人生だ
comments
アイコン画像褌一丁
» ハングルなどに興味はない (2008年10月18日)
アイコン画像コンプ
» ハングルなどに興味はない (2008年10月04日)
アイコン画像新妻Y
» ハングルなどに興味はない (2008年09月30日)
アイコン画像酢だこ
» ハングルなどに興味はない (2008年09月26日)
アイコン画像まあむ
» ハングルなどに興味はない (2008年09月25日)
アイコン画像★蘭★
» ハングルなどに興味はない (2006年04月22日)
アイコン画像SAYA
» 過ぎ行く春の素朴な昼食 (2006年04月17日)
アイコン画像SAYA
» 東海岸別神クのコッカル (2006年04月14日)
アイコン画像ヽ( ◎)ノ
» チャプサルに包まれたなら (2006年04月07日)
アイコン画像SAYA
» 晴れた日は学校を休んで (2006年04月07日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:fureaizanmai
読者になる
Yapme!一覧
読者になる